2012年07月05日

近代科学の源流1 潜在思念(本能・共認)を退化させ架空観念に収束したギリシア哲学~素粒子論(ヒッグス粒子)

08031.jpg
「魔術から近代科学へ」シリーズの【まとめ】その1です。
「1.ギリシア自然哲学も近代科学も、略奪集団による自然支配のパラダイムにある」
「2.ギリシャ自然哲学の要素還元主義はどうして生まれたのか」
「15.直感性能(潜在思念)を劣化させた近代科学は架空観念(数学)で自然を対象化するしかなかった」
山本義隆著『磁力と重力の発見』「1.古代・中世」(みすず書房刊)を参考にさせていただきました。
近代科学、とりわけ力概念(万有引力概念)の源流に魔術がある。
そして、魔術の源流はアーリア人の守護神信仰に始まる自然支配の術であり、それが中世西洋では、精霊に命令して要求を実現させるという魔術になる。
この守護神信仰→魔術による自然支配のさらに源流は、牧畜=動物を飼い馴らす(=アメとムチによって支配する)という自然の摂理に反する行為である。
ここから近代科学の源流となる、自然認識の三派が登場する。
【1】ギリシアの自然哲学
【2】自然支配のための魔術    
【3】ゾロアスター教の神VS悪魔の対立と終末論→キリスト教

本稿では、まず【1】古代ギリシアの自然哲学の構造を明らかにする。

にほんブログ村 政治ブログへ


【1】ギリシアの自然哲学
(1)元素論
略奪闘争の結果共同体が破壊され、規範共認を喪失した略奪集団ギリシア人は人工的な架空観念(ex.平等や民主)によって集団を統合するしかなかった。自然認識においても、出自バラバラの略奪集団なので各地域の風土に根ざした守護神信仰では統合できないので、土・水・空気・火などのどこにでも存在する物質(元素)を根源物質とする自然認識が登場した。
それがギリシアの元素論であり、タレスは水、アナクシメネスは空気、ヘラクレイトスは火、エンペドクレスは四元素(土・水・空気・火)、アリストテレスの四元素+五元素(アイテール)を根源物質とした。
ギリシアの元素論の源流となっているのは、水や火の霊という守護神信仰以前から存在する信仰であろう。水を始原とするというのは随分短絡した思考ではあるが、それでも、タレスやアリストテレスの元素論では、万物は霊魂を有する生命的存在であり、この時代には宇宙全体が生きていると捉えられていた(ギリシャ語のプシュケーは生命的なもの全般ないし生命原理を指す)。これが物活論であり、磁石の存在はその例証と見られた。 ここまでは自然を共認対象と捉え、人間と同じく生きているという原始時代~守護神信仰の認識が残存していたのである。
(2)潜在思念(本能・共認機能)の退化⇒架空観念収束(相対主義と要素還元主義)
ところが、共同体の破壊と自我収束によって、ギリシア人は感覚機能を著しく退化させて、架空観念収束してゆく。
パルメニデスは理性(ロゴス)だけが信じることの出来るもので、感覚は人を欺くと考えた。プラトンも「イデア」の世界においてのみ真の意味での厳密な認識が可能で、人間の感覚で捉えられる世界に対しては真に厳密で客観的な認識はありえず、不確かな感覚は真の認識を誤らせる恐れさえあると説いている。
感覚機能だけでなく、ギリシア人は共認機能も退化させてゆく。
その代表が、現代人にも強く残存している相対主義→不可知論である。
職業的弁論家(ソフィスト)プロタゴラスは「人間は万物の尺度である」という言葉で有名である。その主張は「客観的な真理というものはなく、主観的・相対的真理だけがある」というものだが、彼らギリシアの相対主義者の理屈は次のようなものである。
A)ものの存在は、人間の意識(知覚)なしにはありえない。
B)ものの存在の知覚と、それについての人間の思考は一致しない。
C)人間の知覚を言葉で正確に表すことは不可能だし、他人にそのまま伝えることも不可能である。
つまり、相対主義→不可知論の正体は、「人間同士は共認できない」と主張している共認不可能視なのである。
『るいネット』「相対主義の自己矛盾」 「相対論(=真理主義の自己否定)の限界と突破口」
この共認不可能視による相対主義は、共認機能が著しく退化したギリシア人の自我思考の産物である。
実際、この「認識の基準は人それぞれ」という相対主義は後に、個人主義・功利主義の源流となり、また力あるものが他を支配する権力主義を生むこととなった。
財団法人尚徳学園「哲学の歴史」
そして、共認機能が退化したギリシア人たちは自然は共認対象と捉えられなくなり、万物を単一均質の原子に還元し、多種多様な物質の違いを構成原子の形状・向き・配列の違いによって説明する原子論や機械論(要素還元主義)が登場する。
%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E7%AB%8B%E4%BD%93.gif
プラトン立体(この画像はこちらからお借りしました)
プラトンは、イデア世界における数学的で論証的な知によってのみ真に厳密な認識が可能であると説き、そして、神によってつくられた火・空気・水・土の根源粒子は幾何学形態を有しているとして、火の粒子は正4面体、空気は正8面体、水は正20面体、土は正6面体であるとした。
根源粒子に対するこの正多面体理論は、素粒子の世界は三次元特殊ユニタリー変換(SU(3))にかんする対称性を有し素粒子はSU(3)群の既約表現で分類され記述されるという現代物理学の理論と根本は近いものである。
物質的世界を構成している基体は数学的に単純な構造を有し数学的に厳密に理解できるという思想を最初に提起したプラトンの空想は二千数百年先の物質理論(素粒子論)の在り様を予兆していた。
同時期に、デモクリトスの原子論が登場する。
これは、略奪闘争によって共同体を破壊し自我の塊となったギリシャ人にとっては、集団ではなく個人が原点になり、その自我意識を自然観に投影したのが原子論(世界を構成する原点)である。
要するに観念は正確で、感覚(本能・共認)は信用できないということが古代ギリシア→西欧の自然認識の底流にある。西欧人は直観性能が劣化してしまったので、感覚(潜在思念)によって自然を対象化することができなくなった。だからこそ、観念、とりわけ数学によって自然を対象化するしかなくなったのである。
この数学還元主義(数学絶対視)は、ギリシア哲学から、「自然という書物は数学の言葉で書かれている」と語ったガリレオや、現代素粒子論まで一貫している。
【2】現代素粒子論(ヒッグス粒子)の架空観念性
素粒子論では質量の起源とされる「神の粒子」ヒッグス粒子が発見されたと持て囃されているが、これも架空観念(要素還元主義)の産物である疑いが濃厚である。
『Kazumoto Iguchi’s blog』では、「ヒッグス粒子:素粒子論世界では『あらねばならぬ粒子』なのサ!」として、その架空観念性を指摘している。

