2009年06月19日

知識を独占する闇の支配者

images.jpg
ベンジャミン・フルフォードの「闇の支配者に握り潰された世界を救う技術」について紹介します。ベンジャミン・フルフォードによれば、石油を超える新エネルギーはとっくに開発されているが、金貸しの妨害にあって実現していないだけとのことだが、本当なのでしょうか?その当りについて、まずは、本文を紹介しているサイトから引用します。続きの前に応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


GEの破綻ー「闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術」ベンジャミン・フルフォードより引用します。

石油利権のためにつぶされた学者が多くいたこと。例えば、最初に出てくるのは、ニコラ・テスラという天才科学者です。
 彼は1856年、セルビアの生まれ、天才にありがちな経歴、つまり独学でひらめくので学校へは余り行かなかった。アメリカに渡り、いろいろな発明をします。例えば交流電流。けれども、今の私たちは交流電流の大きなお陰を被っているからこそ、現代生活を維持している、とすらいえるのです。リモコン、ラジオ、電気モーター、蛍光灯、すべての電気機械、・・・アメリカに渡ってから、ニコラ・テスラはエジソンが経営する「エジソン電灯会社」にはいりますが、1年でエジソンと意見が合わなくて退職してしまいます。その「エジソン電灯会社」こそ、今回、倒産というか破産したGEの前身で元祖なのです。
 直流電流のほうがいい、というエジソンに敵対され、エジソンは交流電流で動物を
殺し、いかに危険なものか、とデモンストレーションしたりしたそうです。しかし、彼はウエスティングハウスに認められ、ナイアガラの滝に発電所を作りました。シカゴ万博では、会場中を電灯で照らしたり、華やかな時代もあったのです。ところが、人類にとって最高の発明、無料で無限に電気を作り出し、無線で遠方まで電気をとばすという発明をしたときに彼は抹殺されたのです。オーロラが大気の中の電気で自然に発光する原理を応用し、大気中に無限にある電気エネルギーを取り出し、大きな塔を建てて、それをニューヨークからロスアンゼルスまで発信する実験にも成功したにもかかわらず、です。
 その塔を建てて実験することを支援した資本家、JPモルガンが、無料で人類すべてに電気を配れるのではもうからないと資金を打ち切ったのです。そこから、ニコラ・テスラは社会的に抹殺され、家も無くし、最後には寂しいホテル住まいで人生を終えました。もし、そのころから無料の電気エネルギーが人類すべてに供給されていたら、石油利権の為の戦争もなく、電気代を払うことなく、もっと豊かな生活ができていたでしょう。今、世界中にある原子力発電所も必要なかったはずです。しかし、ニコラ・テスラを抹殺しておきながら、彼のした膨大な発明は、アメリカの軍事秘密として悪用されています。たとえば、人工地震発生期として大規模地震を発生させたり、人工気象操作機として、ハリケーンや嵐を引き起こしたり、と悪用されているのです。
 その他、1920年代に空飛ぶ円盤の原理を発明したブラウン博士も歴史上から消されています。その円盤の原理は米軍が利用している、らしいのです。彼はフィラデルフィア実験というのを行って、大きな船を時空移動させることもしました。テレポーテーションです。その船は瞬間的に何キロも移動して発見されました。が、乗組員は生き残った人の証言によれば、死亡したり、消えたり、体が半分だけ船の甲板や壁にめり込んだ状態で発見されたり、つまり瞬間移動が半端な状態で移動したり、したそうです。youtubeで philadelphia experiments と検索すると、その船の実際の映像が見られますのでぜひご覧ください。タイタニックと同じ時代にそんな実験がされていたとは、です。
 また、水で走る車もとっくに発明されているのに、これも石油利権のために封印されたそうです。その他、様々な封印された技術や科学者の話を読むと、我々人類は、実際、一部の巨大利権の支配者のためにただ働きアリのように奴隷化されているだけか、マトリックスの中の奴隷かとすら思えてきます。

何処まで事実なのかはわかりません。ただ、否定することも出来ないような内容と感じています。今後も引き続き調査が必要ですが、現代の科学力から推測すると、上記のような技術力は可能なようにも思いますので、引き続き調査が必要でしょう!また、金貸したちは世界を支配するために、知識を独占するということがされています。自らは何も生み出せないので、簡単に知識人を支配下におき、都合よく利用、そして捨てていくという極めて自己中な路線を選択することになるのも必然であると考えられます。これらの行為によって、どのような技術が握りつぶされているのかは計り知れないと想定されます。
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術より引用します。


