2011年09月23日

民主主義の全否定4~金貸しによる支配と主権在民・三権分立という言葉の欺瞞性

respectiveindependenceofpowers.gif
< 民主主義の全否定3~民主主義とファシズムは同じ穴のムジナであるに引き続き、今回は4回目~主権在民・三権分立の欺瞞性/金貸しによる支配体制 を扱います。
 民主主義に基づいて行われる民主制は、国によって多用な形態をとる事が多いが、日本の政治形態としての民主制は「主権在民」や「三権分立」などの概念とともに語られる事が多い。
 そして、それまで君主や一部の人間に権力が集中していたものを排し、「民が主」となり「権力の集中」がなくなって、とても理想的な政治形態とされている。
 さらに先進国(特にアメリカ)では、民主主義(民主制)以外の政治体制は、「悪の巣窟」とまで言われてしまう事がある。
 
 しかし、実態は
前記事でも紹介されたようにファシズムと同じムジナであり、理想的な言葉の裏には大きな欺瞞性が隠れていると思われる。 
 
 
 
今日もポチッとお願いします。
 

(さらに…)

  投稿者 ginyu | 2011-09-23 | Posted in 04.日本の政治構造1 Comment »