2014年05月01日

【情報戦】 11. 金貸しによる情報支配、諜報機関支配によって、国家をも支配した

前回記事では、中世から近代における情報の支配者の変遷とその技術を取り上げた。

【情報戦】 10.最新の情報技術は常に諜報活動と結びついて発展してきた

■電信技術の開発(19世紀後半)
ロスチャイルド一族による世界的な通信支配と情報支配の時代に登場したのが、ドイツの電信王ジーメンスによってもたらされた近代的な通信技術だった。

ロスチャイルドが育てていたロイターはそのあおりを受けて失業したが、そのロイターはジーメンスから電信技術を学び、情報流通において応用し、ロンドンに事務所を開設した。ロスチャイルド一族は、既に持っていたタクシス家の神聖ローマ時代よりのネットワーク の協働関係に加えて、ロイターが学んだ最新の情報通信技術を得たことになる。
その後、ロイター通信はロスチャイルド一族のみならず、英国商人や英国政府の繁栄に寄与することになる。

中世から近代の初め、郵便網を独占することによって情報のネットワークを握っていたタクシス家であったが、その情報を金稼ぎのために利用するのはロスチャイルド一族の方が上手であった。

また、マスコミの支配を通して、意図的な情報操作を行い大衆から搾取していくことが可能となったロスチャイルド一族は、その情報ネットワークを磐石なものとするために情報インフラへの投資を推し進めた。

 ほん

 

 

 

 

 

 

 

今回記事では、中世から近代に渡るまでの諜報機関が、設立に至るまでの時代背景(構造)と、

国家による諜報機関の設立に至るまでの背景を扱う。

にほんブログ村 政治ブログへ

『スペイン無敵艦隊の敗北』

私権時代は、『武力』によって統合されていた時代。

そのような時代背景の中、金貸し達にとって、国家も教団も目の上のたんこぶに過ぎなかった。

そこで、金貸し達は、『国家や教団を分裂させ、いかにして没落させるか』を考えた。

自らが得意とする『情報』と、『金稼ぎ』の為のネットワークを多いに活用する事となった。

金貸しにとって、教団は目の上のタンコブだった。

イスラム教もキリスト教も金貸し業によって利子を取ることを禁じていた。ユダヤ教も同様だったが、異教徒であれば利子を取っていいという考え方があり、ユダヤ教徒だけが金貸し業を営んでいた。

しかしそのような宗教的制約を解除するために、金貸しは教団の内部に潜入し、『免罪符を発行させ、教団を堕落させ、教団の貨幣依存度をあげていき、最終的にはバチカン銀行』をも作り出した。

他方、武力国家の国王は教団からのお墨付きを必要としていた。いかに武力に秀でた国王であっても、大衆からの共認なしには統合力を維持しえなかったから、『大衆的支持を集める教団』が王権を認めることは王権が権力を維持し続ける上で重要なことだった。

ところが教団が免罪符に手を染め、宗教的権威を失っていくと、王権の正当性も揺らぎ始めた。そして、民主主義の名の下に、王権は打倒されていった。

そして国家も金貸しの手に落ち、金貸しがそそのかすままに近代戦争にまい進していく。そして国家は他国に勝つために内部に諜報機関を作り出していくが、通信社を手にして異国の情報を収集し、かつ捏造できる金貸しにしてみれば国家の諜報機関を乗っ取ることは難しいことではなかった。

広瀬隆の「赤い盾」は第一次世界大戦における金貸しの置かれた状況と彼らが国家の諜報機関を実質的に乗っ取っていた状況を解説している。これによるとイギリス情報局は実質的にロスチャイルドのものであり、米英独の金貸し同士の騙しあいをはらみつつも、国家による諜報機関の設立をロスチャイルドが主導したことが分かる。

mi6 MI5_s6_main

 

 

 

 

