2008年12月27日

「ハケン切り」の背後にあるもの

「ハケン切り」という物騒な言葉が、テレビで飛び交っています。人件費ほど高くつくものはない、とはよく聞きますが、お互いの合意の下で、いつ切られてもいいのが「派遣社員」ということのようです。「固定費の調整弁」としての役割を担っているというとでしょうか。
とにかく、メディアの狂騒ぶりは目につきます。
以下、小田嶋隆「ハケン切り」の品格より

メディアの報道ぶりを見ていると、派遣社員を解雇した受け入れ先企業の冷血を責めるテの議論が目立つ。突然過ぎるじゃないか、と。
 でも、本当のところ、現行法からすれば、雇用責任の過半は、派遣先企業にではなくて、派遣労働者として彼らを登録している派遣会社にあるはずだ。
 なのに、派遣会社の責任を追及する論調はほとんど出て来ない。
 不思議だ。
 あるいは、「解雇より先に、なによりもまず役員報酬のカットが第一で、その次が従業員の給与の見直しであるべきだ。解雇という選択肢は最後の手段であるべきなんではないのか」式の、昔ながらの正論も、一向に主張されていない。
 ただただ、「かわいそうですね」「身につまされますね」「がんばってほしいですね」という情緒的な画面を流すばかり。彼らはやる気があるんだろうか。
 というよりも、そもそも、テレビ局は、派遣労働についてとやかく言える立場の職場ではない。
 あの業界(私も「派遣ディレクター」として籍を置いていたことがある)は、正規の派遣ですらない偽装出向や二重派遣やピンハネアルバイト労働の温床であり、タダ同然で働く業界ワナビーのアシスタントディレクター(彼らの中には「マスコミ業界で働けるなら時給なんか無くても良い」と思っている子たちが常に一定数いて、このことがADの最低賃金を引き下げている)や、スタジオの机の下で寝起きしているサービス残業スタッフみたいな人たちに支えられている、どうにもならないタコ部屋だからだ。
 でなくても、事実上の実働部隊であるところの制作会社の社員は、局社員の半分以下の給料で働いている。
 それでも、その制作会社の仕事を差配している局の社員たちが額面通りに優秀な人々であるのなら、それはそれでかろうじて細いスジは通る話ではある。が、どっこい、そうはイカの禁断症状で、局社員は、優秀であるよりは、むしろ良血な人々であるに過ぎない。具体的に言うと、毎年、テレビ局に入社する社員(数十人に過ぎない)の中には、少なからぬ数の政治家の子弟やクライアントであるところの一部上場企業重役の子女が含まれているのだ。で、これに、同業マスコミの関係者(Mのもんたの息子とかT原S一朗の娘さんとか)や、ミスコン優勝者が加わって、そうやってあらかじめ採用枠が埋まっている。よって無コネの試験突破組による就職倍率は実質数千倍になる。

とまぁ、またもやメディアにとっては痛いところを突かれています。
まだ続くのですが、その前にポチッとお願い。

にほんブログ村 政治ブログへ

 で、先頃、発表された「2008年全上場企業3733社年収ランキング」によれば、
《1位に輝いた朝日放送(大阪)は平均年収1556.7万円! 2位はTBS、3位はフジ・メディアHDと、ベスト3はテレビ局が独占。日本テレビ放送網も6位に入った。》(《》内、ZAKZAKより)てなことになっている。
 おそろしいことである。

今に始まったことではありませんが、「オマエ、言える立場か!!」という突っ込みをいれたくなるようなメディアの狂騒ぶりです。
で、今問題になっている労働者派遣法が改正されたのは、2004年の小泉内閣のとき。大した議論もなく、「ヒッソリ」と成立しています。改正の目玉は派遣社員を製造業にも取り入れることができるようになったことです。
何か臭いませんか?
以下、株式日記と経済展望2008年12月26日記事より

