2011年11月11日

近代科学の成立過程5~戦場で活躍した外科医が支配階級に取り立てられ権威化していった~

%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A8%E5%8C%BB%E8%80%85.jpg
画像はこちらからリンク
前回は山本義孝氏【十六世紀文化革命】から「第2章 外科医の台頭と外科学の発展」の前半を要約しながら医学の発展過程を見てきました。
古代ギリシャ時代から中世以降の医学は科学の発展に伴って、神に近い存在であった医者が現実社会、生活の場に降りてくるようになった。そして医学が戦争と市場拡大に欠かせないものとなりました。
今回は現実社会に降りた医者たちの存在。そして戦場における医者(理髪外科医)の活躍と躍進について見ていきたいと思います。
今回もポチをよろしくお願いいたしますo(^-^)o

(さらに…)

  投稿者 KAWA | 2011-11-11 | Posted in 13.認識論・科学論10 Comments »