2006年11月22日

かつて、脱アメリカ支配の流れがロッキード事件で息の根を止められた!?

ロッキード事件とは?%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%89.jpg
>昭和51年2月4日、米国上院外交委員会多国籍企業小委員会がこの日の公聴会で「ロッキード社が自社の航空機売り込みのために対日工作費として1000万ドル(約30億円)を超える金を極秘で使っていた」ことを暴露した。この日に証言したロッキード社の幹部は、ロッキード社の秘密の代理人である児玉誉士夫に21億円を前年までに手渡ししていたことを証言した。
6日はロッキード社の副社長・コーチャン氏が「児玉に支払った21億円の内、国際興業の小佐野賢治と正式な代理店である丸紅の伊藤宏専務を通じて日本政府関係者に支払われた」と証言。全日空への大型旅客機「トライスター」売り込みのための一大疑獄が明らかにされた。>
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/index.htm より引用。
 一般に、戦後最大の汚職事件で元首相の田中角栄が逮捕された事件だと伝えられていますが、単なる汚職事件ではないと思ったひとは、クリックお願いします。

にほんブログ村 政治ブログへ


戦後、日本は、アメリカの占領政策を強いられていましたが、共産主義の勢力拡大を憂慮するアメリカが日本を核にした極東における防波堤としての戦略を組み込みました。
戦後の対日政策については、るいネットで斎藤さんが述べています。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=98875
 事件当時のアメリカをとりまく世界状況は、キューバ危機、ベトナム戦争を通じた冷戦も閉塞し始め、いわゆる緊張緩和(デタント)の時代にはいっていきます。そして、標的をイスラム(石油資源)に向けつつあった状況でした。アメリカ市場主義(グローバリズム)と真っ向うから対立する民族主義の台頭が新たな脅威となり、米ソともに、アフガン、イラン=イラク戦争にかかわり、泥沼化していきます。
 その状況で、時の田中首相は日中友好条約の締結や日本列島改造論をぶち上げ、脱アメリカの政策を推し進め、首相退陣後も隠然と勢力を保っていましたが、事件発覚により、完全に息の根を止められたと思います。
 つまり、脱アメリカを標榜し、民族自立派というべき方向を打ち出し始めた勢力をアメリカがけん制したとしか考えられません。その後、中曽根、小泉そして安部と続くひたすら従米路線をとらざるを得なかったのです。当時のそして今でも政治家などの統合階級は、CIAを筆頭としてアメリカに首根っこを抑えられたこを再認識させられたのではなでしょうか?
 まさに恫喝そのものの事件です
 

List    投稿者 y.suzuki | 2006-11-22 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/85.html/trackback


コメント5件

 しゃちか | 2006.12.02 22:52

アメリカはイラク戦争で膨大な借金を作っているはずなのに、2ヶ国同時進行で戦争をするつもりでしょうか?イラン戦争をすることで、借金をますます増やすつもりでしょうか?(’0′)ノ

 ヤガ | 2006.12.03 0:37

>中間選挙で敗北したにも関わらず、とにかく急いで戦争に向かおうとしている(焦っている?)。
副島隆彦氏が、アメリカ経済はもうすぐ減速し、2007年ぐらいから不況に入る、と予測している。
以下、副島隆彦著『戦争経済に突入する日本』(祥伝社、2006年)より引用。

アメリカの金融財界人たちの一角、というよりもヨーロッパ系の資金を背後に持っているロスチャイルド系の勢力は、もうすでにかなり前から、着々と米ドルを先物でどんどん売っている。同時にアメリカの株式を売り込んでいるのである。米ドルとアメリカ株式と米国債の三本柱は、やがて崩れるのである。すなわち「トリプル安」である。

米ドルが為替市場で1ドル=100円の下値抵抗線を今年中に割ることはない。しかし来年には1ドル=100円の壁は崩れてゆくのである。

アメリカの景気が2007年には減退するという副島氏の予測と、ブッシュ政権が2007年中にイランへの武力行使に踏み切るとの観測は、どこか符合しないだろうか?
アメリカは次の“景気刺激策”として、イラン侵攻を考えているのではないか?

 unbrakable | 2006.12.04 15:13

今までアメリカは核を配備した(あるいはその可能性がある)国に攻撃をしたことがない。
イラン戦争は、核抑止力を超える新しい時代の戦争として注目されましょう。

 旅人 | 2006.12.07 21:27

しかし、一体どういう理屈でイランを攻撃する理由をつくるのでしょうか?今までのメディアによる誤魔化しも露見しまくっており、正常な人間には不可能だ。人間が共認動物である事を利用すれば、飼いならされている現状のアメリカ含めた世界中の庶民達を洗脳する事は一時的にはたやすいだろう。しかし反動たるや凄い運動に発展しそうな予感はする。
>新しい時代の戦争として注目されましょう。
同意見だ。

 price hermes handbags | 2014.02.02 8:18

hermes birkin bag online shop 日本を守るのに右も左もない | 2007年中にイランに武力行使=米専門家の間で観測強まる

Comment



Comment


*