2011年11月10日

10/9なんでや劇場レポート(2)~現在求められているのは、共認収束の新パラダイムに則った観念 ~

christ.jpgkousi.jpgdekalt.jpg 
 
「10/9なんでや劇場レポート」第二弾です。
  

10/9なんでや劇場3 現在求められているのは、共認収束の新パラダイムに則った観念より
ここまでの検討で、それぞれの時代が求めるパラダイムの軸上にある思想しか登場しなかったことがわかる。
例えば、古代思想が登場した背景にあったのは、東洋では社会統合期待、西洋では救い期待で、共に安定期待という概念で包摂することができるが、古代にはこの安定期待のパラダイムに沿った認識しか登場しなかった。性欠乏・物的欠乏⇒私権拡大を正当化したのが近代思想であるが、ここでもこのパラダイム上の認識しか生み出されなかった。

 
前回の記事では、古代宗教・近代思想が登場した背景を追求しました。
そして、古代宗教については、東洋では支配者層による長引く戦乱⇒社会統合期待から儒教が登場、西洋では皆殺しや奴隷制の常態化⇒救い期待からユダヤ教やキリスト教が登場、そして近代においては、性欠乏・物的欠乏⇒私権拡大の正当化から近代思想(平等・民主主義等)が登場したことが明らかになりました。
 
ここまでの検討から、新しい思想(観念)は、それぞれの時代が求めるパラダイム(古代なら安定期待、近代なら性欠乏・物的欠乏)の軸上でのみ、生み出されることがわかりました。
 
 
では、新しく生み出された思想は、その後どう進化するのか、しないのか。そして私権収束⇒共認収束(パラダイムの大転換)という新しい現実に、どう適応していくのかを考えていきます。
 

にほんブログ村 政治ブログへ


 

ここまでの議論は、新思想が生み出される時代の話、つまり古代宗教や近代思想の形成過程であるが、一旦出来上がった思想は、それ以降はほとんど進化していない。つまり一定の答えが出ると、部分的な改良がなされるだけで、それを大きく覆す認識は出てこなかったのである。
これは思想の停滞ともいえるが、何故、停滞するのか?
【1】一番大きくは、観念需要のパラダイムが始めから決まっているので、一定の答えが出るとそれを踏襲することの繰り返しになる。そして、専門分化の悪弊である枝葉末節に埋没してゆくことになる。
【2】安定すると観念需要の源泉である欠乏が衰弱することも、思想の停滞の原因として見逃せない。例えば、ルネサンス期のように私権欠乏を封鎖する武力支配の時代は私権欠乏は強いが、市場が拡大して私権追求が当たり前になると衰弱する。
【3】古代では教会が、近代では学者やマスコミが教宣機関として共認支配しており、それが絶対的な権力者として社会に君臨する。思想の形成過程では思想家たちは社会的な期待に応えて追求しており、追求したからといって褒美をもらえるわけではない。ところが答えが出て教宣機関が権力化すると、はじめから地位や肩書きを手に入れようとして勉強する連中ばかりになる。また、大学やマスコミに入るには試験をくぐり抜ける必要があり、試験制度の弊害がモロに出てくることになる。これも創造力の衰弱の大きなファクターである。
以上が、古代~近代を貫く、認識のプロ(専門家)の成立構造と安定期における思想の停滞構造である。
●現代は社会の至る所がガタガタになり、社会統合期待が年々強まっている。その期待の中身も潜在思念のレベルで共認収束の潮流としてはっきりと顕在化している。
ということは、この共認収束という方向での統合期待というパラダイム上の答しか今後は登場しないことは明らかである。言い換えれば、今求められているのは、共認収束という新パラダイムに則った答なのである。

