2012年03月06日

魔術から近代科学へ1 ギリシア自然哲学も近代科学も、略奪集団による自然支配のパラダイムにある

08031.jpg 07286.jpg 07644.jpg
「近代科学の史的総括1、2」では、
【1】市場拡大とともに自我肥大し、自然を支配(破壊)してきたのが近代科学であること、
【2】金貸し主導の戦争→国家プロジェクトの手先となった科学者たちはアホ化していったことを明らかにしました。
「近代科学の成立過程シリーズ」では、
【1】科学は近世、重火器という新しい戦争と市場拡大の二大圧力(兵器需要と貨幣需要)を受けて発達していったこと。
【2】市場拡大を目論む金貸し勢力が、私権拡大を封鎖するキリスト教の教会から観念支配権を奪うために、大学(学者)を支配し、私権拡大→市場拡大に都合の良い観念を作り上げていった。
【3】大航海を契機に万人に私権の拡大可能性が開かれると、国家も科学者も技術者(職人)もそこに全面的に収束した。金貸し勢力が支配する国家が科学技術者を丸抱えして組織化するようになり、それに成功したイギリスが世界の覇権を握ったことを明らかにしました。
しかし、未だ未検討の問題として、近代科学が成立したもう一つの背景「自然魔術による自然支配観念の萌芽」が残っています。
ここまでは、主に近世ルネサンス以降の科学史を解明してきましたが、今後は主に古代・中世から近世に至る科学史の解明に入ります。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 政治ブログへ


山本義隆著『磁力と重力の発見』(みすず書房刊)「序文」の要約。

近代物理学がいかにして近代ヨーロッパに生れたのか?
ヨーロッパにおける近代自然科学の形成をめぐって、プラトン主義の復興に求める見解や、中世末期から近代初頭に発展した技術的実践に触発されたものであるという立場から、ルネサンス期の魔術思想から登場したという主張まで、広く論じられてきた。
特に魔術が近代科学の成立に果たした役割について、肯定・否定含めて多くの所説がある。しかし、それらは当時の科学者や哲学者や魔術師たちの自然認識の方法や論理についての一般論であり、議論を一段階深化させるためには、近代自然科学の成立にとってキーとなる概念に議論を収斂させ、その概念形成をめぐり具体的に論ずることが必要とされる。
物理学のキー概念は力、なかんづく万有引力であろう。
実際、天動説から地動説への転換が近代の宇宙像を特徴づけるものではあれ、物理学的な観点からすれば、太陽系の正しい理解は、ただ単に太陽を中心に置くことによってではなく、万有引力を導入し、その力で太陽が全ての惑星をその軌道に繋ぎとめていると考えることによってはじめて可能になった。17世紀の段階では、遠隔作用の発見が西洋科学の基石の一つとなったのである。
物理学の歴史は、古代ギリシアの原子論が充実した物質としての原子と空虚な空間を見出し、17世紀に空間を隔てて働く万有引力にゆきつき、19世紀に場が発見されて力は場に還元され、20世紀の量子の発見を経て今日の姿をとるに至ったとまとめられる。
近代物理学の出発点は遠隔力としての万有引力の発見にあり、17・18世紀の時点で遠隔力概念の果たした歴史的意義は決定的である。
コペルニクスに始まる宇宙像の変革は、ケプラーが磁力との連想から太陽が惑星に及ぼす力という観念を予感し、ケプラーの惑星運動の法則からニュートンが万有引力を導き出したことによって、新しい宇宙像の可能根拠が与えられ、近代物理学が始まったのである。このように万有引力はニュートンの世界の体系の要なのである。
物質や運動は古代から知られていたが、それだけでは物理学は生れなかった。機械論的な物質観の確立と力学原理の定礎はデカルトやガリレイに多くを負っているが、力概念を欠落させているために、いずれもケプラーの発見の意義を理解できなかった。ケプラーとフックとニュートンが力概念を持ち込んではじめて、太陽系は動力学の対象となり、ケプラーの法則はその真の意味を見出したのである。
このように近代物理学は力の概念を獲得したことによって、勝利の進軍の第一歩を踏み出したのである。
従って、追跡すべきはまずもって力概念の形成と発展である。

