2008年10月30日

財政投融資のはじまり ~占領下アメリカひも付き資金からの脱却

最近、友人と郵政の歴史を調べていて行き当たったのが、財政投融資(財投)。
その財政投融資(財投)の歴史は、資金運用部資金法(1951年3月31日制定http://hourei.hounavi.jp/seitei/hou/S26/S26HO100.php)に始まります。
この年はサンフランシスコ講和条約が結ばれ、日本国民が主権を回復 していく転換の年でもあります。
%E9%80%B2%E9%A7%90%E8%BB%8D%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%92.jpg
(戦後の風景・・・http://www.city.kochi.kochi.jp/joho/hp/index.htmから引用)
第二次大戦後の占領中は、アメリカからの援助の「見返り資金」(後述)が戦後の復興に使われましたが、資金運用部資金法が制定された51年当時は、すでに米軍による占領が終幕(52年4月)に近づいているとき。
対日講和条約の制定(51年9月)を目前にして、国内にある乏しい資金をなるべく集中し、かつ効率的に分配する必要があったようです。機能的には国営銀行であり、原資提供母体は、郵便貯金、厚生年金、国民年金、簡易保険、輸出入開発銀行やNTTや銀行等でした。(知的社会研究所http://home.hiroshima-u.ac.jp/utiyama/ISIS-1.3.W.htmlより要約)
その後、(税金等に並ぶ)「二つ目の財布」として日本国の財政を支えることになる財投ですが、その出発点は、アメリカの戦後復興資金に代わる形でスタートしたようです。
では、当時のアメリカによる対日戦後復興資金とはどのようなものだったのでしょうか?
続きを読む前に、クリックをよろしくお願いします。
↓↓↓

(さらに…)

  投稿者 seiichi | 2008-10-30 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本3 Comments » 

「ビジネス知識源」<晩秋の落日のドルとユーロ>より、FRBの資産劣化3

引き続き、吉田繁治氏のメルマガ「ビジネス知識源」2008年10月27日<Vol.230:晩秋の落日のドルとユーロ>より引用。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2008-10-30 | Posted in 06.経済破局の行方8 Comments » 

「ビジネス知識源」<晩秋の落日のドルとユーロ>より、FRBの資産劣化2

引き続き、吉田繁治氏のメルマガ「ビジネス知識源」2008年10月27日<Vol.230:晩秋の落日のドルとユーロ>より引用。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2008-10-30 | Posted in 06.経済破局の行方2 Comments » 

「ビジネス知識源」<晩秋の落日のドルとユーロ>より、FRBの資産劣化1

2008年09月20日の記事「FRBの救済策:新型証券融資、そして急激に資産が劣化」にFRBの資産劣化が指摘されている。
吉田繁治氏のメルマガ「ビジネス知識源」2008年10月27日<Vol.230:晩秋の落日のドルとユーロ>に詳しく解説されているので、転載させていただきます。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 hongou | 2008-10-30 | Posted in 06.経済破局の行方1 Comment »