2008年04月05日

金貸しがどうやって市場操作しているか?先物市場による支配(2)

%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%B4%EF%BC%A3%EF%BC%AD%EF%BC%A5%EF%BC%93.jpg

金貸しがどうやって市場操作しているか?先物市場による支配(1)に引き続き「先物市場」について調査していきたいと思います。今日は彼らのイカサマの手口について
(1)でも紹介したように、先物市場でもっとも安定的に確実に儲けているのは、取引所です。中でも、この間、全米のすべての先物取引を傘下に入れたCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、先物市場の王様として君臨しています
では、彼らは、どのように安定して確実に儲けを確保しているのか?その詐欺・イカサマの中味を見ていきましょう。
いつもの応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


イカサマ手口について、「静かに恐慌化する世界 連鎖する大暴落」副島隆彦(徳間書店)より紹介します。
手口は、大きく以下の3つに分けられます。
①価格の幻想化と確実な手数料収入
②統制経済化(先物の値段は、一部の人達により勝手に「値決め」されている)
③資金量倍率の吊り上げ(少ない資金で大きな取引が出来る)

①価格の幻想化と確実な手数料収入

ここで、特殊的に使われる言葉が「期待利益率」と「想定元本」という言葉である。この「想定元本」や「期待利益率」というのは、そこに1本1000億円(10億ドル)の債券(証券)があって、そこから利回り4%だとして40億円の利益が出ると勝手に計算して、幻想のところでできあがっている金融理論である。本当は、実体と実態のない仮定のお金である。さらにそのうち0.1%の400万円を取引手数料で自分がもらう。

先物取引所とは、勝手に設定した元本に対して利益率を作り、取引をさせる。そしてそこから強制的に0.1%の手数料を取る。期待利益率というより幻想利益率?であり、幻想から一定量の手数料を確実に取る仕組みとなっている
②統制経済化(先物の値段は、一部の人達により勝手に「値決め」されている)

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、110年の伝統を持っている。先物取引としては、株価指数と通貨(為替)、先物を得意とする。(中略)株価指数の先物では、日本の「日経225」もここでおおいに売買されている。日本での東証一部二部などの株式が売買される、その前にCMEでの値段がついてしまうのである。CMEの「日経225」の売り買いの取り組み表を見れば、東証(日本の株式)が、その日暴落させられるか、少しは買い進まれて上昇するかがプロには分かる。一番上にいる特別な人々がすべてを握っている。(中略)
シカゴ・マーカンタイル取引所で先物で暴落させられると決まったら、その日の国の株価は暴落するのである。
為替(ドル円)にしても同じだ。シカゴの通貨先物で2円とか円安・ドル高にすると決まったら、その日は円安になるのである。これを詐欺、八百長と呼ばずして一体何を八百長と呼ぶべきか。株も為替も債券(国債)も大きくはこのようにして操られ、操作され、統制されて、管理されているのである。

株式が証券取引所で取引される前に、値段はすでに決まっている。ここで国際金融資本家達は、大量の資金を使い市場を操作して、自らの利益を得ているのだろう。
③資金量倍率の吊り上げ(少ない資金で大きな取引が出来る)

日本の株式の投資で行われている「信用取引の信用空売りの先物のしくみ」など実にかわいいものだ。半年先の株価の値段(下落)を見越して、今のうちに日証金から借り株して、予め売っておく。そして半年後に下落して安くなった株式を市場から買い戻して、日証金に返す。それだけのものである。その差額が儲けとなる。レバレッジ(資金量倍率)はたったの3倍である。1000万円の保証金(証拠金)を積めば、3000万円まで取引できる。
それに対して近年、急激に膨張したCMEの金融先物市場は、レバレッジは10倍から20倍である。たった100万円の資金で2000万円の博奕をやらせてくれるのだ。それが、外国為替の証拠金取引(FX)である。レバレッジが100倍のものまである。

資金量倍率(レバレッジ)を吊り上げることにより、少ない資金で取引金額は上がる。取引金額が上がれば上がるほど、取引所の手数料は増える。また、大量の資金を動かす国際金融資本家にとっては、落としどころの価格は統制経済化によりすでに決まっており、その中でより大量の資金を動かし儲けることができる。
しかし、この騙しとイカサマで作られた金融市場の崩壊がサブプライム問題を契機に始まっている。現在は、原油や金等の商品市場へ対象が移っただけで、根本の仕組みと欠陥は変わっていない。いずれ崩壊すると見てよいだろう。
欠陥とは、るいネット「共認充足は架空から現実へ、私権闘争は現実から架空へ」「金融資本家は現代の裸の王様」で明らかなように、『金融市場とは虚構・騙しの世界でしかない』と言うことである。虚構・騙しで人々の共認を支配することは出来ない。事実をもとに彼らの騙しと虚構を明らかにすることが、彼らの支配から抜け出す道を開いていくと思う。
では、この虚構の世界を作ったのは誰か??
裏の関係はどうなっているのか??・・・・・(3)へつづく

List    投稿者 yooten | 2008-04-05 | Posted in 08.近現代史と金貸し7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/04/675.html/trackback


コメント7件

 晴耕雨読 | 2008.07.21 0:42

金本位制の景気変動 その1:デフレーション・インフレーションそして通貨 5

● 金本位制の景気変動
金本位制が萌芽形態ではなく本格的に確立したのは、イングランド銀行創設(1695年)後の英国(イングランド)である。
金本位制の…

 博士の独り言 | 2008.07.21 7:02

毎日朝刊を待つ!

7月20日付朝刊に注目を!
有害サイト:9月に認定スタートへ インターネットコンテンツ審査監視機構
 インターネット上の有害情報を審…

 ふしぶじゑ日記 | 2008.07.21 11:01

兆単位の日本人のカネがふっとんでいるとか。&アメリカに対する報道が少しづつ変わってる気が。

 マスメディアの上顧客さんだったアメリカほか外資系保険会社がここのとこの金融の混乱であいついで広告・CMを縮小してるせいか(その代わりにパチンコ店のCMが…

 米流時評 | 2008.07.21 18:53

速報!オバマの大統領研修旅行・第一歩はアフガニスタン

  ||| オバマの研修旅行・アフガニスタン |||
オバマ候補、アフガニスタン、イラク、中東ヨーロッパを視察旅行
戦局熾烈をきわめるアフガン戦線…

 米流時評 | 2008.07.21 19:18

カブールで朝食を・オバマ視察旅行2日目

    ||| オバマのアフガン共闘宣言 |||
オバマの研修旅行2日目:カルザイと会談後、アフガン戦線共闘宣言
巨額の軍事援助を反故にタリバン側…

 spain hermes handbags | 2014.02.12 3:04

hermes belt sale uk 日本を守るのに右も左もない | イスラエルとロスチャイルド2~ロスチャイルドはイスラエルの力を制限した
spain hermes handbags http://www.kurtz.se/so-kelly-bag-hermes-Spain-Hermes-8688.aspx?

 mbt shoes san diego | 2014.02.22 12:27

shoe mtb 日本を守るのに右も左もない | イスラエルとロスチャイルド2~ロスチャイルドはイスラエルの力を制限した

Comment



Comment


*