2014年04月10日

新概念を学ぶ27~本能不全を和らげるエンドルフィン充足が、応合充足⇒共認機能の母胎となった

「新概念を学ぶ14 充足物質エンドルフィンを同一視によって相手発で分泌するようになった原猿」では、次のような共認回路(期待応合回路)の形成仮説を立てた。

【1】依存収束⇒期待収束し、互いに相手を注視し続ける内に、遂に相手も同じく依存し期待している事を発見した。この相手の課題=期待を自己のそれと重ね合わせ同一視する回路が、ミラーニューロンである。

【2】ミラーニューロンの同一視と扁桃体の情動反応が結びついて安心感や充足感を生起させ、相手+⇒仲間+共感が生まれる。その安心感・充足感を生み出す情報伝達物質がエンドルフィンである。

【3】エンドルフィンは、元々は痛覚を麻痺させる物質であり、本能機能上は、エンドルフィンは痛覚という内部感覚発で分泌される。本能機能上は痛覚情報(伝達物質)がある閾値を超えないとエンドルフィンは分泌されないが、ミラーニューロンによって相手の期待という外部情報に応合すれば恒常的にエンドルフィンが分泌されるようになったのが原猿である。これは云わば、相手の期待という外部情報を同一視によって内部感覚化(応合)するで、エンドルフィンを分泌させる機能である。
このように、内部感覚(痛覚)発で分泌される物質であったエンドルフィンを、相手発で(相手に応合することによって)分泌するようになったのが、原猿の同一視(応合)回路である。

以上が「新概念を学ぶ14 充足物質エンドルフィンを同一視によって相手発で分泌するようになった原猿」で提起された仮説である。すなわち、同一視を司るミラーニューロンによって、本能上は痛覚をはじめとする不全感覚を麻痺させるための物質であったエンドルフィンが、内部感覚(痛覚)発ではなく、相手発で分泌されるようになったという仮説である。

では、ミラーニューロンはどのようにして形成されたのか?

にほんブログ村 政治ブログへ

 ミラーニューロンについては数多くの学者が研究しているが、解明されていることは次の通りである。

ミラーニューロンは霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動するときと、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように”鏡”のような反応をすることから名付けられた。他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。

つまり、学者が解明しているのは、自ら行動するときと、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で反応する部位が脳内にあり、その部位をミラーニューロンと名付けたということだけである。ミラーニューロンがどのようにして同一視機能を持つのかは解明されていない。しかも、その部位についても諸説がある。代表的な説が、ミラーニューロンはブローカー野(運動性言語野)にあるという説である。

一方、下頭頂葉の39野と40野にはミラーニューロンが多数見いだされ、側頭葉と前頭葉・頭頂葉の境界線を走る「上側頭溝(STS)」と強い連絡を取っているという説もある。下図「イメージ脳と頭頂葉ミラーニューロン」参照。
『イメージ脳と頭頂葉連合野ミラーニューロン』」より画像をお借りしました。

 report_04_54_2

 39野の下に隣接する後頭葉は、視覚情報を処理する部位である。

このように、前頭葉にあるブローカー野(運動性言語野)や視覚情報を処理する後頭葉近くの39野と、ミラーニューロンが重合しているらしい。その脳回路的事実と、 『実現論』「前史ニ.サル時代の同類闘争と共認機能」と重ね合わせれば、共認回路(期待応合回路)の形成過程が見えてくる。

原猿の弱オスたちは恒常的に飢えの苦痛に苛まれ、いつ襲ってくるか分からない敵=首雄の攻撃に怯えながら暮らしていたが、それらの極度な不全感が生命の根源を成す適応欠乏を強く刺激し、生起させた。加えて、恒常的に強力な危機逃避回路(未解明だが、おそらくアドレナリンetc.の情報伝達物質)が作動する事によって(これも未解明だが親和系のオキシトシンetc.による性封鎖力ともあいまって)性闘争が抑止され、それによって、モグラ以来性闘争物質によって封鎖されてきた追従本能が解除された。かくして、不全感の塊であった境界空域の弱オスたちは、適応欠乏に導かれて強く追従本能に収束する。しかし、互いに追従し合っても、誰も(縄張りの確保あるいは不全感の解消の)突破口を示すことは出来ない。そこで、わずかに可能性が開かれた(=不全感を和らげることのできる)親和本能を更に強化し、追従回路(アドレナリンetc.)に親和回路(オキシトシンetc.)が相乗収束した依存本能に収束してゆく。つまり、「縄張りを持たない敗者たちが互いに身を寄せ合う」。

【1】続いて、本能不全を和らげるために鎮痛(充足)物質エンドルフィンが分泌された。

エンドルフィンは、モルヒネの10倍もの作用をもつ鎮痛(充足)物質である。従って、本能不全を和らげるために、エンドルフィンが分泌された可能性が高い。そして、本能不全を和らげる唯一の可能性としてエンドルフィン充足回路ができると、原猿はそこに可能性収束し、エンドルフィン回路が脳内に広がってゆく(伸びてゆく)。

【2】エンドルフィン回路と視覚回路が重合した充足イメージを母胎に、肯定視⇒相手注視が始まった。

視覚情報を処理する後頭葉近くの39野にまでエンドルフィン回路が伸びて視覚回路と重合し、視覚情報を元にした充足イメージが形成される。この本能にはない充足イメージ(充足感)を母胎として、本能的には性闘争の敵である他の弱オスを肯定視できるようになり、それによって相手注視が始まった。