ある物が離れた所にある別の物に作用するには、その間に何らかの物質的介在物がなければならないというのは、古代以来、近代に至るまで、ほとんどアプリオリに認められていた。
ニュートンが天体間に働く重力を力学と天文学に導入して世界の体系を解き明かした時、厳しい批判が、旧守派のアリストテレス主義者だけでなく、新しい科学の提唱者であるデカルトの受け売り論者やライプニッツから浴びせられた。ガリレイが潮汐に対する月の影響という事実を認めようとしなかったのも同じ理由である。天体間の重力は魔術的・占星術的思考には馴染みよいものだったが、当時の新しい科学のリーダーにも、旧来の科学のリーダーにも認め難いものであった、。
ところが、遠隔作用はありえないという古代以来の実感に反していたのが、磁力である。磁力は既に古代に、直接的な接触なしの遠隔力の唯一の例であった。遠く離れた天体が地上に及ぼす不可視の作用は、直截に磁力を連想させるものであった。遠隔作用は専ら磁力によって表象されていた。
しかし、磁石は接触なしに働くがゆえに、不思議なもの・謎めいたもの・神秘的なものとして、古来、ときに生命的なもの乃至霊魂的なものと見なされ、魔術的なものとさえ思念されてきた。
「哲学者たちは、わけがわからなくなり議論にゆきづまると、きまって磁石や琥珀を持ち出し、理屈っぽい神学者もまた人智を超える神の秘密を磁石や琥珀によって説明しようとしてきた」と、ギルバートは1600年に語っている。このように磁力は近代になっても説明不可能の代名詞であり、現代人でも教育による刷り込みがなければ、接触作用でない力は今でもやはり不可解なのである。
例えばアインシュタインは幼児期の記憶を次のように語っている。
「羅針盤の針が必ず一定の振る舞いをするということは、私が無意識に作り上げていた概念世界、すなわち、接触に結びついている作用に属しているどの現象にも似ていなかった」

かくして磁石は、古代以来、ときには宗教的祭儀に供され魔術の小道具に使用され、医療の効用ばかりか魔除けのような超自然的な能力までが仮託されてきた。
古代ギリシアでは、磁力をめぐっては、一方に不可視の粒子や不可秤の流体に依拠した機械論的で還元主義的な近接作用論が提唱され、他方では、磁力を説明不可能な生命的で霊魂的な働きと見る物活論的な解釈が唱えられた。
しかし中世になると、還元主義はほぼ見失われ、後者の立場が圧倒的に支配的になる。しかも後者の立場には、自然を「隠れた力」とか「共感と反感」と称される遠隔作用のネットワークによって有機的に結合した統一体と見なす自然観が投影されることになる。実際、磁力は「隠れた力」の典型であり、そのほとんど唯一の現実的な例であった。この有機体的自然観こそが、ルネサンスの魔術思想の根拠であった。
のみならず磁力は自ら北を指し、また鉄針を磁化して北に向けさせるという特異な能力をもつために、磁石のその指北性が発見された当初、磁石は北極星ないし天の極から引かれ、天からその力を授かっていると考えられ、それゆえ天と地の交換を直接体現し、天体の地上物体への占星術的影響を立証しているものとさえ見られていた。
他方で、磁石・磁針の指北性の航海への利用は、地球磁場の発見をもたらし、やがて不活性な土塊というそれまでの地球像を超える新しい能動的な地球像を産み出すに至る。
1600年に地球が巨大な磁石であることを発見したギルバートも、地球を霊魂をもつ生命的な存在と見なし、そのことをもって当時地動説に求められていた地球の活動性を保証したのである。
そのギルバートの影響を受けてケプラーが天体間の重力を構想したのも、遠隔作用としての霊魂的な、魔術的・占星術的な磁力からの連想によるものであった。天体間に働く重力という表象を獲得する際に磁力からの連想が果たした役割は、当時絶大なるものであった。
だとすれば、近代科学成立以前の磁石をめぐる魔術的な言説や実践を無視しては、力概念(万有引力概念)の形成と獲得は、ケプラーやニュートンの天才の閃きということでしか説明がつかないことになり、ひいては近代物理学の出現も理解できなくなる。

本書は近代科学の成立の謎を探るという問題意識のもとに、古代~近代初頭に至るまでのヨーロッパにおける力概念の発展、なかんづく磁力と重力の発見過程を歴史的に追跡したものである。とくにその過程で魔術と技術がどのような役割を果たしたのかに焦点を当てて論じる。
これまでの多くの自然科学史では、近代科学の諸概念の萌芽をギリシア哲学に求めながら、実際にはその後一挙に千年以上も飛んで、ルネサンスから近代初頭にかけてアリストテレス哲学との格闘を通して、近代の科学が誕生していったという筋書きになっている。
これまでの科学史は、現代の科学から見て意味を持たない、迷信や臆見や伝承や宗教上の言説を「無意味」「反動」の一言で片付けて無視する傾向にあったからである。
磁石はその力を天の物体から得ているという中世のスコラ哲学者トマス・アクィナスの所説がルネサンス期にどのように受け継がれたかはほとんど語られたことはない。ルネサンス期にデッラ・ポルタの『自然魔術』が磁気研究に果たした役割は過小に評価されてきた。中世キリスト教会の教父アウグスティヌスの思想が千年に亙って磁力認識に与えた影響は具体的かつ顕著であるが、それも無視されている。それでは、12世紀に発見されたアリストテレス哲学の衝撃も、ルネサンス期魔術思想の先進性も全て理解できないことになる。
中世、自然に対して宗教的自然観や魔術的自然観といった多様な見方が共存・競合していた時代の歴史を、近代科学のみが正しいものと認定されるようになった現代の尺度で裁断してはならないのである。
これまでの物理学史が見落としていた、あるいは過小に評価していた部分にあえて照明を当てることは、近代科学の成立根拠(出生の秘密)を改めて問い直すことに繋がるのではないだろうか。