派遣労働者は最初から契約が切れればいつでもクビにされる労働者の事であり、それが問題になっているから問題なのだ。小泉内閣の時に製造業にも派遣労働が認められるようになり、自動車や電気産業の工場では派遣労働者の割合が急激に増えて三分の一にも達している。
企業にすればこれほど好都合な法律はなく、労働法などの問題も無く雇用調整ができる。賃金も正社員の半分以下に出来るのだから企業は儲かって仕方がないだろう。経営の幹部は利益が多くなれば成果報酬としてボーナスなどに反映されるから、雇用調整型のリストラがこの数年で大きく行なわれてきた。
現代の若年労働者は奴隷になるために生まれてきたようなものであり、10代の7割が非正規雇用でフリーター化が進んでいる。非正規労働で身につくのは単純作業でありキャリアにはならず、仕事でステップアップしていく事は不可能だ。このような使い捨ての若年労働者の奴隷化は日本の将来を不安定化するだろう。
一番の問題は派遣先企業よりも派遣元の派遣会社にあるのですが、ピン撥ねが酷いらしい。派遣会社といえば聞こえがいいのですが、ヤクザの手配師が会社化したような業態であり、1日15000円の派遣料金に対して5000円がピン撥ねされて本人には10000円が支払われる。ピン撥ね率33%のぼろい商売だ。

働けど、働けど、ゼニタマラズ。。
こんな法律誰がつくったの?
小泉さんの後ろで糸引いていたのはダレ?
やっぱり、派遣会社?
しかし、そこまで力あるか~?
トヨタの奥田元会長やキヤノンの御手洗会長などは会社のために良かれと思ってやっている事なのでしょうが、日本の為にはなっていない。トヨタは円安と非正規社員で史上空前の利益を上げてきましたが、社内留保して給与のアップには繋がらなかった。そして円高になって真っ先に派遣の首切りを行なっている。キヤノンも同じだ。

トヨタやキヤノンは外資系企業だと思ったほうがいいだろう。だから社名もアルファベットで書いているのだ。奥田元会長や御手洗会長は日本人の顔をした外人でありインベーダーなのだ。彼らは日本人の若者を奴隷化して日本が滅んだところで痛くも痒くもないだろう。
トヨタやキヤノンは世界企業となり巨大化して日本を彼らの好きなような体制に作り変えて行く。国民大衆はますますバカになり政治に無関心となり、若者はフリーターやニート化して働いて納税もしなければ年金も納めない。「株式日記」では何年も前からこのように警告をしても政治は一つも良くならない。トヨタやキヤノンが日本をダメにしているのだ。

やっぱりここですかー。
で、もって彼らの後ろには某国の姿がチラホラ。
マスコミ、小泉さん、トヨタ・キャノン、そして・・・。
いつものメンバーが、いつもの役割分担でここでも暗躍していたのかー、と「嘆息の師走」です。
うらら

List    投稿者 urara | 2008-12-27 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/12/980.html/trackback


コメント5件

 エクソダス2005《脱米救国》国民運動 | 2009.04.18 15:56

男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる.

男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる.
Movie Review: National Lampoon’s Adam & Eve

 米流時評 | 2009.04.19 5:55

復讐を誓う海賊に、資金凍結で首根を絞めるクリントン

  ||| ソマリア海賊掃討に陸上基地計画案 |||
 EU「海軍力増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相提案「湾岸に歩哨基地」
 スエズ運河…

 米流時評 | 2009.04.19 13:47

過熱するアデン湾岸戦争でソマリア歩哨基地案も

  ||| 過熱する海賊とのアデン湾岸戦争 |||
 EUと米国の共闘掃討作戦、過熱するアデン湾岸戦争でソマリアに歩哨基地案も
 EU「海軍力を…

 hermes handbags new zealand | 2014.02.02 13:45

hermes outlet in delhi 日本を守るのに右も左もない | 麻生とは何者か(1)~その基盤となる麻生家とは?~

 Cheap Pandora Bracelets | 2014.03.13 11:02

日本を守るのに右も左もない | 麻生とは何者か(1)~その基盤となる麻生家とは?~

Comment



Comment


*