2011年08月20日

『民主主義』『市民運動』という騙しとその犯罪性 5 ~社会を対象化するには?

前回は、「社会運動の騙し」を扱いました。近代の社会運動も私権獲得が目的です。そして、これらの運動は現実を直視することなく理想社会だけを描いており「社会の構造を殆ど考えていない」という実態が明らかになってきました。
今回は、「社会の構造を捉えるためにはどうしたらよいのか?」を考えていきます。
そのためには先ず、人々の頭の中には現実を直視できない認識上の欠陥が潜んでいることを理解する必要があります。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hassy | 2011-08-20 | Posted in 08.近現代史と金貸し2 Comments »