 
ここでは古代~近代を貫く、認識のプロ(専門家)の成立構造と安定期における思想の停滞構造を明らかにしました。
(試験制度の弊害についてはこちら⇒実現論:序4(下) 大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
 
todai.jpgzaimusho.bmphujitelevision.jpg
 
思想の停滞という点において、現在の近代思想は完全に行き詰まりの状態です。その根本原因は、私権収束⇒共認収束という新パラダイムへの転換にあります。
にも関わらず、近代思想で飯を食う専門家たちは、相変わらず自らの既得権益を維持するために、私権収束という旧いパラダイムの中でひたすら暴走を続けています。(最近マスコミが騒いでいるTPP問題や消費税増税はその典型でしょう)
 
これは、まさに偽ニッチの構造参考)そのもので、それ自体がいずれ彼らにとっての命取りになることは間違いありません。
共認収束という新しい時代に突入した以上、その新しいパラダイムの軸上でしか答えを出せないからです。
 
 
では彼らに、今求められる、共認収束という新パラダイムに則った答を生み出すことができるのでしょうか。
 

現在のプロ(専門家)たちは私権収束という旧パラダイム上の観念群に頭の中が占められ、かつ、それを飯の種にしている以上、旧パラダイムから脱却できるはずがない。実際、彼らは旧パラダイムの現実しか目に入っていないが、それは偽物の現実、もっとはっきり云えば崩壊するだけの現実でしかない。
もちろん大衆にも旧パラダイムの残滓はあるが、’02年収束不全を契機に潜在思念のレベルでは完全に共認収束に舵を切っている。大衆がこの新しい現実に直面し直視しているのに対して、プロ(専門家)たちはこの新しい現実が全く見えていない
実現論序の文中に「現実から逃げた傍観者」という文言があるが、それどころか彼らには新しい現実が全く目に入っていないのかも知れない(例えば、学者たちには学会しか見えていないように。)
nodaprejident.jpgonagawa.jpg
もちろん彼らだって、同じ時代を生きており、潜在思念では共認収束の潮流をキャッチしている。ところが、現実の進路選択において、庶民の期待に応えて新理論を追求するよりも、目の前の地位=私権を選んだのが学者やマスコミ人である。私権を選んだ以上は、後は100%旧観念に嵌りこんでゆくことになるのは必然であった。
共認収束という新しい世界に生きる大衆と、私権収束という古い世界に生きる専門家は、生きる世界が全く違っているとも云える。近代社会は騙しで出来上がっているが、専門家たちも主観的には騙しているつもりはないだろう。古い世界にいると騙しているとは気づかないからだが、新しい世界からみれば専門家たちのやっていることは悉く騙しであることがわかるのである。
自我発の架空観念を使ってしか物事を考えられない病気(≒もっぱら書物を読むことで形成された観念回路の欠陥)を「観念病」と呼んでいるが、これも同様で、自我・私権の古いパラダイムの中では観念病という自覚は生まれない。共認収束という新しいパラダイムから見てはじめて、デカルトをはじめとして自我発の観念思考が病気、もっとはっきり云えば狂っていることがわかるのである。
また文中で「抽象的な社会」とあるが、そこには二重の意味が重ね合わされている。まず第一に、近代思想の社会とは自我発の観念思考が生み出した架空観念であること。第二に、専門家たちは特権階級であり、旧パラダイムの中で搾取されている民の現実(苦しみ)には直面していないということ。この二つの意味を含んでいる。

 
 
私権収束のベクトルにしがみついている専門家たちは、現実を私権収束としてしか捉えることができません。故に、共認収束という新しい現実を対象化することができないのです。
それだけでなく、私権収束⇒近代思想に立脚している限り、その問題性(騙し)に永遠に気付くことができないという非常に危険な状態でもあります。
 
事実、今年3月の大震災→原発事故という未曾有の人災を経てもなお、政治家を始めとする専門家たちは何一つ認識が転換することはありませんでした。彼らは奈落の底に落ちるまで転換することが出来ないと考えるべきでしょう。
 
madarame3.jpghoanninn.jpg
 
つまり彼らには、共認収束という新パラダイムに則った答え(認識)を生み出すことは不可能であることが明白になりました。
 
 
だとしたら、共認収束という新しい世界に生きる大衆自らが、共認収束に則った新しい観念(答え)をつくり上げていく必要があるということになります。これこそが共認社会実現への第一歩となります。
 