■人類は知識を独占した脚本家の操り人形
 世界の支配者は昔から、自分たちが知識を独占して重要なことを決め、そのほかの人間たちをコントロールしようとしてきた。欧米人が「社会工学」や「帝王学」といった学問を生み出したのもそのためである。この管理手法は、古代バビロニアにさかのぼる。人間を家畜と同様に飼い慣らすことを考え、食べ物、情報、暴力、宗教、近代に入るとエネルギー、さらに1940年代からはプロパガンダでコントロールしてきた。
 これらはすべて社会心理学に基づいて操作される。世界で一番頭がいい人たちが秘密グループをつくって「次は、社会をこう変えましょう」とやっている。これが世界政治の実態だから、大統領も脚本を読む役者にすぎない。わたしは映画『タイタニック』のパーティーで、主演のレオナルド・ディカプリオに会って話したことがある。映画に出ている姿は凄いパワーの持ち主に見えるが、別に頭がいいわけではない。脚本家数人が一生懸命セリフを考えて、ディレクターやプロデューサーも「こういう感情でいきなさい」一つ一つ指示を送る。
 現代の政治家も同じではないか。隠れたグループが、自分たちの選んだインテリに政界も財界も管理させている。この社会工学の終点が、自分たちが神様になることだ。わたしは若いころ、「大学に行けば洗脳される」とみんなの口伝えで言われたので、文明の外へ逃げた。しかし、文明が世界を壊しているので文明に戻るしかないという結論に至った。そうして日本とカナダで欧米流の大学に通って、結局洗脳されてしまった。今、ようやく洗脳から脱出できたので、逆にその洗脳のやり方がわかるようになった。
 まず欧米社会はお金で管理されているので、そのお金をばらまく人たちが大学に流れるお金も管理している。大学の重要なポストに自分たちの仲間を入れる。そうしてみんなが全体をわからなくさせるために、学問を人工的に細分化する。細かく細かく知識を分けて、世界全体の仕組みがわからない人たちを育てるのが目的である。また、科学雑誌も管理しているので、彼らにとって邪魔な発明をする学者がいれば、その発明を発表できなくさせることもできる。もちろん科学だけではなく、他の分野の学術書も同じように圧力をかける。「一番何もわからない人を育てる方法は、MBA(経営学修士号)を取らせることだ」ある秘密政府の人が、わたしにそう言ったことがある。事実と現実が、わけのわからない数字や用語にすり替えられる。
 一番目立つ例は「金融」という言葉だ。金融というものの本当の意味は、人類の未来を決めるプロセスだ。それがばれないようにばれないように、どんどん複雑な数字や屁理屈が使われる。金を配ることによって、われわれを飼い慣らしていることがばれたら大変なことになるからだ。また洗脳にあたっては、人間の感情を繰る言葉がよく使われる。たとえば「イラク自由作戦(Operation Iraqi Freedom)」という言葉がある。イラクを自由にする計画というキャッチフレーズを使うことで、イラクの人々を殺したり、家畜にするプロセスを反対の言葉で隠すのだ。そうすると、洗脳された欧米人がイラク人を助けるためにイラク人を殺さなければならないと思うようになる。もう一つの洗脳の方法は、とにかく繰り返すこと。繰り返し、繰り返しで、嘘を本当に変えるのだ。
 二酸化炭素ガスによる「地球温暖化」がいい例だ。まずお金で飼い慣らした学者たちに、嘘の数字を使って、世界が大変熱くなっているという内容の論文を書かせる。そうして、その原因が二酸化炭素ガスだと言わせる。それに反対する論文は、学術雑誌になかなか載らない。またマスコミが、「二酸化炭素ガスによる温暖化」ということを、毎日、毎日繰り返す。そのうらわれわれはそれを動かない事実と勘違いする。もう一つ、われわれの思考回路を操る方法はトラウマだ。たとえばホロコースト――罪のない人々を大量虐殺するという、誰でも恐ろしいと感じることを、われわれに考えてほしくない概念と関連させる。たとえば昔のわたしの場合、「一部の人間が金融を使って人類を支配している」という論を聞いたら、まず考えることは「それはユダヤ人差別だ」ということだった。そしてやがて「ユダヤ人差別=ナチス」と次の段階に入る。最後に「ナチス=ホロコースト」となると、思考回路がそれで止まる。金融による支配があるかないか、といった証拠を見ようとしなくなる。日本人もトラウマによって洗脳された。
 たとえば、広島と長崎の原爆投下や、東京大空襲などは、明らかに必要のないものであった。そのとき、日本はすでに降伏しようとしていたのだから。この“大量虐殺”は、一種の調教のためだった。奴隷をつくるときは、必ずアメとムチで調教する。アメは、戦後の開発の援助である。そして日本人を、物事を考えない働き蜂に育てるために、自分の意見が言えないような人間を育てる教育が行なわれた。欧米人に対して劣等感を持つように仕向けられ、大量虐殺をした国――アメリカを、「素晴らしい国だ」と思い込まされた。

