2011年11月29日

カタカムナに学ぶ~宇宙空間に充満している目に見えないアマ始元量(アメ)が「場」の本体~

katakamuna-1.gif
カタカムナ「ヒフミヨイのウタヒ48図象」(下の銀河系の図と比較して下さい)  
画像はこちらこちらからお借りしました。
「カタカムナに学ぶ」シリーズとして、カタカムナ人の思念、原始人類が観じ取った宇宙の理(コトワリ)は、どのようなものだったのか、相似象学会誌『相似象』五号(1973年3月 シーエムシー技術開発㈱発行)を元に、紹介してきました。
「形あるモノは全て、有限宇宙アマの外側に拡がる目には見えない潜象世界カムの分身である」
「適応欠乏というイノチを万象に宿す道=アラカミチ」
「素粒子も個体もみんな同じ、アマとカム(みんな)の分身」
「異性親和の相事象から双極的世界(分化と統合の原理)が生れる」
「現代科学の『元素不変』、あるいは『生物は生物からしか生まれない』という定説は本当なのか?」
「完全なる適応態など存在せず、全ての適応態は無限に進化してゆく理由」
その要点は、宇宙の万象は、有限宇宙球アマとそれを取り巻く無限の潜象界カムの対向の相似象であることですが、楢崎皐月氏は第一章「カムナガラノミチ」のまとめとして、次のように述べています。

宇宙の万物万象に、相似の象(カカミハラ-ヒトツカタ)のあることを直観し、そのような現象が表はれるのは、天然自然(アマカム)の成り立ちに、物性としての原型がある故であると洞察したことが、カタカムナのサトリの根拠となっている。
<カカミハラ>とは、鏡にうつる実像と虚像の如く、宇宙の万物万象のカタチは、そのカミ(起源)の天然(アマ-カムの原象)の成立ちをうつして、刻々に、正反(ハ)にあらはれる(ラ)ものである故に、万物万象はすべて相似象であるという意味の上古代語である。
<ヒトツカタ>も同様に、万物万象の個々(ツ)は、ヒ卜しく天然(アマ-カム)の始元(ヒ)からアマウツシされて(ト)、分離生成(タ)したもの(ツ)である故にも ヒトツのカタ(相似象)をもつという思念の造語である。
なお、日本語の起源は、この上古代人の直観物理を援用して、則ち、天然の相似象として、創造されたものである事も、カタカムナのウタヒに表明されている。

これから、宇宙の万象がどのような仕組みで、相似象を成すのか?どういう原理が働いているのか?
その中身を相似象学会誌『相似象』五号(1973年3月 シーエムシー技術開発㈱発行)を元に、紹介していきます。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ


第二章 カムナ カネミチ(カムナ-アマナのサトリ)
第九句
カムナガラ  タカマナカハラ
アマツマリ  アマネマゴコロ
アマイノチ  イツツウケツグ
ココロワケ  カムナカネミチ
アマアマナ

