2012年04月06日

共同体社会の実現に向けて ―24 ~実現論序7.企業を共同体化し、統合機関を交代担当制にする(その1)~

codebase="http://fpdownload.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=6,0,0,0"
WIDTH="400" HEIGHT="317" id="%E3%80%90%E6%96%B0%E5%8B%A2%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%94%BF%E7%AD%96%E6%96%B9%E9%87%9D%E3%80%91" ALIGN=""> quality="high" WIDTH="400" HEIGHT="317" NAME="%E3%80%90%E6%96%B0%E5%8B%A2%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%94%BF%E7%AD%96%E6%96%B9%E9%87%9D%E3%80%91" align=""
allowScriptAccess="sameDomain" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer"/>

みなさんこんにちは。
前回まで、これからの共同体社会の中核勢力になるのが共同体企業のネットワークであること、そして、企業を共同体にしていくうえで妨げになっている古い観念、とりわけ「民主主義」という騙しの観念を捨て去ることが必要であることを見てきました。
→(共同体社会の実現に向けて 実現論序6 その1
→(同上 その2
→(同上 その3
→(同上 その4
今回から新章に入ります。
企業を共同体化し、統合機関を交代担当制にする」というタイトルが示しているように、これからの共同体社会を創っていくために必要になる政策を考えていきます。
まずは、社会を背後で支配してきた金貸し勢力の力の源泉である経済政策をどうするか、について見ていきます。
続きに入る前に、ご協力お願いします。
        
 

(さらに…)

  投稿者 wyama | 2012-04-06 | Posted in 06.経済破局の行方9 Comments »