2011年01月09日

12/29なんでや劇場(3)~南方モンゴロイドの拡散~東洋人の基層は南方(スンダランド)で形成された。

 12/29なんでや劇場(2)で、東洋人の基層は北方モンゴロイドではないことが判明しました。
 では、東洋人の基層は?今回は、『’10年末なんで屋劇場レポート3~南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生』をもとに、この内容に迫ります。

   map-sunda.gif
(この画像はこちらからお借りしました)
 続きを読む前に、クリック応援お願いします。
   
    にほんブログ村 政治ブログへ

●南方モンゴロイドの拡散
他方、南方のモンゴロイドは温暖湿潤で豊かなスンダランドを中心に、大きな移動を起こすこともなく、定着して南方に適応的な形質を強めていったが、1.4万年前から6千年前の温暖期には、極地の氷床が溶け出したことでスンダランドの海没が始まり、南方モンゴロイドの拡散が始まる。
その内の一派は太平洋へと乗り出していき、ポリネシア、メラネシア人となり、インドへと流れ込んだ一派がドラヴィダ人となり、中国へ進出した人々が現在につながる原中国人となった。(バイカル湖周辺にいた北方モンゴロイドも南下し合流したと思われるが、前述の通り免疫力に劣るため、少数派となった。)
また1.4万年前の温暖期に、D祖型のモンゴロイドがスンダランドからモンゴル高原へと進出した。しかしそのすぐ後、1.3~1.1万年前の極寒化に伴い、一方では西回りにチベット方面へ、もう一方では東回りに南下し朝鮮半島を越えて日本へとやって来た。前者は、チベット族(D1,D2)となり、後者は縄文人(D2)となった。
・・・引用終わり・・・
(注)上記の記事に記載されている南方系モンゴロイドの系譜は、モンゴロイド移動図の左の列を参照にして下さい。
                          

【補足説明】
 現在アジア人の大半を占めているのは、1.4万年前からスンダランド水没に伴ってアジア全域に大移動して繁殖した南方モンゴロイドの末裔である。図解「モンゴロイドの移動」参照。
1.南アジアを通って、インド亜大陸へ。(インド亜大陸の原モンゴロイドと混血→ドラヴィダ人に)
2.ガンジス川を遡上して、タリム盆地からモンゴル高原へ。【Dスンダ・モンゴロイド】
3.海岸沿いに江南地方から中国全域に移動。(シナ・モンゴロイド×中亜モンゴロイドと混血→【原中国人】に)
4.北東の東シナ海を航海して、中国・江南地方~日本列島へ。(江南のシナ・モンゴと混血、日本列島の中亜モンゴ×北方モンゴと混血)
5.南方のオーストラリア大陸へ。(オーストラリア大陸に先住していたオーストラロイドと混血→アボリジニに)
6.メコン川などの大河を伝って、チベット高原からタリム盆地へ。(1万年前にはアルタイ山脈~モンゴル高原に到達し、新モンゴロイドO3に)

 従って、大きく言って、東洋人の基層的形質はスンダランドで形成されたものであり、東洋人は南方系であると認識する必要がある。(ブリヤート人が3万年前からずっと住んでいるかのような話をTVや学者は流布するが、それは真っ赤な嘘であって、ブリヤート人は後からやってきたにすぎない)
地図「Y染色体亜型の世界的分布
 とりわけ、スンダランドD祖型は5万年前にスマトラ北部でC型から派生したが、1.4万年前以降、スンダランド水没に伴ってガンジス川を遡上して、タリム盆地からモンゴル高原へ。そこから西回りでチベット高原に入ったのがチベット族で、東回りで日本に辿り着いたのが縄文人である。
この地図「Y染色体亜型の世界的分布」の右端の表「Y染色体による系統分析」にあるように、現在スンダランドD型が残っているのはチベットと日本のみだが、現在のチベット人ではD1型16%、D3型33%を占めている(O3型33%)。日本人はD2型が4割近く、O2型が1/3、O3型は2割弱で、現在もD型が主力を占めている。現在でも南方発のD2やO2が大半を占めていることが、TVや学者の言う日本人はブリヤートから来たという説が嘘であることの何よりの証拠である。
弥生時代にO2型(江南人=倭人)、1500年前に騎馬民族の新モンゴロイドC3が日本に入って来たわけだから、それ以前の縄文時代はD2型の比率はもっと高かったはずである。縄文人のほとんどはD2型であったと考えられる。おそらく縄文時代は次のような構成比であったと考えられる。
【1.3~1.1万年前スンダランドD2】:【1.4万年前~のスンダランド水没で漂着したC1】:【1.5万年前の中央アジアモンゴロイドC3 】 =5:1:1
つまり、スンダランドD型こそ、縄文人→日本人の直接の祖先である。地図「Y染色体亜型の世界的分布」にあるように、彼らがモンゴル→中国、つまり北から日本にやってきたのは事実だが、彼らはそれまでの期間の大部分を南方で過ごしており、立派な南方モンゴロイドなのである。
 続いて、12/29なんでや劇場(4)に続きます。

List    投稿者 hoop200 | 2011-01-09 | Posted in 14.その他1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/01/1859.html/trackback


コメント1件

 hermes store | 2014.02.02 21:40

my hermes website down 日本を守るのに右も左もない | 共同体社会の実現に向けて-3 ~実現論 序1. 近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機(その3) ~

Comment



Comment


*