2011年10月27日

近代科学の成立過程3~近代の科学者は金貸しの手先だった

%E7%8E%8B%E7%AB%8B%E5%8D%94%E4%BC%9A2.jpg
 前回(近代科学の成立過程2~金貸しに都合のよい思想を過去から拝借したパクリ思想がルネサンス)に引き続き今回は山本義隆氏の『十六世紀文化革命』から「第10章の十六世紀文化革命と十七世紀科学革命」の後半部分を要約投稿します。
 16世紀以降、西欧諸国は市場の拡大とともに、植民地獲得競争が高まり、国家間の私権圧力が上昇(戦争圧力の上昇)していきます。
当時の主な出来事をまとめると、
1588年 スペインの無敵艦隊、ドレイク率いるイギリス海軍に敗北
1600年 イギリスが東インド会社創設
1633年 ガリレオ・ガリレイ、地動説を唱え異端裁判で有罪判決
1652年 第1次英蘭戦争
1661年 ニュートン、万有引力の法則
1689年 イギリスで権利章典公布 英仏戦争(第2次百年戦争)
1694年 イングランド銀行設立
 16世紀後半から、17世紀にかけて「科学」に対する考え方も大きく変化していきます。
今日もポチッとお願いします。
 

(さらに…)

  投稿者 ginyu | 2011-10-27 | Posted in 13.認識論・科学論1 Comment »