2006年11月16日

米国中間選挙で共和党敗北 ~日本はどうする~

genImage.jpg
本ブログでも米国中間選挙については何度か取り上げられているが、周知の通り上下院で民主党が勝利を収めた。
さて、この流れが続いて2年後の大統領選でも民主党が勝利すれば、アメリカ帝国の方針は大きく転換するのだろうか?
 
 続きが気になった方、クリックお願いします :o

にほんブログ村 政治ブログへ


以下は「Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~」さんの「左への風?」 からの引用。
 

強大な権力を握ることになるナンシー・ペロシ次期下院議長が、原理主義的な反中だということは以前述べました。それだけでも日本の左派勢力と真っ向から対立する姿勢ですが、特に沖縄に関して言えば、さらによろしくない問題があります。
 
ペロシさんが、次期下院院内総務に推している、ジョン・マーサ議員という人がいます。元軍人で、民主党タカ派なんて呼ばれることの多いマーサさんは、要は民主党における軍事問題の第一人者です。
 
マーサ議員は、イラクからの撤退を強く訴えています。平和・護憲勢力のみなさんは拍手ですね!でもマーサさんは、イラク撤退の主張の後にこう続けるのです。
 
 

私の計画は、軍の周辺地域への配置転換です。クウェートと沖縄にです。そしてもし我々の同盟国とアメリカの安全を脅かすテロ活動があった場合は、(イラクに)戻れるようにするわけです。

 
 
イラクと沖縄じゃ遠すぎるだろ!とか、沖縄の基地縮小はすでに決まってるこどだろ!なんて笑っちゃいけません。これは、民主党のリーダーであるペロシさんの支持を受ける、いわば「影の国防長官」の言葉なのです。しかもマーサ議員は、沖縄への配置転換を、酔った勢いではなく、去年の12月から繰り返し主張しているのです。
 
もし本当に左への風が吹いていて、2年後の大統領選挙で民主党候補が勝つことにでもなれば、沖縄の米軍基地は、「世界平和のために」拡大されかねません。抵抗すれば、これ見よがしなパワーハラスメントです。マーサ議員の言葉から透けて見えるように、民主党にとって、日本など所詮自分の意のままに動かせる「手下」でしかないのですから。

 
共和党から民主党に政権が変わることは、米国内では大きな転換かもしれない。
しかし、改めて対外的な政策においては、米国の国益を第一に考えたアメリカン・グローバリゼーションを推し進めていく 8) ことは変わらないのだ。
アメリカ帝国内での主導権がどこになろうとも、属米路線では日本の未来がない ことは確かだろう。
 

List    投稿者 lived104 | 2006-11-16 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2006/11/75.html/trackback


コメント2件

 匿名 | 2006.11.26 20:26

このとき、福田さんはなんと言えば良かったのか?
「テロリストには屈服しない。乗客は申し訳ないが、日本のために死んでくれ」
日本人なら、国家のために死ぬ場面も当然想定すべきでしょう。国家は、それに対し、揺るぎない国民のよりどころとして物語を描かなければならない。

 hermes svizzera | 2014.02.02 13:37

hermes asia website 日本を守るのに右も左もない | 「人命は地球よりも重い」?

Comment



Comment


*