第一章では、カムナミチ、即ち、アマに対するカムの支配を示す原則が示されて居たが、第二章は、<カムナ カネミチ>が対象である。即ち、アマ界に於るアマの支配は、具体的には<アマナ>を通して、<カムナ>が、兼ね支配するミチである、といふ直観が示されて居る。
<アマネ マゴコロ アマイノチ>とは、「アマツマリは、あまねく、アマの根(ネ)の、アマノココロと、アマノイノチをもって居る」の意、「アマイノチ」といふ言葉の基底思念は、「アマの微分(イ)の持続(チ)」である。
即ち、イノチとは、<カム>のチカラが<アマ>のイキイブキとなり、さまぎまなイキホヒとなって、アマ始元量から変遷した小粒子(マココロ)に重合して居る状態の、持続を意味する言葉であった。
「マココロ」とは、「アマのココロ」即ち、アマから分れた小さな粒子であり、そして、アマの心(機能)を配分するもの、といふ思念の言葉であった。
真心とか誠意とかいふ後代人のムードが出てくる根源は、それがアマから分けられ、アマの心に通ふものだ、といふ日本語のもつ無意識の心情からであろう。
<イツツ ウケツグ>
「イツツ」とは、「微分された粒子(イ)の個個(ツツ)」といふ思念である。「ツツ」といふのは、ヒトツ フタツ ミツヨツと、個個(ツツ)に分けてゆく進行形も意味する。(又、イが「五」の意になるのは、その実質がイカツミ マクミ カラミ トキ トコロの五素量をさす故である)
<イツツ ウケツグ ココロワケ>とは、アマ始元量は、微分のアメによって成り立ち、宇宙は、極微に指向する個々粒子(アマツマリ)の集合によって構成されて居り、それは、アマの微分性の性質を受けついで居るといふ意味である。
<ココロワケ>とは、アマ始元量によって成り立つ万象に、アマの心が分けられて、もろもろの機能が分化してゆく、といふ直観を表明した歌詞である。
この句の概要の意味は、『カタチは見えぬものであるけれども(カムナガラ)、宇宙の内域は、アマの個々のマリ(アマツマリ)によって成り立ち、そのマリは、アマのココロと、アマのイノチをあまねくうつしもって居る。そのアマツマリの変遷したミシロ(電子や原子等)によって構成される宇宙の諸々の物質は、アマの微分性をうけついで分化し、分化に則応してアマの機能が分けられて居る。それは、アマの分身のアマナの支配によるものであり、そのアマナは、カムから分けられたカムナが、兼ね支配して居るのである。』
この示しは、タカマ(宇宙球)の微分系に、「アマナ」が潜在し、アマナは、「カムナ」が兼ね支配する、といふ関連を洞察したサトリが基になって居る。
即ち、アマ始元量は、無限界の<カム>から発生してタカマを構成し、宇宙は<カム>の支配をうけて存在して居る。その関連は、アマから分化した極微の粒子(電子やプラズマ等々)から諸天体に至るまで履歴(遺伝)され、本来性として、万象にうけつがれて居る。それは、直接には<アマナ>が、万象の核的存在としてココロ(微粒子)の中に潜在し(例へば原子核のように)、物質の質量(オモダル)を決定する結合力となり(重い原子はアマナ量が多い)、又、アマのイノチをうけわたして、アマの機能(ココロ)の配分(ココロワケ)を果して居るからであるといふ直観を示すものである。
心(ココロ)とは、現代語の「心」の概念に一部近似するところがある。「心」といふ心臓の象形による漢字が入ってくる前に、「ココロ」といふ言葉をつくり出して居たカタカムナ人の心情を考へてみると、「コ」とはココノツ(九)や、くり返へしの思念から、コマカイ(小)コロ(粒子)等の意が出る。ココロとは直訳すれば「小粒子」の意であって、シナ人や西欧人のような心臓の意味はなかった。「心臓にココロが宿る」といふ発想の視点には、既に「人間」の側に重みのかかった、人間中心の思想のクサミが感じられる。
その点、カタカムナの上古代人のとらへ方は異なる。アマから分れた「ココロ」が、さまざまに変遷しながらアマのイノチの機能を配分して伝へてゆくスガタを、彼らはココロワケとよんで居る。マゴコロといふ言葉も「アマのココロ」の意であり、人間の側の真心や誠意の「発生源」を示す意味であった。

