2010年04月18日

『第二経団連構想』 の深い意味!

小沢の目指す第二経団連構想はマスメディア掌握が目的か?

電通を通さない「スポンサー」の出現は大いに民放テレビ局を潤わせるし、
CIAエージェント電通の弱体化にも繋がる。
案外マスメディアの掌握の鍵を握るのが、
小沢の「第二経団連構想」になるかもしれない。

上記内容を受けて、今回は『第二経団連構想』の深い意味!を探ってみる。
%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9011.jpg
                                           上記ファイルをダウンロード
既存の自民党の特権的な支配構造を打破し、民主党独自の支配構造を構築しようとする流れが読み取れる。
早くて、ここ1年~2年の間に、第2の電通なるものが、実態を浴びたものとして浮上してくるかもしれない。
民主党系統(厳密には、欧州系統)の支配構造に作り変えるには、
上記図解を見てもわかるように、お金の集約場所である電通・経団連を押さえる必要性がある。
第2経団連構想は、まさしく旧権力構造(自民党癒着)の解体→移行にすぎない。

にほんブログ村 政治ブログへ


現段階は、直接電通に手を加えれない状況下にあるのでマスコミ改革(記者クラブ解体etc)などで揺さぶりをかけている状況にある。
更に言えば、本丸である政権内の官僚整備や、法整備は国家の圧力でなんとかなるので、『お金と情報の指揮系統』をなんとかすれば、日本国全体を完全にコントロールできるようになるからだ。
『お金の源泉』である経団連の系統が着手され始めたということは、人々の共認支配を牛耳っている電通に触手が伸びることは容易に予想がつく。
結局は、第二経団連構想も、既存権力に対する“否定(アンチ)”に留まり、私権の枠組みを残して中身を変えるだけの権力闘争に過ぎない。
“否定発”では旧パラダイムを残した権力闘争にしかならない。
旧パラダイムから次代の新パラダイムへの転換・構築は、“肯定発”の充足可能性発でしかおこらない。

このような否定発の権力闘争の流れでは、駄目で。
大衆が権力闘争から脱するには、上記支配構造(力)の流れと逆の方向で国家統治を国民自らの手で行っていかなければならない。
また、自民党から民主党への支配構造へとかわっていく中で、或いは、権力抗争の最中に、悪弊がリークされる中でより多くの大衆が『この騙しの構造』に気が付いていく事が必要となる

即ち、他国の言いなりにならない国家統治システムが必要となる。
その為には、騙し・脅しの構造を解明する『事実追及の場』をマスコミに変わって創設する事が必要となる。
序列原理ではない『新たな活力源を源泉とした企業の共同体化』が急務となる。
一部の権力者発のパラダイムを突き抜けて、みんな発で「私権企業から共同体への生産基盤の構築」そして「マスコミにかわる共認形成の場」をみんなで創造することが必要である。
また、今必要なのは(みんなが求めているのは)、みんながみんなの期待に応えることを活力源にし、みんながみんなの役に立つことで評価される、そんな社会を実現する政治が最終的に必要となる。

List    投稿者 kyupibekamu | 2010-04-18 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2010/04/1616.html/trackback


コメント8件

 匿名 | 2010.12.04 2:16

民主主義だろうと何だろうと
結局は馴れ合いだと思います。

 木霊の宿る町 | 2010.12.05 10:54

コメコメ@朝鮮が悪いのか、米国が悪いのか

ほんじつは花の都、パリから頂いたコメントへのコメントです。時々パリさんのブログは日本を愁うる記事で埋まっています。「日本を愁うる」というよりは「日本を罵倒…

 hihi | 2010.12.07 19:45

>西洋社会は~、現実は近代以前から現代まで一貫して厳然たる階級社会のままですし、
ここが一番分かりやすいですね。人権だの男女平等だの言っても、彼ら(西洋人)は結局階級社会じゃん、というところ。

 にほん民族解放戦線^o^ | 2010.12.09 13:58

中東・ヨーロッパの征服・破壊のパラダイムのはじまり(ギルガメシュ叙事詩より)

以前から興味のあった、NHKスペシャル四大文明:第二集「メソポタミア」を、先日やっと観ることができた。この番組では、栽培の始まり

 パルタ | 2010.12.31 11:40

今、中国人による森林を買収が問題化しているが、
そもそも外国人であれ日本人であれ、
森林を私有化する事自体の危険性が分かってたのですね。
水木しげるの本によると、ドイツでは木を切ると
木霊と言う霊にやられて人間が木に変えられる事がある
という言い伝えがあるようです。
全く同じような言い伝えが日本にもあるようです。
アルプス以北へのキリスト教布教はゲルマン人が
信仰していた御神木をキリスト教の宣教師が
切ってみせた事から始まるようです。
これがゲルマン人を農耕社会・身分社会へと導いた。
欧州の身分制と言っても、南欧と西欧と北欧とロシアでは
農耕開始期・身分制度成立期も違えば、
成り立ち、合議制のありようも違うと思います。
日本と中国・朝鮮と東南アジアと南アジアの
身分制度が全く違うようにです。

 グッチの財布 | 2013.10.08 21:42

miumiu アウトレット

 hermes bags cheap | 2014.02.03 0:15

hermes handbags toronto 日本を守るのに右も左もない | 世界が注目する日本人の可能性2~西洋と東洋の民主性のちがい

 great deals on handbags uk | 2014.03.13 6:25

日本を守るのに右も左もない | 世界が注目する日本人の可能性2~西洋と東洋の民主性のちがい

Comment



Comment


*