2011年10月06日

企業を共同体に変えるには10~「企業の共同体化」が日本の活力を再生する第一歩である。

%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E5%89%8D.JPG
『企業を共同体に変えるには』と題して発信してきた本シリーズも本日で最終回となりました。
過去記事はこちら☆

第一回:企業における「共同体的」仕組みの事例
第二回:新たな共認勢力とは何か?
第三回:共同体「類グループ」が勝ち続ける理由
第四回:民主主義=会議というのは固定観念、対面会議の欠陥を超えて、全てをネットへ
第五回:トラブルの根底に指揮系統あり⇒みんなの当事者意識を上げる仕組みを作る
第六回:企業を共同体に変えるには?6~「本源集団の再生」
第七回:社員の活力を上げること=企業を共同体に変えること
第八回:共同体企業のネットワークが、企業の共同体化推進と、共認社会実現の突破口となる
第九回:共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
今、日本経済はマクロ的に見れば、GDPは伸びず、また貿易赤字が増加しています。「日本社会はもうダメなんじゃないのか?」と悲観的に捉える方が趨勢ではないかと思います。しかし、元気が無いように見えて、各企業をつぶさに見ていくと、今までに無い形で活力を出している企業がたくさん存在します。
その多くは社員が充足出来る場を実現した中小企業ですが、むしろ、その流れこそが日本がこれから進むべき道を示しているのではないでしょうか?
そして、この新しい流れに注目し、今後の企業活動の可能性とそれが社会に及ぼす影響を考えていこうと考えたのが、本シリーズの問題意識でした。

(さらに…)

  投稿者 hiromi | 2011-10-06 | Posted in 12.現代意識潮流No Comments »