2008年08月17日

古代朝鮮からの侵略部族が、一貫して日本を支配してきた ~8/12なんでや劇場「日本人の起源」より(2) ~

古代日本、とりわけ朝鮮半島が戦乱にあけくれた2世紀~6世紀に 、彼らは日本にやってきた。当時南朝鮮は、部族連合から国家への 移行期であり、激しい戦いを繰り広げ、そこから押し出された部族 が、一族郎党で武装のまま新天地の日本にやってきたのだった。
(8月15日の朝鮮半島からの流入民との融和をもたらした古代日本人の縄文的性質 ~8/12なんでや劇場「日本人の起源」より~ と併せてお読みください。)

にほんブログ村 政治ブログへ


彼らは既に鉄製の剣を持ち、戦慣れした武装勢力であり、当時の縄文人・弥生人が適 う相手ではない。西日本に侵略部族による国が、あっという間に出来 あがる。
この2世紀ごろ西日本に成立した国々は、
邪馬台国(ヒミコ)・・・・・・・・・・後の伊勢神宮系
狗奴(くぬ)国(スサノウ、須佐氏)・・・・・宇佐神宮(八幡宮)系
伊都国( 葛城氏、物部氏)・・・・・・加茂神社系
不弥国(須佐氏)・・・・・・出雲大社
・・・・など
その後も、蘇我氏(高句麗からの侵略部族、神社を持たず仏教を導入)などが相次いだ。特に6世紀中ごろの任那滅亡、7世紀中ごろの百済滅亡の際には、任那・百済の支配部族の中核・大半が日本に移住した。
3seiki_higasiajia.jpg
 (※参考、伊都など各国の位置は諸説あり)
ここで注目するのは、2世紀にはよく言われる邪馬台国だけではなく、既にそれと同程度の国が各地に出来上がっているということです(学者のように、邪馬台国ばかりに注目するのは意味がない)。そしてそれら侵略部族は自分の氏神として神社をもっていたこと。
その後これらの国々が、せめぎあい、勢力争いを繰り広げた後に、連合して作ったのが、大和王権(朝廷)であり、天皇制であり、日本における支配制度だった。
・・・・・・その名残が、名字(姓)と神社(神道)である。
★明治前まで支配部族だけが、名字(姓)をもっていた。=氏族という血統主義によって支配階級を形成。庶民は名無しだった。
日本では名字をもっていることが、支配階級(朝鮮からの渡来部族)の証であった。それが氏族の血統の証であり、当然名字のある階級と無い階級が交じり合うことは殆ど無かったと見られること。
従って姓を持っている名家は明らかに侵略部族の末裔であり、支配階級であった。