つまり、充足⇒肯定視⇒相手注視である。
敵か仲間かを認識する扁桃体は、本能機能としては他の原猿オスを性闘争の敵と判断するが、エンドルフィンと視覚回路が重合した充足イメージに導かれて、同類オスに対する扁桃体の判断スイッチが敵から仲間に切り換るのだと考えられる。

【3】相手注視の果てに、相手の充足=自分の充足が同期する(ミラーニューロンの本体はエンドルフィン充足回路)。

不全感を解消(捨象)するためにエンドルフィン充足に可能性収束した原猿はやがて、この相手+視(プラス視)⇒相手注視を強めてゆくが、その果てに、相手が安心(充足)するのを見ると自分も安心(充足)することを発見する(探り当てる)。その積み重ねによって同一視回路が形成され、太くなっていった。こうして、相手の充足=自分の充足が同期するミラーニューロン回路が形成された。ここで注目すべきは、ミラーニューロンの本体は、エンドルフィン充足回路であるということである。

【4】エンドルフィン回路が運動機能と重合した真似充足⇒表情や身振り手振りなどの共認機能が発達してゆく。

次いで、エンドルフィン=ミラーニューロン回路がブローカー野と結びつく。ブローカー野は運動性言語野とも呼ばれるが、言語だけではなく、顔の表情や身振り手振り等の共認(コミュニケーション)運動を司る部位である。
ミラーニューロン=エンドルフィン回路がブローカー野と重なることで、表情や身振り手振りを真似すること自体が充足する、真似充足機能が強化された。その充足感に導かれて、スキンシップや表情や身振り手振りをはじめとする共認充足機能が発達してゆく。

この仮説の骨子をまとめると次のようになる。

 【1】本能不全を麻痺させるために鎮痛(充足)物質エンドルフィンが分泌された。

【2】エンドルフィン回路と視覚回路が重合した充足イメージを母胎に、肯定視⇒相手注視が始まった。

【3】相手注視の果てに、相手の充足=自分の充足が同期する(ミラーニューロンの本体はエンドルフィン充足回路)。

【4】エンドルフィン回路が運動機能と重合した真似充足⇒表情や身振り手振りなどの共認機能が発達してゆく。

【5】注目すべきは、不全感を解消(捨象)するために分泌された鎮痛物質エンドルフィンによる充足こそ、期待応合充足⇒共認充足の原点であるということだ。もちろん、期待応合充足によって不全感を和らげただけでは、縄張りは確保できない。しかし、重要なことは、原猿の本能不全を和らげるための鎮痛(麻薬)物質エンドルフィンの充足が、本能にはない充足イメージを作り出し、肯定視と相手注視を可能にし、猿・人類の最基底の充足源(活力源)である応合充足⇒共認機能の母胎となったということである。

 

List    投稿者 nihon | 2014-04-10 | Posted in 13.認識論・科学論2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2014/04/2748.html/trackback


コメント2件

 通りがけ | 2014.04.11 21:45

地球上最大最緊急の救急救命医療
http://hirookay.blog.fc2.com/?no=77
病院で泣き喚くこどもは必ずテレビでそういう場面を音声付動画で放映するしまじろうなどの教育アニメや病院で子供が泣いているニュース映像を見ています。ところがテレビを一切見せずに動きも音もない紙に描かれた漫画でしまじろうなどを見たこどもは注射を見ても泣き喚かず注射後もすぐになきやみます。日本のテレビ放送が如何にこどもの脳を傷害し破壊する凶器であるかはこれを見ても明らかであるし、昨年11月東北大学川島隆太教授が全世界に発表した論文でも明らかです。インフルエンザ脳症は世界一家庭にも官公庁(!)にもくまなくコマーシャルテレビが普及した日本での発生が一番多く、日本以外の国ではほとんど発生していない厳然たる科学的事実があります。この事実から明らかにわかることは(こどもでもわかることですが)インフルエンザ脳症はじめすべてのウイルス性脳症はこの世に存在しない。存在するのはテレビ脳症だけであるということです。これが日本のテレビ(とテレビ局を持つ大新聞)が絶対に報道しない真実です。
テレビが大々的に騒ぐエイズのウイルスを見たものがこの世に一人も存在しないという科学的事実をテレビが絶対に報道しないのとちょうど同じことですねw
川島隆太教授の論文は世界中の科学者と一般人が真実であると認めた科学的常識です。世界中の人が知っているのです。知らないのは日本のテレビを見ている日本人だけです。日本のテレビが如何に人間の脳をテレビ放送で物理的に傷害を負わせて死に致らしめる殺人兵器であるかがこれで明らかになりました。直ちに日本からすべてのテレビを撲滅廃棄しなければなりません。これこそが地球上最大最緊急の救命救急医療なのです。

 通りがけ | 2014.04.12 7:15

★GHQ日本人皆殺し作戦
「BRICS開銀の設立準備、7月首脳会議前に整う見通し=南ア財務相」について(RKブログ)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_124.html#comment

こんな大事なニュースをGHQ作犬あっちいけ電通テレビはちっとも報道しないで24時間365日小保方論文バカ騒ぎとバカタレントバカ番組とバカ企業が電力を無駄遣いして作ったゴミと毒を視聴者に売りつけまくるナチス作洗脳CM放送で世界一優秀な日本人庶民のこどもを殺しながら電力を大浪費して日本中の家庭と官公庁!(公立施設のテレビ設置視聴は100%完全に公務員汚職刑事犯罪だねw)のテレビに流しまくっているんだねwムーアトランティス時代からちっとも進歩しないバカユダ金テレビの莫迦の一つ覚えだw

Comment



Comment


*