カタカムナ人の発想に沿って、ココロとイノチの関係を整理すると、およそ次のようになるであらう。
【1】現象界の背後の<カム>は、人間の目にはみる事はできぬ潜態であり<アオ>とよばれる。(「オ」といふ音は「六方に拡がる」思念であり、<アオ>といへばアマのオクの方に、無限遠にひろがる潜態を意味するヒピキがある。)
【2】現象界には、アキラカに見える状態<アカ>と、ハッキリと見ないアヤシイ状態<アヤ>がある。(確定性と不確定性)
【3】見えないといふものにも二種あって、大きすぎる為にみえないのは、例へばアマタマ(宇宙球)のような場合であり、又、電子や原子以下の小さすぎるものや速度の早すぎるものは、人間の観測にはかからない。
しかし、その他に、現象界にありながら、潜態のままに移されて、ひそんで居る為に、人間の目には見えないものがある。(アマナ、トキトヨロのマリ等)
【4】アマ始元量が潜態のまま、微分されて居るものは<アメ>とよばれ、宇宙空間に遍満して居る。
【5】アメが集合してマリとなったものがアマの微粒子(ココロ)であり、万象を構成する要素、則ち、「ミのシロ」に変遷する。それはウキフ(中性子陽子等の核子に当る)、ハコクニ(原子に当る)、サヌキアワ(正反電子に当る)、ヒカリカカリミ(光量子に当る)等とよばれる。又、アマから直接に、とび出してくる超光速の微粒子もある。「ココロとは、アマの微粒子の総称」である。
【6】アメが「集合マリ」になり、ココロ(微粒子)のカタチを保ってミのシロに変遷してゆくのは、ココロの中心部に、「アメの潜態のまま凝集して濃密になったもの(アマナ)」が、核的存在として、その粒子の結合力となって居るからである。
【7】ココロ(アマ)の微粒子が現象界に於て、ありとあらゆる万象に変遷してゆくのは、ココロに、無形のカムのチカラが重合して居るからである。イノチとは、現象界の背後のカムのチカラが、イ(アマの微粒子)によって持続(チ)される状態である。
言ひかへれば、カムのチカラは、現象界(アマ宇宙球)に於て、さまざまのエネルギー(イキイブキ イキホヒ)や機能(ハタラキ)に変遷する。それが一般に「生命」とよばれる現象であり、「イノチ」の要素はアマのココロの五素量である。
【8】このように、アマのココロ(微粒子)にアマのイノチ(カムのチカラ)が重合して、万象を成り立たせて居るのは、<アマナ>の力に由るのである。
<アマナ>は、アマ始元量(アメ)が潜態のまま凝集して、濃密になった「ミ」で、目に見る事はできぬが、すべての物質を構成する微粒子(原子や電子等・・・)の内に潜在し(原子核のように)、その物質の質量をきめる結合力となり、(重いものは、アマナ量、則ちアメの凝集量が多い)、それぞれのココロを代謝し、保全し、刻々にアマのイブキやハタラキ、則ち、アマのイノチを移し伝へる役を果して居る。
【9】その、<アマナ>のチカラは、<アマ>を生む<カム>に原動力があり、根源的には<カムナ>が兼ね支配して居るのである。
【10】要するに、<イノチ>も<ココロ>も、もとはと言へば、いづれも<カム>のチカラから発生したものであり、万象は、こののカムとアマの対向(ムカヒ)によって成り立つのである。<カム>の力は、アマ界に於て、結球性と分化性、粒子と波動、膨脹と収縮、引力と斥力等の正反性や、物質とエネルギーの変換、等の現象として万象にあらはれる。これらの矛盾する逆性は、「正反対向」「互換重合」の本来性を受けつぎ、重畳し、拮抗し、平衡し、又変換しうるのである。

次に<ココロワケ>について附言する。
細胞の発生や機能の分化のシステムに関するカタカムナ人の考へ方は、現代科学の細胞分裂、遺伝子、設計図・・・といふような、人間的な思考では無く、刻々の環境条件に応じて、<イマ><イマ>に、新しい「ココロ」が、発生、消滅をつゞける、といふ直観である。則ち、刻々に新生する「ココロ」によってそれぞれの器官が新陳代謝され(ミシロウケ)、それぞれの分化した機能が配分される(ココロワケ)。
そして、それらの発生、消滅、機能配分、及び、それらコントロールするイトナミは、すべて、<アマナ-カムナ>の共役(カネミチ)による、と観じたのである。
たとえば、桜の花が、どれ程たくさん咲いて居ても、全く同じものは一つも無く、人間の器官にしても、一概に胃とか腸とかいっても、人によって微妙に異なり、且、同一人で、時と場合に応じて違ってくる。しかも、桜はあくまで桜、人間も亦、その個性を、死ぬまで保ちつゞける(ソコチクネ)。この複雑な事情に関しても、カタカムナの直観物理は、この、<イマタチ>のサトリによって、その「本質」を、見事に解明して居るのである。

