2007年08月18日

8/11なんでや劇場 『市場原理論 供給と需要』編

『8/11なんでや劇場「ブログ『晴耕雨読』の市場論に学ぶ」の論点』 で内容が整理されていますが、そのなかで特に前半に扱った『供給と需要 市場原理の追求』の内容は新鮮で面白かったですよ。
参加されていない方のためにこの部分の内容を補足してみました。
続きを読む前に クリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ

●市場原理論1(掠奪と騙しが市場の原点)
早雲氏の供給→需要の市場原理論では、労働力とその生産性が市場拡大の源泉とされているが、経済学が対象としてきた生産性⇒科学技術の発達は一部のファクターにすぎない。
市場拡大の原理は4つ。
①遊牧部族発の掠奪
②だまし共認
③生産性⇒科学技術の発達
④勤勉性
原点は①掠奪と②騙し。市場労働の原点でもある。
※「労働」という概念は、①掠奪と②騙しを捨象させ、本質を見えなくさせる。
※採集時代の物々交換を交易⇒市場の起源とする俗説は事実に反する。採集時代の物の移動は集団間の平和友好関係を維持するための一方的な贈与。交換⇒交易⇒市場の起源ではない。

Q.市場の源泉である、①略奪、②だまし共認が始まる条件は?
遊牧部族は、牧畜と遊牧部隊の2段階構成【複層集団】

遊牧部隊は遠征距離が広くなるにしたがい、拠点集団を通らなくなる。

結果、体感共認では集団を統合できなくなり、集団を統合するための『観念』が必要になる。

自集団の統合力を上げるため、自集団を他集団よりも優れていると正当化するための観念を生む。【正当化観念】

当然、正当化観念で統合された集団は、排他性が高くなる

そして、部族間の対立を発生させていく。

正当化観念が、戦争・私益化を生み強めていく。

市場拡大の主要な源泉である、①略奪、②だまし共認の源泉は、この『正当化観念』である。
Q.供給と需要の概念とは?
供給=みんなに共認された価値。
需要=私益・私権欠乏(欲求)がお金(や商品価値)に換算されると需要になる。
自然状態であれば、欠乏(EX.食欲)があれば自ら欠乏を充たす為に行動する。自然状態では、供給(側)と需要(側)という概念は成立しない。

需要と供給は、万民が「私権を共認」することで、私権が絶対的な価値となりはじめて登場する概念。

【私権欠乏が大前提で、供給=需要が成立する。】

●市場原理論2(市場は一貫して最高価値の供給発で動いている)
私益追求の社会になると、私益欠乏の対象物であるお金や性が最高価値と共認され、最高価値の所有者(女は性的商品価値、商人は金銀)が登場する。所有者は最高価値を供給することで市場を支配する。
※掠奪闘争段階でも、最高価値である武力の所有者が掠奪闘争を制覇する。
一貫して市場は最高価値の供給発で動いており、市場が金貸しによって支配されてきたのも、この原理ゆえである。

Q.実現論の性市場論も供給発か?
私権(私益)社会で安定した状態での最高価値とは?

私益社会においては、最高価値である金・銀を蓄積していなければ、供給も出来ない。【最高価値の所有者が供給を支配する=市場を支配する】

私権社会で身分序列が固定し安定期になると、金・銀よりも女の性的価値が上回り、女の性的商品価値が最高価値になる。
(権力者の緊張度が下がり解脱埋没に向かう→歴史的事実して権力者は堕落する→ex.宮廷サロン)

女は”性”という最高価値を保有している。女は”性”を供給できる。

つまり、実現論の性市場論を組み込んでも、市場社会は全て『供給発』となる。

List    投稿者 kirin | 2007-08-18 | Posted in 08.近現代史と金貸し6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/08/383.html/trackback


コメント6件

 minamikazekozo | 2007.09.28 10:10

週刊文春も、(新潮もですが)米系の雑誌です。いわば岸と同じような生い立ちです。
その雑誌がこのような発表を行うのは、政治的な意図のアナウンスとみるべきでしょう。
清和会(→福田)を切って、本格的に、小沢支持or対中融和勢力育成に向かう予告では?

 taku | 2007.09.28 11:48

クリントン政権下で成立した、機密文書解除→日本軍国主義批判キャンペーンのひとつです。
10万ページほどが公開され、731部隊の事とかも暴かれています。米国立公文書館に行くとその一部を見ることができます。
もちろんアメリカに都合の良い文書だけが開示されて、本当にヤバイ文書はさらに期限延長されたようです。
岸は妖怪と称されただけあって、したたかな戦略を持っていたようですね。

 よく言うよ | 2007.09.28 16:22

オレンジ革命とやら、ソビエト崩壊とか、タリバン育成とか
CIAは忙しいですね。
ミャンマー暴動もこの連中でしょう。
日本人を殺したのは、補給拒否への世論工作でしょう。
スコープで狙わないと心臓に当たりませんよ。なにが流れ弾だ。
イラクやアフガンで殺されたのも平和好きの日本を怒らせるCIAの工作じゃなかろうか
ついでに中国共産党もCIA(OSS)の指令で日本を戦争に引き込んだことを暴露してほしいですね。
この連中にはほんとに腹が立つ。
今のエージェントを発表しろよ!!
なべつねとかね!!

 taku | 2007.09.28 19:52

>よく言うよさん
ミャンマーで殺されたカメラマンの長井さんは狙われて殺されたのではないか、という関係者のコメントが今日(9/28)の毎日新聞朝刊に載っていましたね。

 試稿錯誤 | 2008.08.20 3:07

日本軍と阿片  亜細亜解放の真実

「。。戦前にある日本の名士が中国奥地を旅行した。車窓から山村の寒村に日の丸の旗が翻っているのをみて,「日本の国威がかくも支那の奥地に及んでいるのか」…

 hermes handbags danmark | 2014.02.02 8:21

hermes handbags kim kardashian 日本を守るのに右も左もない | 岸信介はCIAの手先だった

Comment



Comment


*