「ヒッグス粒子」というものを実験で検証できなければ、そこから先の理論的拡張を行ったとしても無意味であるということから、「何が何でもヒッグス粒子の発見をしなければならない」という状況が生まれたのである。この粒子がなければ、そこから先のすべては水の泡、単なる空想や妄想に過ぎなくなるのである。だから、「ヒッグス粒子」は至上命題だったというわけである。

「神の粒子は悪魔の粒子だった!?:あまりに素粒子物理学は調子こきすぎだヨ!」

私がこれまで見て来た中で、一番驚いたのは、素粒子の理論家(というより、理論屋)は、数学の一種としては統計物理学や熱力学の数学や概念を使うのだが、あまりその本質が理解できていないということなのである。実際には、量子力学すら理解できていないのではないかと思う場合がほとんどであった。この理由は、素粒子論の世界があまりに抽象数学化したために、物理的な内容を理解する前に、数学モデルを扱う方が先に来るという、本末転倒な教育スタイルから来ているのである。
素粒子物理学では、せいぜい原子核、あるいは、ヒッグス粒子までで終焉である。これ以上の概念は、数学なのか現実なのか判別できない。論理的整合性というが、それなら、別にプトレマイオスの天球図でも良かったわけである。粒子でうまく話ができなければ、粒をヒモに変える。そのヒモでもだめなら、今度は膜に変える。それがだめなら立体に変える。というようなことは、数学的にはいくらでも可能なのである。おかげで「万物の理論」(この言葉の定義からすれば、万物なのだから、理論はただ1つのはずが)は、いまでは無数に存在する。人それぞれに万物理論を構築できるのである。

この『Kazumoto Iguchi’s blog』の指摘は正鵠を得ていると思う。

List    投稿者 staff | 2012-07-05 | Posted in 13.認識論・科学論13 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2012/07/2301.html/trackback


コメント13件

 hermes bags sale | 2014.02.01 17:51

hermes bags small 日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 http://tiffanzsy.blogdoon.com/ | 2014.03.12 6:05

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 http://www.afour.co.uk/ | 2014.03.12 7:32

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 longchamps pas cher | 2014.03.28 11:04

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 mango outlet paris | 2014.03.28 11:06

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 converse solde | 2014.03.28 11:34

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 blazer pas cher | 2014.03.28 12:06

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 lunette ray ban pas cher | 2014.03.28 15:01

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 victorias secret uk | 2014.03.28 15:09

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 vans site officiel | 2014.03.28 21:09

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 gafas oakley baratas | 2014.03.29 0:56

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 victorias secret canada | 2014.03.29 2:00

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

 oakley sunglasses cheap | 2014.03.29 2:23

日本を守るのに右も左もない | 暴走の源流=平安貴族8 地方豪族と癒着する受領たち

Comment



Comment


*