2007年02月08日

アメリカの日本支配戦略には矛盾がある

安倍政権が叩かれている。その背景に、アメリカの支配戦略の欠陥が透けて見えるような気がする。

にほんブログ村 政治ブログへ


武力にモノを言わせた横暴な侵略は、世界各国の民族意識と反米感情を高めることになる。実際、アメリカは世界中から孤立しつつある。日本でもジワジワと反米感情が高まっている。これが第一の矛盾である。
そこへ来て安倍首相の「愛国心」である。この言葉は国家主義と民族意識に直結する。安倍首相自身が目指すものは何であれ(その分析は必要ではあるが)、その路線は必然的に民族意識と反米感情を高めることになる。これが安倍政権とアメリカとのズレが生じた一因だろう。
一方、小泉政権下で作り上げたアメリカ→官邸→マスコミという指令系統が、安倍政権になってから一部破壊されている。小泉政権を支えた飯島秘書官・竹中平蔵総務相退任がそれである。http://msgs.comeon.to/blogn/index.php?day=20060927によると、小泉派対安倍派の権力闘争で安倍派が勝った現れとのこと。ところが、この飯島秘書官は小泉政権の世論支配の中核を担った人物であり、それを切ったということは官邸とアメリカにとっては致命的なミスだったのではないか。
また、「愛国心」を掲げることがアメリカにとってどれだけ危険なことか判断できない。実はそれくらい安倍首相はアホなのではないか。確かに、アメリカにとってはアホな方が都合がよい。少しでもマトモな判断ができる人物であればアメリカの言いなりにはならないから。ところが、アホだからアメリカの意向に反することもやらかすし、アメリカの意を組んだ政策を実行する力も指導力もない。
アメリカの言いなりになる人物としてアホをすえるしかない。これがアメリカの矛盾の二つ目。
安倍首相のアホさ加減に危機感を抱いたアメリカが早々に見限ったというのが、この間の安倍政権パッシングの背景ではないだろうか。しかし、代わりになる人物はいるはずがない(小泉再登場?)。実は、一番追い詰められているのは、アメリカなのではないだろうか。
(本郷)

List    投稿者 hongou | 2007-02-08 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2007/02/190.html/trackback


コメント6件

 さいゆう | 2007.03.27 22:25

今週のアエラでは、地方銀行がこぞってREITに出資しているとする記事が載っていました。そのほか外資と合わせて20兆円が日本の不動産に投資されているようです。
このように頑張った(?)結果、公示地価は16年振りに上昇したとか・・・。
だけど、それって結局マネーゲームが一時的なバブルを造り出しているわけで、それがそのうち実体経済も押し上げて、いつの間にか日本国中が浮かれ始めたところで、やっぱりバブルは弾ける。
今度の「弾け」は、割と早いように思うんですが、如何でしょう。

 コスモス | 2007.03.28 12:20

産経新聞も結構大胆な記事を書くようになったのですね。
 
インターネットに流れる風潮を無視はできなくなってきたという所なのでしょうか?それともなにか産経の意図があるのでしょうか?

 Financial Journal | 2007.03.28 12:23

シリーズ「不動産投資ファンドの成長は続くのか?」4

【第4回:J-REITの歴史】 (ゴールドマン・サックス現CEOのロイド・C・ブ…

 Financial Journal | 2007.03.28 12:24

シリーズ「不動産投資ファンドの成長は続くのか?」3

【第3回:米REITの歴史】   (J.P.モルガン) 今回から数回で、不動産投…

 コスモス | 2007.03.30 13:24

産経に意図があるとすれば、都知事選挙でしょうか・・?
どうも産経は石原都知事寄りみたいですし。
今の時期、アメリカ批判は間接的に石原都知事に有利に働くのかもしれないな~~、などと考える今日この頃です。

 コスモス | 2007.03.30 13:33

フジサンケイグループは、(例の件で)ファンド嫌いになったのかも知れませんね。
あと、電通と絡んでトラブったから、「電通なんか、もう知らん!かってにやったる!!!」と開き直ったか・・?(それは無いか・・・・)

Comment



Comment


*