あべよしひろ氏による要約より以下転載。

****************************
第一次世界大戦(1914~1918)はなぜ起こったか?

19世紀末には、産業(石油=化学産業群)が雨後のタケノコのように誕生し、それを大銀行家が次々と買収して大きな会社に統合してゆくなか、ヨーロッパでは、バクー油田と化学工業がロスチャイルドの手の中で一本の太い流れを生み出そうとしていた。鉄血宰相ビスマルクは、ロスチャイルド家の融資を受けながら、オーストリア・ハンガリー・イタリア・ロシアという広範囲を牛耳って勝手にドイツ帝国に組み入れてしまった。

そのドイツで、クルップ=ジーメンス連合が生み出したドイツ銀行が、今度は“ロスチャイルド家の排除”に向かいはじめた。

発明家にして企業家のヴェルナー・ジーメンスの従兄ゲオルグが、1870年にドイツ銀行を設立。ここにロスチャイルドに対抗する一大金融勢力を結集して、ドイツは金融戦争に突入していった。

ドイツ銀行と同じ年に、コメルツ(商業)銀行、二年後にはドレスナー(ドレスデン)銀行が開業し、それまでのロスチャイルド銀行、ディスコント銀行、ダルムシュタット銀行という赤い盾一族が独占的に支配する世界に、強力なライバルが登場した。

1899年、アメリカの石油王ロックフェラーが、後年ドイツ・モービルとなる石油会社を設立。ダンピング攻勢をかけ始めた。

ヨーロッパの王者ロスチャイルドは、ドイツ銀行と組んでこれに対抗したが、ドイツ銀行にもロスチャイルドを倒したいという下心があった。

ロスチャイルド対ロックフェラー対クルップという三つ巴の利権争奪戦に発展していった。三者は、それぞれ協定を結んだり、連合を組むかのような行動を取りながら、最後にはロシアと中近東、アジアの油田をめぐって爆発する日を迎えた。

トルコ石油の舞台になったのは、現代のイラクからシリアにかけて、当時はまだ国境線さえ定かではない大油田の可能性を秘めたメソポタミアの砂漠地帯であった。そこへ現われ、トルコ軍と戦ったのが“アラビアのロレンス”だった。

ロレンスは第一次大戦の開戦と同時にエジプトの情報局に派遣された。これはれっきとした情報機関=諜報機関だが、情報機関が生み出された歴史を知るとき、彼らを選び出し、彼らによって誰が利益を得るか、ということがわかってくる。

国家として最古の情報機関を設立したのが、このイギリスであった。

現代のイギリス情報局は、三つの部署からなっている。国内の情報を担当する軍事情報部第五課(通称MI5)、国外の担当が軍事情報部第六課(通称MI6)、そして1965年に設立された国防省・国防情報局である。この他にロレンスが配属されたエジプト情報局やニューヨークのロックフェラー・センターにあるイギリス安全保障局など、世界各国に設置され独立して活動する海外情報グループが無数に存在する。

(中略)

結論から言えば、MI5とMI6はロスチャイルド財閥の情報機関である。世界大戦の帰趨を占う唯一最大の鍵がロスチャイルド家だったことは、誰にも否定できない。ヨーロッパの五カ国、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリアにはロスチャイルド家の五人兄弟の家系が商会を構え、それぞれの国の公債の大部分を彼らが売りさばいていた。この五カ国が枢軸国と連合国に分かれて戦火を交えた第一次世界大戦は、それまでの侵略戦争とは違って本格的な殺戮戦争であった。
**************************************

以上からわかるように、MI5とMI6はロスチャイルド財閥の情報機関であった

広い欧州諸国の中で、一番最初に諜報機関を設立したのが何故イギリスだったのか?

イギリスに諜報戦略が、必要であった歴史的な背景とはどのようなものであったのか?

以上を次々回で、探ってみる。

List    投稿者 村上水軍の末裔 | 2014-05-01 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2014/05/2926.html/trackback


Comment



Comment


*