※従来、貴族制→武家支配が日本の支配機構で、それが明治維新でなくなったというのが定説だったが、より根本的な部分にこの“氏族による血統主義”があるということ。ヨーロッパの身分主義、インドのカースト制とも少し違うが、明確な身分制度があったのだ。
※ちなみに百姓は、元々は農民を指すのではなかった。戦国時代ま では、庄屋や下級武士など支配階級の最末端であり、“その他大勢 ”という意味だった。大きくは名字のある無しの2階級だが、細かくは、
支配氏族>百姓(下級氏族)≫平民>エタ・非人 の4階級。
これらの朝鮮からの侵略部族が古代から一貫して苗字を持ち、氏族 を名乗り、血統を保ちながら、日本を支配してきた。なので平民が歴史上に登場 することはなかった。このような縄文人の末裔のあり方は、権力に従順ともいえる し、反抗しないし欲が少ないと言う点では本源的とも言える。
★神道は、支配部族(氏族)の氏神を祭る神であり、神社は、支配部族(氏族) の邸宅or砦であり、氏族の血統主義の権化、精神的な支柱であった。
神道や神社といえば、日本古来のものというのが一般的な認識だと思うが、そうではなかった。これは“右”的な人が聞いたら卒倒するかもしれないくらいの認識転換ではある。ただ古代からの事実をおさえていけば分かることだろう。
20070820103620.jpg (出雲大社)
以上のように考えると歴史上の出来事と符号してくることがある。
なぜ有史以来朝鮮への出兵を繰り返してきたか?
 ・7世紀 天智天皇:白村江の戦い 
 ・16世紀 秀吉  :朝鮮出兵 
 ・19世紀~明治以降の天皇による:日清・日露戦争~太平洋戦争
いずれも、天下を取ったばかりor体制変革直後の時期に、急いで朝 鮮へ出兵し、失敗している。天下をとった後は本来内部の体制固めが重要な時期である、それをおいてまず朝鮮に出兵している。彼らにとっては祖国奪還であり、至上命題だったのではないか?(イギリス王朝にとってのノルマンディーに近い。)
※秀吉は、“百姓”だが農民出ではない。下っ端氏族で修験者の出 。
修験道は、天武天皇の時代に始まったもので、日本古代版のCIA(諜報機関)である。この修験道の修験者によって、各地の情報が集められ、監視され、また天皇崇拝の世論工作が行われた。そのための忍術や各種武術(剣道・柔道)もここから始まる。
このように有史以来の日本の歴史は、朝鮮からの侵略部族により、 原住民である縄文→弥生人が支配されてきた歴史でもある。縄文人の末裔は、従順で反抗することも少なく、プロパガンダを疑うこともなく、天皇制を崇めてきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8月12日のなんでや劇場の主な内容は以上です。
みなさんは、この縄文人・弥生人+支配部族(侵略部族)である日本人の起源に何を読み取りますか?
ぼくはまずは、現在のアメリカ支配とも二重写しになった。アメリカの支配勢力と日本の支配勢力が結託して、アメリカ→官邸→マスコミのプロパガンダを作り、世論操作して、アメリカに庶民の貯蓄の塊である郵政を差し出した。しかし日本の庶民は、気にしている人は少ない。支配機構は今も生きている。
その一方で、朝鮮半島からの侵略部族が数次にわたって渡来してきたが、いずれ縄文・弥生の言葉(→日本語)を話すようになり、日本に同化していったのもまた事実です。朝鮮では分かれて合い争っていた部族が日本に来たら、大連合(=大和朝廷)を組んだのが象徴的だ。
日本人が真に本源的なら、様々な問題を生み出しているものは何か?その事実構造や歴史構造はどうなっているのか?に遡って考え・追求し始めるだろう。現に、考えはじめている人は年々多くなってきており、ここ1年ぐらいで急増し始めている!
そして次の段階で、皆で根本的な解決策を話合いはじめるだろう。そして最終的には支配勢力や外人や敵対勢力さえも巻き込んで突破口を探るのではないか?相手を騙さない縄文人→日本人にしかできないことだと思う。・・・・鍵は庶民が動くかどうかにかかっている。
金貸し(ロックフェラーvsロスチャイルド)の最終闘争後の経済破局etc、その時、日本人が動くかどうか?それは、ここ1~2年の動きにかかっているのではないだろうか?決して予断は許さないが、可能性は十分あると考えている。
(by Hiroshi)

List    投稿者 ihiro | 2008-08-17 | Posted in 14.その他8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/08/801.html/trackback


コメント8件

 さいゆー | 2008.11.13 19:30

「誰が大統領になろうと変わらない」
と言われた肝心の米国側は日本をどう見るのでしょう?米国内で変革を求めて当選した大統領やその選挙を「変わらない=誰でも良い」と評価することなど恐らく理解不能であると思います。
むしろこれまでの米従路線に対して同じく「変革」すると米従→独自路線を表明することになるので、「変わらない」と表明するしかないのだと侮られるだけではなかろうかと思います。
戦略無き追従ですね。

 tennsi21 | 2008.11.13 19:49

《オバマ次期大統領、14日からのG20金融サミットを欠席へ》 日本は1000億ドルも拠金するのに、米マスコミは日本を無視
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成20年(2008年)11月13日より
オバマ次期大統領、14日からのG20金融サミットを欠席へ
日本は1000億ドルも拠金するのに、米マスコミは日本を無視。NYタイムズを開いて驚く一行がある。「重要国リーダーが金曜日、ワシントンに一堂に会する金融サミットにオバマ次期大統領は欠席の予定である。(米国をのぞく)19の国々には英・仏・独、ロシアそして中国が含まれる」。。。
 え、日本の名前がない。IMF増資に1000億ドルも拠金しようとする最重要な国名が、NYタイムズ記者の頭にはインプットされていないのだ!
 さてオバマ次期大統領はワシントンサミットに欠席し、シカゴにとどまるか、ワシントンの会場から離れた場所に移動し、メドべージェフ(ロシア大統領)とだけは会談するらしい。各国指導者と別個の会談も避けたい方針という。
 
