2008年08月31日

グルジア―南オセチア紛争~各国の動向~

当ブログ8月28日の記事新たな冷戦:多極化する世界でも触れられている“グルジア―南オセチア紛争”を改めてみてみたいと思います。
vlast_flag_1-map%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A2.jpg
画像は、こちら からお借りしました。
原油パイプラインの位置がよくわる。
わかりやすい地図は こちら のサイトがオススメです。
“グルジア―南オセチア紛争”は、たかだかと言っては失礼ではあるが、人口約7万人の州の独立をめぐって、大国であるアメリカ・ロシアが動いている。しかも、今後の世界情勢を読み解く上で、かなり重要な出来事である。
まずは、基礎知識から
グルジアとグルジアから独立しようとしていた南オセチアの人口と規模など
●グルジア
大紀元 『グルジア駐日大使、都内で講演』

 グルジアの人口は約460万人、国土の面積は約7万平方キロメートル、一人あたりの国内総生産は約3800米ドル、1991年4月に旧ソ連邦から独立した。

●南オセチア州
田中 宇の国際ニュース解説 『米に乗せられたグルジアの惨敗』 2008年8月19日

 南オセチア州は、埼玉県ほどの広さで、人口は約7万人。人口の3分の2がオセチア人(オセット人)、4分の1がグルジア人で、両民族は州内にまだらに混住している。南オセチアはロシアと国境を接しており、ロシア側には北オセチア共和国がある。南オセチアのオセチア人は、北オセチアとの統合を希望し、ソ連崩壊後、1991年にグルジアからの独立戦争を開始し、決着がつかず長期紛争となり、今に至っている。

「何となく、単なる独立運動でないことは解かる。」
では、誰が、何のために?

続きを読む前にポチ・ポチ応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 sodan | 2008-08-31 | Posted in 09.国際政治情勢の分析7 Comments »