2012年07月20日

なんでや劇場「力の原理から共認原理への大転換」その6 ~市場拡大や恋愛、自由、個人という正当化観念が市場を拡大させた~





codebase="http://fpdownload.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=6,0,0,0"
WIDTH="320" HEIGHT="320" id="12.7.6" ALIGN="">



小沢一郎が新党『国民の生活が第一』を立ち上げましたね。
・・・それにしてもこの党名ってどうなんでしょうか?
今の政治は「国民よりも優先する第一価値」が他にある。ということを明言、白状しているようなものですよね。或いは、あえてその事を顕在化するための、したたかな命名戦略なのでしょうか???
さて、今年2月に理論勉強会として開催された第133回なんでや劇場『力の原理から共認原理への大転換』のレポートも今日が最後です。
これまでの記事では、『力の原理』で運営されていた私権時代に市場拡大を牽引してきたのは「恋愛」や「自由」「個人」といった『観念』であることを解明しました。
ではこの「恋愛」や「自由」「個人」と『市場拡大』はどのように関連するのでしょうか?私たちが実感しやすい「恋愛」に引きつけながら復習しましょう。
続きを読む前に、いつものように、クリック応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 daian | 2012-07-20 | Posted in 12.現代意識潮流77 Comments »