o0311041511224298165.jpgGalileo-Galilei-206x300.jpgKepler_6.jpgNewton.jpg
左からコペルニクス像、ガリレオ肖像、ケプラー肖像、ニュートン肖像
画像はこちらこちらこちらこちらからお借りしました。

近代科学の源流の一つに魔術があるということだ。
そして、魔術の源流は守護神信仰にあるらしい。

「アーリア人のミトラ信仰⇒本源共認を喪失した略奪集団を統合するための観念収束」では、次のようにある。

ミトラ神は、古代アーリア民族の信仰した7柱神の中の最高神。ミトラ信仰の起源は、6000年前の中央アジア(現在のカザフスタン)にまで遡れるらしい。それが、原始ミトラ教の形をとるのは、3700年前ころらしい。但し、資料が残っていないので、これは、後世の資料からの推察である。
ミトラ神とは、インド・アーリア人、イラン・アーリア人が分かれる以前の時代にまで遡る古い神格で、その名は本来「契約」を意味する。 また、契約によって結ばれた「盟友」をも意味し、友情・友愛の守護神とされるようになった。
(ミトラ神は)ヴァルナ神とは表裏一体を成す。ミトラ神が契約を祝福し、ヴァルナ神が契約の履行を監視し、背いた者には罰を与えるという。後世のインド神話ではあまり活躍しない。大女神アディティの産んだ十二人の太陽神(アーディティヤ)の一人で、 毎年6月の一カ月間、太陽戦車に乗って天空を駆けるという。『ウィキペディア』「ミトラ」
雨が降ると草木がいっせいに芽生え出る。古代インド人は、これを水の神ヴァルナの天地創造と呼んだ。ヴァルナ崇拝は、雨に代表される自然力をいわゆる共感魔術により分けてもらうことで、自然を支配する力を持とうという発想と結びついている。それゆえ、ヴァルナ崇拝のテーマは、自然に対する人間の優位性の確保である。
ところが、文明が発展し、人間がある程度自然を支配するようになると、人間は自然の上に安定的に君臨するようになった。この結果、自然克服魔術(呪術)の重要性は減り、人間同士の関係、すなわち社会契約(友情)の重要性が高まった。これにともない、ヴァルナの地位は下がり、ミトラが上位の神になった。

そして、中世の魔術は、霊的な存在に人間が命令し、その要求を実現させる自然支配の術となる。
「魔術とは」から引用。

魔術とは何か?
世界の「隠された知識」を得ることによって、一見不可能なことでも可能になるというのが魔術の発想である。
古代エジプトに発するヘルメス学(錬金術、魔術、占星術)の「第一原理」はまさにそれで、魔術は主に世界の「隠された秘密」を知ることであり、神や精霊といった霊的存在の力を利用して(または借りて)通常の人間の常識では成し得ない驚異の力を獲得する方法である。
中世の魔術師は、精霊と呼ばれる霊に自らの要求を実現させる方法を見つけた。この方法によって、魔術師は精霊を呼び出し、精霊とコミュニケーションをとる事により自らの望みが実現可能かどうかが分かる。
この場合大切なことは、精霊に望みをお願いするのではなくあくまでも絶対服従!させるという事。精霊に”いついつまでに、この望みをかなえよ!”と命令すればよいのであり、そこでは強靭な意思が重要!
これは、崇高な神仏への祈願と根本的に異なる。崇高な存在への祈願は人間にとって現実的な効果は少なく、もっと現実的な要求実現の方法がないかという発想であり、その意味で西洋の精霊は人間にとってむしろ神仏より現実的な存在である。
そして、西洋では精霊は悪魔と同類で、とても狡猾で人間のコントロールに従うとは思われなかった。このため、精霊と魔術師の間には虚々実々の駆け引きが行われ、精霊の力が強い場合には実際に魔術師が命を落とすという事もあったようだ。