by 背徳の掟

List    投稿者 gabor | 2009-06-19 | Posted in 08.近現代史と金貸し8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2009/06/1197.html/trackback


コメント8件

  | 2009.10.13 21:13

ネット生活というところまでは来ていないが、確かに、ネットなしの生活は考えにくくなってきた。
何か調べるのも、ニュースを読むのも、そのニュースの内容をチェックするのもネット上でやっている。
そうした、行為がネット上の同類圧力の形成に役立っているのだろうか?

 blogger0 | 2009.10.13 22:13

> そうした、行為がネット上の同類圧力の形成に役立っているのだろうか?
ネットの情報を受信する人は多いでしょうが、自ら発信する人となると、まだ少ないし、プロでも無い限りそんな時間はなかなか取れないでしょう。
ブログでも「拍手」できる機能やブクマとして登録できる機能があることで、単なる受信者でも評価はできるようになりつつある。
発信には至らないけれど、そんなみんなの評価を汲み上げていくサイトが、求められているのかなと思います。

 atoms | 2009.10.20 20:38

梵さん、blogger0さん、コメント有難うございます。
私の周りの爺さま達も、お出かけの際にインターネットで情報収集したり、辞書代りに調べ物をしたりと、時代は変わったと日々感じております。
国内のインターネット利用者は、8,000万人になりそうな勢いですが、圧力形成の基礎条件が整いつつあると思います。
何か検索すれば、必ずブログや個人サイトがヒットする訳ですから、他者の認識内容に触れる機会が圧倒的に増大しました。
また、発信者も急増しており、2008年1月の総務省情報通信政策研究所の調査によると、国内ブログ数は約1690万で、毎月40万~50万の新規ブログが立ち上げられているそうです。
但し、毎月更新しているアクティブブログは、300万となるそうなので、発信する人の数は、まだ少ない段階ですね。
blogger0さんが仰るように、評価サイトの登場が、一つの契機であると思います。

 グッチ 新作 2011 | 2011.05.30 10:18

ブランド激安市場の人気の商品が大いに安くて売ります
LOUIS VITTON、CHANEL、HERMES、GUCCI、Chole、BVLGARI
商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真!
経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
品質保証として品質に欠陥がある場合は返金もお受けしております
主要取扱商品 バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!
当店に対してみんなに感謝するため 長期の配慮、
特に以下を出して大安売りで活動します
みんなのご光臨を歓迎します。
◆ 連絡先:sales@bettergucci.com
◆ 店 長:yaya
◆本店のURL: http://www.bettergucci.com

 検討 | 2014.01.21 2:35

してセックスするのとどちらを選ぶのかってこと。AKBレベルなら 芸能界の世界がこんなに恐ろしいのも知りました。

 mbt celebrities | 2014.02.22 15:01

cheapest mbt shoes 日本を守るのに右も左もない | どうなる?ネットの可能性~るいネット・共認革命に学ぶ2「社会につながってゆく、広がっていくイメージ」、3「個的生活からネット生活へ」

 http://topuloey.over-blog.com/ | 2014.03.12 10:56

日本を守るのに右も左もない | どうなる?ネットの可能性~るいネット・共認革命に学ぶ2「社会につながってゆく、広がっていくイメージ」、3「個的生活からネット生活へ」

 http://www.oragin.co.uk/ | 2014.03.13 7:31

日本を守るのに右も左もない | どうなる?ネットの可能性~るいネット・共認革命に学ぶ2「社会につながってゆく、広がっていくイメージ」、3「個的生活からネット生活へ」

Comment



Comment


*