3549638.jpg
画像はこちらからお借りしました。
0ff32cfc-thumbnail2.jpg
こちらからお借りしました。
有限宇宙球であるアマの周りに、潜象世界カムが無限に拡がっている。
アマ始元量が潜態のまま微分された(細かく分かれた)のがアメであり、このアメが宇宙空間に充満している。
アメは潜象のものなので、人間の目には見えないが、だからと言って、真空を何もない空間として考えるのは大きな間違いである。
この宇宙空間に充満しているアメこそ、現代物理学で言う「場」の本体ではないだろうか。
アマが微分されたアメが集合して粒子化したのがマリ、つまり電子や陽子・中性子といった粒子(量子)であるが、ここで、アマ始元量→アメは螺旋運動(マワリテメクル)をしている。宇宙空間(宇宙球)の中では、アマ始元量→アメの渦巻きが絶えず揺れ動いているということであり、このアメの渦巻きが凝集したものが粒子化すると考えられる。
それは上図のような銀河系宇宙の渦巻きと相似象である。
そして、アメの渦巻きの回転半径が極限まで小さくなり、収縮(凝集)すれば粒子になり(と人間には観測される)、回転半径が大きくなり膨張(拡散)すれば波動になる(と人間には観測される)。
量子(電子や光子)が粒子性と波動性の二重性を持つというのは、これだけのことではないだろうか。
真空を何もない空間と考える現代物理学では量子の二重性の理由は解明できないが、宇宙空間には目には見えないアメが充満しているというカタカムナの認識からすれば、至極当然のことになる。
例えば、現代物理学では原子核の周りを回る電子の位置は確率的にしか観測できないとしているが、その理由も明らかである。
渦巻き運動するアメは収縮(粒子化)と膨張(波動化)を瞬間瞬間で繰り返している。つまり、人間の目から見れば発生(収縮→粒子化)したり消滅(膨張→波動化)したりしているわけだから、その位置を特定することはできず、人間には確率的にしか捉えられないのである。
%E9%9B%BB%E5%AD%90%E9%9B%B2.bmp
画像はこちらからお借りしました。
また、電流が流れるとその周囲に磁力が働く場(磁場)ができる理由も、次のように説明できる。
(電流が流れると電流の方向に右ねじを進めるために、ねじをまわす向きと一致するので、右ねじの法則と呼ばれる。)
fg2_2_16.gif imagesCA85VQGL.jpg
画像はこちらこちらからお借りしました。
「素粒子も個体もみんな同じ、アマとカム(みんな)の分身」で、電流が流れるのは電線上を永久不滅(不変)の電子がそのまま移動するという物理学の常識は間違っていることを紹介した。
電子は、電磁波速度で刻々と発生し、刻々と消滅する、統計的な存在であり、丁度、極めて早い電光ニュースをみるようなもの(一個一個の電球は点滅するだけであるが、人間の目には、それが流動するスガタとしてうつる)である。
ここで、電子の発生とはアメの渦巻き運動が収縮し粒子化することであり、消滅とは膨張し波動化することである。電流とは、電子の粒子化と波動化が電磁波速度で刻々と連続している状態である。
とすれば、電流が流れる時に発生する磁気(磁力)とは、実は、アメの凝集態(収縮態)である電子が膨張過程に入り波動化したものだと考えられる。だから、磁気は電流方向に右回りで(螺旋)回転するのである。
逆に言うと、磁気(磁力)が収縮し粒子化したものが電子ということになる。
つまり、電子と磁気は、アマが微分されたアメの渦巻き運動の位相の違いであり、磁力とは電子が、電子とは磁力が姿を変えたものなのである。
そして、アメやマリの渦巻き運動の中心核となっているのが、同じくアマ始原量が微分されたアメが集合・凝集したアマナ(アマの分身・名代)である。アマナも潜態であり人間の目には見えないが、それが電子をはじめとする微粒子(量子)の結合力となっている。
ということは、このアマの名代であるアマナを中心核として、アメが渦巻き運動することで、電子をはじめとする量子(マリ)が形成されると考えてよいだろう。
また、質量もアマナの量によって決定される。中心核であるアマナ量、つまりアメの凝集量が多いほどその粒子の質量は多くなるとのことである。
アマナと質量については次回検討するが、電気力(電子)も磁力も質量や重力も、アマ始原量が微分されたアメが位相(姿)を変えたものだということになる。
このように、「宇宙空間に充満している目に見えないアマ始元量(アメ)が「場」の本体であるというカタカムナの認識に立脚すれば、現代物理学の諸問題は解決するのではないだろうか。
るいネット
メルマガ

List    投稿者 staff | 2011-11-29 | Posted in 13.認識論・科学論13 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/11/2150.html/trackback


コメント13件

 バーバリーブラックレーベル シャツ | 2013.12.02 10:52

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 True Religion Jeans Outlet | 2014.03.13 2:07

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 victoria secret uk | 2014.03.28 10:41

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 kate spade outlet | 2014.03.28 12:21

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 abercrombie paris | 2014.03.28 13:03

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 victoria secrets uk | 2014.03.28 13:12

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 barbour factory shop | 2014.03.28 15:55

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 cheap ray ban sunglasses | 2014.03.28 18:33

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 vans shoes sale | 2014.03.28 20:39

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 victoria secret uk | 2014.03.28 20:58

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 karen millen uk | 2014.03.29 0:33

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 cheap ray bans | 2014.03.29 2:30

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

 discount oakley sunglasses | 2014.03.29 2:33

日本を守るのに右も左もない | 葛城の正体 三国志の呉or秦代の徐福が伊豆を拠点に、関東・中部東海~近畿~出雲を支配

Comment



Comment


*