このように、魔術の源流はアーリア人の守護神信仰に始まる自然支配の術であり、それが中世西洋では、精霊に命令して要求を実現させるという魔術になる。
この守護神信仰→魔術による自然支配のさらに源流は、牧畜=動物を飼い馴らすという自然の摂理に反する行為だろう。
『るいネット』「牧畜によって何が変わったのか?」にあるように、牧畜が登場するまでは人類にとって、自然(動物)は畏敬の対象であり、生命をいただく代わりに感謝の念を捧げていた。ところが、牧畜の登場によってその自然を人間が飼い馴らすというパラダイム転換が起きた。そこでは家畜を制御・統制する必要があるが、それはアメとムチによって家畜を支配することと同義である。
また、去勢をはじめ性を抑制・管理してゆくが、それらは自然の摂理に反する相当残虐な行為である。このような家畜の制御・統制→アメとムチ→去勢という自然の摂理に反する行為を通じて、家畜を管理・支配する部族に残虐性が刻印されていった。
そして、牧畜部族は遊牧⇒交易⇒略奪に転じた。
略奪集団アーリア人の守護神信仰に始まる魔術は、人間が自然を支配する力を獲得するためのものであり、そのパラダイムはそのまま近代科学に引き継がれたのではないだろうか。
実際、『磁力と重力の発見』を読み進めてゆけば、ギリシアの段階で既に、近接作用説(要素還元主義)と遠隔作用説(魔術的自然観)という2つの自然観が登場しており、そこから近代科学に繋がる2つの系譜があることが見て取れる。
【1】守護神信仰→自然支配のための魔術→霊魂説→遠隔作用説→近代のニュートンらの万有引力・磁力
【2】ギリシア発の要素還元主義と機械論→近接作用説→近代のデカルトら機械論・要素還元主義

そして、近代に至って、ニュートン(遠隔作用→万有引力説)とデカルト(近接作用→機械論・要素還元主義)は対立し、論争を繰り広げることになる。そうして出来上がった合体物が近代科学である。
つまり、近代科学のパラダイムは実はギリシア時代に既に出来上がっていたのではないか。
もっと云えば、アーリア人→ギリシア人という略奪集団の自然観のパラダイムをそのまま受け継いだのが西欧近代科学ではないか。
そして、近代西欧が略奪国家として世界中を侵略していったことと考え合わせると、アーリア人の守護神信仰もギリシアの自然哲学も近代の西洋科学も全て、略奪集団の自然認識なのではないだろうか。
以上が、このシリーズの問題意識である。
るいネット
メルマガ

List    投稿者 staff | 2012-03-06 | Posted in 13.認識論・科学論10 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2012/03/2216.html/trackback


コメント10件

 じゅんいち | 2013.02.21 12:20

TPP、参院選前に結論=安倍首相
http://jp.wsj.com/article/JJ10792383643228374377017881282491779485907.html

 通りがけ | 2013.02.22 10:51

【ちぃちぃぱっぱちぃぱっぱ(TTPPTPP)あへあへ心臓腸脳病弱売国奴盗リ漏ロス首相】
小泉売国奴劇場詐欺師の後継お稚児として第一次安倍内閣を作ってすぐぶち壊した安倍晋三。第二次安倍内閣は選管ムサシが捏造した憲法破壊テロリスト内閣であるが、やはり腸脳心臓ともに病弱で総理の業務が遂行できない不適格者である故に憲法70条適用(総理罷免内閣総辞職)が「日本を守る」ために必要な最優先議決事項である。
その国家防衛円防衛に直結する必要性重要性は安倍晋三の出自を見ることによっても証明される。下記参照
ネットゲリラ氏のブログ「お里が知れるという噺」より転載。
http://blog.shadowcity.jp/my/2013/02/post-2203.html#comment-1022827
通りがけから野次馬さんは男前への返信 | 2013年2月22日 08:43 | 返信
>> 野次馬さんは男前 | 2013年2月22日 02:20 | 返信
>26>義侠心篤く大衆に人気のあったひい爺さん(全身に入れ墨あり) の娘を寝取った元朝鮮銀行勤務の爺さんとその子供(進次郎の親父)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この構図が面従腹背対米独立派首相岸信介の出来損ないな恥孫である下痢脳あへ心臓雨ぽちオカマ現総理とそっくりなわけで、それゆえ小泉売国劇場詐欺師首相の後継者が小泉竹中アメぽち男娼スパイ政権時代から安倍シンゾウだったということだろうねw
なるほど、よーくわかったわいw(転載終わり)

 モンクレールレディースダウンジャケット | 2013.12.02 19:52

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 mango outlet | 2014.03.28 10:33

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 lunettes de soleil ray ban | 2014.03.28 15:47

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 Additional Info | 2014.03.28 17:08

hermes lieferung 日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 victoria secret canada locations | 2014.03.28 20:09

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 oakley outlet | 2014.03.28 20:10

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 cheap ray ban sunglasses | 2014.03.28 20:14

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

 oakley sunglasses discount | 2014.03.29 0:24

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流(葛城ネットワーク)のまとめ4 ~蘇我滅亡→近江朝→白村江の戦い→壬申の乱の真相(百済人減らし)~

Comment



Comment


*