2006年10月14日

岸信介はアメリカの思い通りに動きすぎた!?

 honn.jpg
安部晋三首相誕生以来、おじいさんの岸信介についても様々な事が書かれていますが
喜八ログさん(http://kihachin.net/klog/archives/2006/08/hiranosadao2.html)の『公明党・創価学会の真実』(平野貞夫、講談社、2005)という本の紹介文も非常に興味深い。
   

にほんブログ村 政治ブログへ


  引用開始
『公明党・創価学会の真実』によると、岸信介元総理に関して平成16年(2004)08月14日フジテレビで放映された「“昭和の妖怪”と呼ばれた男・岸信介の真実」できわめて重要な証言の数々がなされました。たとえば、アメリカ国務省公文書解禁審査会委員を務めた経験をもつマイケル・シェラー教授(アリゾナ大学)による以下の証言。
「岸は一九五三~五五年(昭和二八~三〇年)にかけて、頻繁に訪米し米国政府関係者に日本政府の内部資料についてレポートを渡していたようだ。その見返りとして、一九五五年ごろから米国政府は岸に資金を提供するようになった。岸が選挙に勝つようにという意味だと思う」
さらにマイケル・シェラー教授はテレビ番組の最後で次のように語っています。
「岸の問題はアメリカの思惑通りに動き過ぎたことにあった。アメリカの世界戦略の一端に利用されたのです。もちろんそれは、アメリカにとっては有り難いことでしたが、日本のためになったかどうかは疑問です。日本が本当の意味で独立できていないのは、ある意味で岸の責任でもあると思います」
                          引用終わり
 アメリカ人に「「思惑通りに動き過ぎた」と言わしめた岸信介、恐るべし。そしてその祖父を尊敬してやまない安部晋三、祖父にもまして「思惑通り」に動くのだろう。
「岸信介→小泉純一郎→安倍晋三」という対米従属の系譜を断ち切らない限り、日本に真の独立はありえない。私(喜八)はそう思います。
私も同感です。このままいくとアメリカに利用されるだけされてしまいます。一刻も早くこの忌まわしき系譜を断ち切る必要があるのでしょう。
                                                         (arinco)
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
    ↓↓      ↓↓
 

List    投稿者 postgre | 2006-10-14 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/10/27.html/trackback


コメント6件

 路上日記@なんで屋 | 2006.10.17 23:43

『ドキュメント北朝鮮』(NHK4/2放映)①金日成 権力掌握までスターリンの傀儡としての出発

北朝鮮の核実験と、それについての各国の対応がメディアでは大いに話題になっている。
北朝鮮ってなんであんなことすんねん?言ってることもどうもわけ分からん国…

 こうた | 2006.10.18 0:54

2ちゃんねるでは北朝鮮問題はタブー?

>2ちゃんねるの北朝鮮擁護の動き。この裏には、何があるのでしょうか?
なんだか、とてつもない背後の力を感じます。
確かに変・・・と思い、…

 シザース | 2006.10.18 11:06

金正日は臆病であって暴走するタイプではないとありますが、私から言わせると、臆病者ほど暴走する危険が高いと考えています。というのも、私の知っている人にdexiosu森本浩司という者がいるのですが、彼は極めて臆病ですが、今や牛島えっさい氏と裁判で争うのではないのかという所にまで発展しており、dexiosu森本浩司氏の暴走いよいよ留まるところを知らずという状態です(こうなった経緯はここでは省きます)。
そういうことを考えると、臆病者ほどよく暴走するという性質があるのは疑う余地がありません。
余談ですが、「黄長華」ではなく「黄長燁」です。

 かっし~ | 2006.10.18 19:42

北朝鮮に関するニュースとか見てると、いつも、「結局、北朝鮮(金正日)って何がしたいんだろう??」と思ってしまいます。
>3 金正日の願望は、南北を統一して自分がその首領になることで、それしか頭にない。
日米の関係や、アメリカがイラク戦争を行った背景などは色んな利権が絡んでいるけど、金正日はなぜそんなに首領になりたがるんだろう??

 コスモス | 2006.10.19 22:39

>金正日の願望は、南北を統一して自分がその首領になることで、それしか頭にない。
>以上の観点を基本にすえれば、北朝鮮のねらいが見えてくる筈だ。
金正日の野望が南北統一にあるという前提で北朝鮮の核問題を考えるならば、核という武力による南北統一という答えしか無いのではないだろうか・・・
金正日による独裁政権を維持したままで、かつ統一後の首領になるということは、対話路線で成し得る可能性はゼロだろう。あるとすれば、武力によって韓国を北朝鮮が支配するということしかなく、その為の核保有と考えるならば北朝鮮のねらいは絞られてきます。
一説によると、北朝鮮ではまだまだ軍の力が強く金正日も軍を無視できないと聞きます。金正日の野望と軍部の思惑(恐らく権力闘争)が一致する路線が核保有と韓国支配なのかもしれず、そう考えると一連の行動=路線は理解できます。それは、核を保有することでアメリカと中国を牽制しつつ、軍(武力)によって南北統一を画策しているということです。(恐ろしいことですが・・・)
それが今の国際社会において現実的に可能かどうかは別として、経済的に追いつめられ国家維持が困難を極めた際の究極の選択たり得ないとは言い切れません。少なくとも軍は権力を維持するためには何らかの武力行動を誘導する必然性を潜在的に有しています。
>北朝鮮は、数年前にパキスタンで核実験を終えており、すでに核を持っている。  
>金正日は、アメリカや中国や日本と戦争する気はない。まして、核兵器を使うなどという気持ちはまったくない。(彼は、臆病なタイプで、日本で心配されているような「暴走」するようなタイプではない。)
金正日は確かにアメリカや中国、日本と戦争をする気はないでしょう。しかし、核を保有することによって強国を牽制しつつ韓国からアメリカを切り離し、武力による南北統一を画策している可能性は否定できません。
臆病な金正日が核による暴走はしないだろうが、臆病な金正日が軍の暴走を止められない可能性は高い。

 hermes bags apricot | 2014.02.01 19:26

replica hermes designer handbags 日本を守るのに右も左もない | 北朝鮮は、すでに数年前から核を持っている

Comment



Comment


*