2020年06月19日

日本人と天皇の起源③~豊臣政権は天皇勢力が擁立した政権ではないか

 

日本における、天皇と公家による国家統治は、12世紀の平清盛政権の誕生をもって事実上幕を閉じます。
以降は後醍醐天皇による建武の親政を挟みながらも、幕末・明治維新まで約700年間、武家政権が続きます。

しかし15世紀後半、戦国時代を終わらせ全国を統一した豊臣政権は、天皇勢力が擁立した政権であり、事実上の天皇による全国支配の復活ではなかったか、という説があります。

確かに豊臣政権は、前後にある織田政権、徳川政権と趣を異にしています。
織田。徳川政権があくまで武家の棟梁として全国支配をしようとしたのに対し、豊臣氏は「関白」という天皇を補佐する官位に付き、あくまで天皇の命令という形で天下平定を行うのです。
また豊臣政権が商業主義、貿易主義の政権であったことも一つの鍵となります。
土地と米を基盤とする他の武家政権と違い、豊臣政権はアジア圏の商業ネットワークを基盤とした経済力で成立していました。
豊臣政権が、天皇家の出自である朝鮮半島と深い繋がりがあった事も容易に想像がつきます。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "日本人と天皇の起源③~豊臣政権は天皇勢力が擁立した政権ではないか"

List    投稿者 nihon | 2020-06-19 | Posted in 04.日本の政治構造No Comments » 
2020年06月16日

市場論・国家論6.西欧「契約」社会の精神構造

コロナもひと段落と安心してしまっていた人もいるかもしれませんが、やはり株式の大きな下げが来ました。経済封鎖という大きな構造変化が始まった以上、このまま普通に戻るわけがありません。

市場論・国家論4.金貸しの誕生と十字軍の遠征

市場論・国家論5.金貸しから王侯・貴族=金主(奥の院)へ

に続いて、引き続きるいネットより、奥の院の起源と歴史を

市場論・国家論6.西欧「契約」社会の精神構造

から転載します。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "市場論・国家論6.西欧「契約」社会の精神構造"

List    投稿者 nihon | 2020-06-16 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 
2020年06月14日

これから起きること 〜私権・市場時代の遡り、逆回転現象~

コロナ、アメリカの暴動、イナゴ・・・。そして、これから株価暴落、中央銀行破綻、食糧危機、略奪、殺し合い、国家の崩壊、・・・へ。

今おきていること、もうすぐ起きようとしていること?なぜ、これだけの大変動が起きるのか?起きることの意味と必然性はなんなのか?

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "これから起きること 〜私権・市場時代の遡り、逆回転現象~"

List    投稿者 nihon | 2020-06-14 | Posted in 05.染脳国家日本, 06.経済破局の行方No Comments » 
2020年06月09日

市場論・国家論5.金貸しから王侯・貴族=金主(奥の院)へ

コロナ騒動も自粛解除がすすみ一見普通の生活が戻りつつあるようにみえ、また株価も上昇してきています。しかし、企業業績が出てくるにつれ再び株価も暴落するに違いありません。
まだ、奥の院の作戦は始まったばかりです。

市場論・国家論4.金貸しの誕生と十字軍の遠征

に続いて、金貸しの起源とこれまでの所業について、るいネットに投稿されている実現塾要約記事より引用紹介します

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "市場論・国家論5.金貸しから王侯・貴族=金主(奥の院)へ"

List    投稿者 nihon | 2020-06-09 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 
2020年06月07日

アメリカ解体後、中国も分裂・解体に向かう

アメリカの内戦状況の報道が増えてきた。
このブログでもいくつか記事を書いた。
人工国家アメリカ、内戦から分裂・解体に向かっている
軍も出動。アメリカは内乱・内戦で国家解体へ

しかし、まだ序の口、アメリカの内戦が本格化するのは、9~10月以降。

★中国はどうなのか?

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "アメリカ解体後、中国も分裂・解体に向かう"

2020年06月05日

安倍政権・官邸による情報統制と監視社会化

日本では、小泉政権の世耕チーム以来、官邸によるメディアコントロールが強まっている。
特に2012年の第2期安倍政権からは警察官僚出身者による、マスコミ・メディアコントロール、宮内庁などへの警察出身者の配置・・・監視の目と情報統制が強まっている。警察国家に突き進む日本、それは何故か?

安倍政権の情報統制を仕切る男。・・・東海アマさんの記事に興味深い記事があった。
日本は既に政権と警察官僚による、強烈な監視社会化している。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "安倍政権・官邸による情報統制と監視社会化"

List    投稿者 nihon | 2020-06-05 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2020年06月04日

日本人と天皇家の起源②・・「南朝」「北朝」の覇権争いと、それらを陰で操ってきた秦氏

古来より日本の支配層は、「北朝」「南朝」に分かれて覇権闘争を繰り返してきました。

平安時代末期の、実質的な日本の支配氏族である「藤原家」の北家と南家への分裂。
また鎌倉幕府滅亡後の後醍醐天皇と足利尊氏の対立は、「北」と「南」で朝廷を二分する戦いに発展しました。
この平安時代から続く「南朝」「北朝」の政争は、より公家色が強く、百済系で固めていた南朝。早くから武家と関係を持ち政治色が強い北朝。と大きく分けることが出来ます。

しかしそのままでは、別の王朝、別の国家になりかねません。
実際、中世のヨーロッパでは、民族ではなく血族による王朝が烏合離散を繰り返しました。

日本は南北に細長い列島国家でありながら、このような結果にならなかったのは何故か。
ここに、両派を超越しながら藤原氏を支配し、日本全国に広がって根を張っていた「秦氏」の存在がありました。そしてその力と情報の基盤は、秦氏を中心とした神社(諜報)ネットワークでした。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "日本人と天皇家の起源②・・「南朝」「北朝」の覇権争いと、それらを陰で操ってきた秦氏"

List    投稿者 nihon | 2020-06-04 | Posted in 04.日本の政治構造1 Comment » 
2020年06月02日

軍も出動。アメリカは内乱・内戦で国家解体へ

報道によれば、アメリカ国内の暴動は拡大。

ロサンゼルスでは夜間外出禁止令が出され、ワシントンではホワイトハウス前にデモ隊が集結。トランプが地下に避難したとも報じられている。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "軍も出動。アメリカは内乱・内戦で国家解体へ"

2020年05月31日

人工国家アメリカ、内戦から分裂・解体に向かっている

アメリカの暴動が拡大している。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "人工国家アメリカ、内戦から分裂・解体に向かっている"

List    投稿者 nihon | 2020-05-31 | Posted in 06.経済破局の行方No Comments » 
2020年05月29日

選別される企業、追求型企業体の構築

都内もだんだんと店舗などが開きはじめた。電車や駅回りの人通りも多くなっている。
前回記事、追求勢力登場の予感

>新たな敵を環境破壊、肉体破壊に定めて、人々を事実の追求に誘導する。そのために余力時間を作り出す必要がある→そのためのBIベーシックインカム。

しかし、これには必要条件がある。単純に余力時間を作り出しても、現状の頭脳支配された人々だと、何も変わらない気が・・・

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "選別される企業、追求型企業体の構築"

List    投稿者 nihon | 2020-05-29 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments »