2008年05月25日

日本は海底資源大国

近年日本周辺の海底は、世界でも有数な海底資源に恵まれた海域であることが分かってきた。特にメタンハイドレード、熱水性鉱床、コバルトリッチクラストは世界でもトップクラスの資源量らしい。
熱水性鉱床やコバルトリッチクラストは聞きなれない言葉ですが、前者はガリウム、インジウム、バリウムなどの多種類のレアメタルを、後者はコバルト、ニッケル、マンガン、プラチナなどのレアメタルを含有している。(参照 レアメタル資源の現状と将来
■日本周辺の海底資源海底資源開発で世界をリードしようより
150_1.jpg
日本列島の200海里排他的経済水域(実線)と海底資源分布域
(コバルトリッチクラストは分布域内の海山斜面に分布する)。

にほんブログ村 政治ブログへ

日本は自国のEEZと大陸棚延伸可能域内にすべての種類の海底資源を有し、中でも、メタンハイドレート、熱水性鉱床、コバルトリッチクラストに関しては、世界のトップクラスの賦存量※1を持つと推定される(図参照)。海底石油資源に関しては、残念ながらかなり乏しいが、天然ガス資源は、東シナ海大陸棚をはじめ日本周辺の大陸棚に商業生産可能な賦存量が知られ、ある程度は恵まれている。CO2排出量が石油より少ない天然ガスは、地球温暖化対策に合致した重要資源であり、多量でなくとも自国EEZ内で海底天然ガスの開発生産が行えることは、資源自主開発技術の維持にとって重要である。
※1 賦存量=存在する資源量を理論的に算出した値で、利活用のための制約条件を考慮しない値。

活動的大陸縁辺域では、海側のプレートが陸側のプレートに衝突しその下にもぐりこむことによって、活発な地殻変動、火山活動を陸側のプレートにもたらす。メタンハイドレート、熱水性鉱床は、このようなプレートの相互作用の結果、日本周辺海域に形成されたものである。メタンハイドレートは西南日本沖の南海トラフが世界有数の富鉱帯として知られている。南海トラフは、プレート運動によって東海地震を引き起こすと懸念されているが、そのプレート運動によって、プレート上にたまった有機物に富んだ堆積物が次々と陸側斜面に集積し、有機物から発生したメタンガスがメタンハイドレート層を南海トラフ斜面域全域に形成している。メタンハイドレート層は、海底下300m前後の温度圧力条件下でCO2とメタンガスが合体してシャーベット状に固結して層をなし、さらにその下にメタンガスをトラップしたものである。石油、天然ガスと異なって井戸を掘っても自噴しないので、斬新な採掘技術の開発が必要とされている。

熱水性鉱床は、正確には、熱水性金属硫化物鉱床といい、海底火山活動にともない形成される。海水が地殻中の断層にそって流入、地殻内を活発に循環し、数百度の熱水となって火山岩中の各種金属成分を溶かし込み、海底への噴出口周辺に多量の金属硫化物を堆積させ鉱床を形成するものである。日本のEEZ内には、沖縄トラフと硫黄島海嶺の火山列島に世界最大級の熱水性鉱床が複数発見されている。佐渡金山をはじめ、すでに閉山した日本の陸上の金属鉱山の多くは、過去の地質時代に同様のプロセスで形成されたものである。

コバルトリッチクラストは、深海の海山中腹部の山麓に数千万年という時を経て海水から沈積し、コバルト、銅、白金などの有用鉱物を含む厚さ10cm~20cmの固結した堆積物である。日本の小笠原諸島東方および南鳥島周辺の太平洋の海底は約1億5千万年前に形成され、地球上で最も古い大洋底であると同時に地球上最大の海山密集帯となっている。これらの海山は、約1億5千万年前にはるか南東太平洋で起こった激しいマントル活動によって生じた無数の海底火山が、太平洋のプレートに乗ってコバルトリッチクラストを沈積させながら日本近海に移動してきたものである。このような大規模な火山活動は数億年に一度しか起こらないので、日本のコバルトリッチクラスト資源は、まさに神の恵みと言うことができる。日本は、西太平洋の諸島を領有する米国と並んで、コバルトリッチクラストの賦存量は世界のトップクラスにあると推定される。

(引用以上)
日本は資源が少ない、殆どない国とずっと教わってきましたが、実は世界有数の海底資源を持つ国だった。今のところ採掘技術が伴わなくて利用できませんが、採掘可能になるのも時間の問題だと思う。
そうなれば、わざわざ中東から石油を船で運んできたり、そのシーレーン防衛のためにアメリカに頼ったりする必要も少なくなるだろう。
また近年資源が高騰して、各国の資源ナショナリズムに火がつき、レアメタルの輸入もままならない状況になっている。このような点でも非常に展望のある発見だと思う。(もちろん無駄に浪費せず、環境にもダメージを与えないように採掘する必要がありますが。)
(by Hiroshi)

List    投稿者 ihiro | 2008-05-25 | Posted in 14.その他1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2008/05/716.html/trackback


コメント1件

 hermes poland | 2014.02.02 16:18

hermes bags 2014 日本を守るのに右も左もない | 金貸し勢力は政治的安定を望んだ時期もあった。

Comment



Comment


*