《毎日新聞 2008年11月13日 東京夕刊より》
民主党のクリントン政権時代に国務長官を務めたオルブライト氏とリーチ元共和党下院議員を派遣すると発表した。2人は外交問題に精通しており、「超党派」の組み合わせで、各国代表団と協議する。
《これらをどうみるか》
世界金融危機はブッシュ政権下で起きたことであり、その処理のための国際会議にオバマがでて、次期政権を拘束するようなコースに嵌りたくない。
そういう見方もあるが、それよりもアメリカ主導の経済対策という今までのやりかたから、全世界の話しあいという形に移行しつつあるのではないか。
まさかアメリカはこれ以上どうしたらいいかわからないというのではないだろうな。 

 kota | 2008.11.13 20:29

>国民が求めているものは、「誰が大統領になろうと変わらない」と言う米との良好関係をアピールするものではない。オバマと米国を正しく理解し、米国支配が終焉する事実認識を持ったうえでの真の可能性ある政策を望んでいるのではないだろうか。
まったくその通りだと思います。
にもかかわらず、思考停止→対米従属一色の政府に対し、明らかに国民の失望感は高まったおり、その結果、読売新聞社と早稲田大学が共同実施した全国世論調査によれば、「これまでの自民党に満足している」という人は20%に過ぎず、「満足していない」は78%、民主党に対しても「満足している」は17%、「満足していない」は79%と、全く信頼されていません。
・・・それにしても、これほどの激動期にも係わらず、ここまで何も考えないのは何でなのか?こうしたメンタリティはどのようにして形成されたのか?・・・この辺りについて追求してみたいと思いました。

 米流時評 | 2008.11.15 6:35

オバマの初仕事・ホワイトハウスの組閣人事

   ||| オバマ新政権の組閣人事予測 |||
オバマの初仕事:超党派を推進する、オバマ新政権ホワイトハウスの組閣人事予測
米国時間で13日…

 ななし | 2008.11.15 21:32

コメントを入力してください
戦後、米国の承認無しで総理になったのは田中角栄ただ1人と言われています。
それゆえ彼にはCIAからの資金提供が無かった。
そんな彼だからこそ日本独自の国益追求を出来たのだと思います。
原油ルートの独自開発や日中国交正常化がそれです。
日本列島改造論における均衡ある国土の発展もそうでしょう。
だから米国の逆鱗に触れてあのような形で追い落とされたのだと今になって思います。
その後は皆さんご存知の通り対米従属派の政治家しか総理にはなれなくなりました。
メディアが言うような金権漁りだけの政治家じゃあ無かったんですね。
今になってそれが良く分かりました。
今の日本に必要なのは彼のような政治家であると私は確信しております。

 米流時評 | 2008.11.16 23:49

速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック

 ||| ソマリアの海賊、日本の貨物船を襲撃 |||
ソマリア沖のインド洋海域で海賊が日本の貨物船をハイジャック
韓国外務省消息筋情報:乗組員の安…

 中年 | 2008.11.18 21:27

tennsi21 さんの驚きに関して
>日本は1000億ドルも拠金するのに、米マスコミは日本を無視。・・・IMF増資に1000億ドルも拠金しようとする最重要な国名が、NYタイムズ記者の頭にはインプットされていないのだ!
これと同じ事が、中東戦争の時におこりましたね。日本が最も多く戦費を出したにもかかわらず、どこからも評価されず、その結果血を流さず、金で解決した国と言われ。その反省?からイラク戦争では、日本は「自衛隊が出動しないとアメリカから評価されない」と金と人まで提供した。そしてイラク戦争は評価されるどころか、戦争は誤りであったとの総括。これでは、日本人の立つ瀬がまったくありません。
そしていま、アフガン支援問題
い加減日本の政治家は、アメリカの下僕からの脱出ができないのか怒りを覚えますね。

 舘ひろし | 2017.03.30 16:08

なるほど、ではまず日本でやるべきは天皇制廃止と藤原とかの財閥解体ですね。
この百済勢力というのは朝鮮勢力というか、「秦」がルーツにある中国人ですよ。私が調べたところ、中華の古代春秋時代に「秦」って国と「韓」って国があってどっちも滅んだじゃないですか?その末裔が今の朝鮮半島に来て国を作った。それが秦韓ですよ。で、それぞれ、百済と新羅とかに分かれて日本にきたみたいですよ。で、天皇になったのが「秦」のほうみたいです。秦氏ってのがその典型。その末裔が今の鹿児島の島津家のことです。

Comment



Comment


*