2006年10月17日

北朝鮮は、すでに数年前から核を持っている

北朝鮮建国の父である金日成(金正日の父親)の腹心だった黄長華という人がいる。彼は、金日成が生み出したと云われている「主体思想」を実質的に構築した理論家で、金日成が亡くなった3年後の97年に韓国に亡命した。現在、85歳だが、今なお元気で、日本語も話せる。
彼はテレビのインタビューに答えて、次のように語った。
1 北朝鮮は、数年前にパキスタンで核実験を終えており、すでに核を持っている。  
(彼は、金正日から直接聞いている。)
2 金正日は、アメリカや中国や日本と戦争する気はない。まして、核兵器を使うなどという気持ちはまったくない。(彼は、臆病なタイプで、日本で心配されているような「暴走」するようなタイプではない。)
3 金正日の願望は、南北を統一して自分がその首領になることで、それしか頭にない。
以上の観点を基本にすえれば、北朝鮮のねらいが見えてくる筈だ。
この人の発言は、かなり信頼できるのではないかと、私は思う。付け加えるとすれば、北朝鮮が核を持った(あるいは核を持とうとした)目的は、第一にアメリカの圧力に対抗するためだが、第二に中国の言いなりにはなりたくないという目的も小さくないと思われる。
みなさん、どう思われますか?
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
↓↓            ↓↓

List    投稿者 postgre | 2006-10-17 | Posted in 08.近現代史と金貸し2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/10/32.html/trackback


コメント2件

 喜八ログ | 2006.10.20 21:27

共謀罪反対ビラ

「憂国の医師」panta さん製作の「共謀罪反対ビラ(PDF ファイル)」を紹介します。
 「共謀罪のビラ」をダウンロード(467KB)

 france hermes handbags | 2014.02.03 9:31

hermes kelly bag 1960 日本を守るのに右も左もない | 森派(小泉から安倍へ続く)を支配する統一協会

Comment



Comment


*