 
よって次回は、「答え=事実認識をつくってゆく過程」について扱っていきたいと思います。 
 

List    投稿者 nishi | 2011-11-10 | Posted in 未分類 | 5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/11/2146.html/trackback


コメント5件

 通りがけ | 2012.11.29 23:29

「廃テレビA層日本人世界平和革命」
http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/681.html#c310
地位協定破棄をかかげる政党が一つも無いユダ金画策違憲選挙などどうでもいいね。
なぜなら「原発推進、TPP参加、消費税増税、9条破棄海外参戦徴兵制復活」はすべてユダ金の地位協定を活用した絶対命令だからだ。米軍の低脳バカが、日本国内政干渉ももういい加減にしろ。
ゆえに、理の当然として「地位協定破棄」しないままでは「脱原発、TPP参加拒否、消費税増税凍結、シロアリ退治行政改革、平和憲法堅持、沖縄米軍基地返還、放射能瓦礫拡散停止、放射能汚染食材拡散停止、福一石棺桶化、奇形司法改革、選挙制度改革、環境破壊乱開発停止、原油適正価格輸入、医療制度改革、介護保険制度改革、派遣労働制廃止、独占禁止法違反摘発・・・」のすべてが実施不可能になるのである。
今度の選挙はユダ金CIAが作ったスパイ政治家政党同士の2極が国内世論ガス抜きのために「肝心要の地位協定破棄」を隠して猿芝居政権争いごっこをマスゴミテレビ報道させているだけの、まさに55年体制似而非民主主義劇場型植民地人民白痴化洗脳選挙なのだ。
テレビを捨ててアメポチNHKとの受信契約を解約すればすぐにこのことがわかるよ。
そしてテレビ視聴でいままで無駄に潰していた時間を使って官邸前脱原発デモへ大挙して押しかけよう。数万人~数百万人なら世界を変えることもかんたんだよ。

 通りがけ | 2012.11.30 14:02

「我等道徳国民の肉親子弟自衛隊員の血をシリアの土に吸わせる憲法9条破棄自衛隊参戦反道徳ファシストどもを今度の選挙で叩き潰そう」
11月30日にはほぼ全部の政党が脱原発をマニフェストの一番目に据えたが、
これはユダ金の常套手段「目くらまし」プロパガンダである。
全国民の願い「脱原発」を、すべての政党が口にし始めたことで有権者の投票先判断に混乱を与える。それをマスゴミが一斉にスクラム報道する。それをみているうちに「何だ、みんな脱原発ならどの政党に投票しても同じじゃん」とテレビ視聴者国民が思うようになる。それが罠だ。この国政選挙が脱原発国策を問う選挙である、と選挙の争点を最後まで偽装するのがユダ金の目的である。では何のために偽装するのか?
脱原発で大同小異になったいまや政党間の政策の違いは「憲法9条破棄自衛隊海外参戦国民皆兵徴兵制」軍国派と「平和憲法堅持自衛隊海外派遣禁止徴兵制禁止」憲法遵守世界平和派に2極化したのであるが、これを表向き隠すことがユダ金の「目くらまし」の最終目的である。
「脱原発」だけが今度の選挙の争点である、とNHK記者クラブマスゴミの選挙報道ですり込まれた有権者は「何だ、どの政党に投票しても結局同じじゃん」「つまらない選挙だ」「そんならテレビでオチャノマノ人気者だった橋下に投票してやれば面白いことやってくれそう」と投票日には大量の橋下維新票が生まれる。(もちろん公示前に橋下は大阪市長を辞職して維新の会比例代表名簿第一位候補になるのはいうまでもない)自公民は組織票だけで良い。どうせ国会ではユダ金の命令通り「憲法9条破棄自衛隊海外参戦国民皆兵徴兵制復活」で合流することになっているから。
12月16日投票日には維新自公民の「軍国ファシズム派」へ大量の浮動票が流れるだろう。
首尾よく国会に橋下を乗り込ませたユダ金は自公と連立させて橋下総理誕生、「憲法9条破棄自衛隊海外参戦国民皆兵徴兵制」軍事ファシズム独裁国家が誕生するという筋書きだ。
こうすればもはや日米地位協定を破棄されても在日米軍は日本国内自由通行可能となり在日米軍基地を返還せずそれどころかさらなる拡大も思いのままになるという、これがユダ金の対日最終戦略なのである。
今回の全党「脱原発」公約スクラムは、ユダ金のプロパガンダ謀略工作実行命令が全スパイ組織へ出された証明である。
12月に入ってシリアに派遣された我ら勤労国民の肉親子弟自衛隊員の血が戦場の土に流されることがこれで確実となった。
「ただちに野田を刑事犯罪で逮捕するか精神障害を診断して措置入院させ憲法70条で総理欠格罷免せよ。」
そして未来の党はただちに「平和憲法堅持自衛隊海外派遣禁止徴兵制禁止」憲法遵守世界平和を党の最大公約として全国キャンペーンを展開しNHK記者クラブマスゴミに出演してその旨テレビで全国民へ知らせることだ。世界一の道徳国民国家日本国とその未来を愛するならば、かならずや
「我等道徳国民の肉親子弟自衛隊員の血をシリアの土に吸わせる憲法9条破棄自衛隊参戦反道徳ファシストどもを今度の選挙で叩き潰さねばならない」
のである。

