2012年07月03日

幕末の思想1 下級武士が西洋思想に収束したのはなぜか?

日本はどのように西洋と接し、西洋の近代観念(民主主義)や制度を受け入れていったのだろう?
詳しく調べるとこれらは明治維新の際に一気に導入されたのではなく、江戸の後期から幕末期を通じて当時の武士層の間で、一定理想化されて存在していたようです。
ここでは、
・西洋思想がどのように受け入れられていったか?
・武士層の間で理想化されたのは何故なのか?江戸初期から西洋・キリスト教は、
相当警戒されていたはず。なぜ簡単に受け入れられたのか?
・・・について追求していきます。
   190px-A_portrait_of_Satoh_Issai_by_Watanabe_Kazan.jpg     200px-Yokoi_Shonan.jpg    200px-FukuzawaYukichi.jpg
   渡辺崋山          横井小楠          福沢諭吉
江戸の思想に続き今回から幕末の思想を扱います。
応援よろしくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 ihiro | 2012-07-03 | Posted in 04.日本の政治構造3 Comments »