2011年12月02日

共同体社会の実現に向けて-11 ~実現論序3.市民運動という騙し。民主主義という騙し。(その4)~

codebase="http://fpdownload.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=6,0,0,0"
WIDTH="400" HEIGHT="300" id="%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AF%E8%87%AA%E6%88%91%E3%81%AE%E6%9A%B4%E8%B5%B0%E8%A3%85%E7%BD%AE" ALIGN=""> menu="false" quality="high" WIDTH="400" HEIGHT="300" NAME="%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AF%E8%87%AA%E6%88%91%E3%81%AE%E6%9A%B4%E8%B5%B0%E8%A3%85%E7%
BD%AE" align="" allowScriptAccess="sameDomain" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer"/>


みなさん、こんにちは。
これまで3回にわたって、「市民運動、民主主義が騙し」であることを見てきました。
今回は、もう一歩踏み込んで民主主義とは騙しであるだけでなく、自我を暴走させ、人類社会を破滅に導くような思想でありシステムである、ことを見ていきます。
旧い身分制度を打破し、近代市民社会を切り拓いてきたかのように、「民主主義」は人々に受け入れられ、尊重されてきました。
一方、グローバル経済の破綻、地球環境の破壊、世界中で頻発する異常気象・大災害、原発災害等々…、現代社会は人類の生存を脅かすような危機に直面しています。
そして、このような危機状況に対してどこの国でも政財界の指導者・官僚・学者などのエリートたちはいっこうに有効な対策を出せないままでいます。
これらの閉塞状況は、民主主義を掲げる先進国から発生しているのではないのか。
なぜそうなるのか…? 
民主主義がその元凶となっているのではないのか?
私たちはこれからどうしていけばよいのか、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
続きに入る前に、クリックをお願いします。
         
 

(さらに…)

  投稿者 wyama | 2011-12-02 | Posted in 08.近現代史と金貸し2 Comments »