2006年10月03日

9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論

たしかに今やアメリカは、言論統制国家だ。言論統制がどんなに恐ろしい結果をもたらすか、ここに典型的な事例がある。

アメリカは、マスコミをはじめあらゆる言論統制の網を張りめぐらせた上で、「9・11テロはアルカイダの仕業」と断定し、「テロとの戦い」「大量破壊兵器の撤去」を大義名分に、アフガンとイランを侵略した。

それから5年後、今やヨーロッパの過半の人(アメリカでも三分の一の人)が、9.11テロはアメリカの国家中枢と闇の勢力が仕組んだ自作自演の凶行だと考えるようになってきている。
しかし、日本では、そのような報道はほとんど聞かれない。

実は、日本もアメリカの意を受けた官邸と電通によって、言論統制が急速に進んでおり、すでに反米的な言論人は完全にマスコミから締め出されてしまっている。
マスコミが、小泉に続いてアメリカべったりの安倍という出来の悪い政治家を首相に祭り上げるために、どれだけ露骨で過剰な報道を繰り広げたかは、みんなが知ってる通り。

が、日本人は馬鹿じゃない。まして、世界世論は反米に収束してきており、イギリスのブレア首相(ブッシュの仲間)まで退陣に追い込まれて、アメリカは世界中から見放され、孤立しつつある。
そんなアメリカに魂を売り渡し、未だにアメリカに媚へつらっているのは、今や小泉・安部一派と日本のマスコミだけ。
おそらく、来年の参院選挙で、国民の鉄槌が下されるだろう。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。
    ↓↓      ↓↓
 

List    投稿者 staff | 2006-10-03 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/10/7.html/trackback


コメント3件

 春風 | 2006.10.03 17:16

社会主義国家に見られる全体主義は歴史を学ぶ中でも明らかで、だからソ連が崩壊につながったのだと思います。
でも、一方の「民主主義」や「個人主義」をかかげるアメリカなどでの全体主義は、その存在自体が隠蔽されているので、気づきにくいのが特徴なのではないでしょうか。
気づきにくいがゆえに、よりたちが悪いですね。
自己中な人たちが支配する国、アメリカに日本は自国を売ろうとしている。
そんな日本はまさにとても危機的な状況だと言わざるを得ないですね。

 こん | 2006.10.04 1:53

「何であれ自己中は、人々を抑圧する全体主義を生み出すのだということ」
私もそのように思います。言い換えれば、
「全ての人々の自己中が全体主義を生み出し、独裁⇒滅亡となる。」
のだと思います。
学校でのイジメで自殺に追い込まれた子供たち
インターネットの匿名掲示板やブログで祭られ炎上して自殺に追い込まれた人たち
マスコミに吊るし上げられて自殺に追い込まれた人々
会社や仕事で、権力を笠に着せて、鬱や精神障害に追いやられた人々
民族主義の国家を廃して、アメリカとの戦争を強要された国々
格差社会とは私権を、持つものが持たないものを独裁する社会。
このような現象は、小泉改革の独裁構造が生み出した現象そのもので、「人それぞれ」と年金未納の答弁で言い放った自己中小泉の独裁そのものが社会秩序として蔓延しているということだと思います。方や、それに対して抵抗せず、目先に飛びつき、自分さえよければという大衆側の自己中意識も最大の問題であろうと付け加えたい。
全ての課題や問題は社会とつながっている。このままでは、独裁構造から滅亡が目先に迫ってくる。その前に、社会規範として自己中排除を形成する必要があると思っています。

 mbt changa shoes | 2014.02.22 12:09

mbt changa 日本を守るのに右も左もない | 全体主義を生み出した犯人は、自己中

Comment



Comment


*