 通りがけ | 2012.11.30 23:43

「戦争と原発は人災の極致である」
>前原氏が日本未来の党を批判 「卒原発は空理空論」「きわめて小沢色強い」
>11.30 13:00 [民主党]http://sankei.jp.msn.com/politics/topics/politics-14760-t1.htm
> 前原誠司経済財政・国家戦略担当相は30日の閣議後会見で、日本未来の党が「卒原発」として10年以内の原発全廃を打ち出していることについて、「10年で原発ゼロまでは使用済み燃料の問題をとっても絶対に無理だろう。空理空論といわざるをえない」と批判した。(以下略)
さっそく全国民の願い「脱原発」をえさにしてかきまわしはじめたか。
未来の党の脱原発より自分たち(自公民維新)の脱原発のほうが本物だと言いたいのだろう。
しかしだまされてはいけない。原発と戦争は同じものであり、ともに人災(人の手が作り出した災害)の極致である。
今度の選挙は「戦争」が本当のテーマなのだ。
今度の選挙を画策した世界の恥戦争の狂犬ユダ金米軍の狙いは憲法9条破壊である。すなわち日本人にとって今度の選挙は脱原発選挙ではなく脱戦争選挙なのである。未来の党は今後メディアに出演したときは「脱原発」の内容には一切触れずに「戦争」すなわち自民党の「憲法改変案」維新の「徴兵制復活論」についてメディアのカメラの前で公開で問いただし自分たちの「平和憲法堅持自衛隊海外「派兵」禁止徴兵制禁止」憲法遵守世界平和を守る立場を旗幟鮮明にすることが求められる。
こうすればすべての反戦平和を願う道徳国民の票が未来の党へ集中され大勝利するであろう。もちろん私も「平和憲法堅持自衛隊海外「派兵」禁止徴兵制禁止」にのみ投票する。そうなれば今度の選挙が「道徳」と「反道徳」の戦いであることがはっきりするからである。

 norway hermes bags | 2014.02.03 5:14

fake hermes bags cheap 日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流10 百済発の応神勢力と手を組んだ葛城勢力

 famfatal Pandora Bracelets | 2014.03.21 10:30

日本を守るのに右も左もない | 天皇制国家の源流10 百済発の応神勢力と手を組んだ葛城勢力

Comment



Comment


*