2008年05月15日

石炭を巡る動きあれこれ

石油の急沸により、漠然と電気代もあがるんだろうな~ :roll: と思っていたんですが、日本の発電源を調べてみると、原子力30%、石炭25%、天然ガス23%、石油12%、水力等11%の構成となっており、実は石油の比率はかなり少ないのが現状です。(IEA;Energy Balances of OECD Countries 2001-2002より)
ちなみに他国の発電源を比較してみると、
アメリカ:原子力20%、石炭52%、天然ガス17%、石油3%、水力等 7%
中国  :原子力 1%、石炭76%、天然ガス 1%、石油3%、水力等19%
フランス:原子力77%、石炭 4%、天然ガス 4%、石油1%、水力等14%
ドイツ :原子力30%、石炭52%、天然ガス10%、石油1%、水力等 8%
となっており、実はどの国でも、発電源としての石油利用は相対的に低い様です。
各国の発電源は、極端に原子力に依存しているフランスを除けば、まだまだ石炭の依存度が高い状況になっています。
%E7%9F%B3%E7%82%AD%E5%9F%8B%E8%94%B5%E9%87%8F.jpg
図は、九州大学総合研究博物館から拝借しました

(さらに…)

  投稿者 maeyan | 2008-05-15 | Posted in 09.国際政治情勢の分析8 Comments »