2017年09月05日

軍産複合体 その誕生と成長、そして世界支配の歴史

いまや世界中で、戦争、紛争、そして様々なテロ活動を裏で手引きし、いまや国家運営や世界情勢をもその掌中におさめつつある軍算複合体。
彼らはどの様に誕生し成長し、そして冷戦が終結し新たな国際秩序が構築される中でどのように生き残ってきたのでしょうか。
その誕生は19世紀にさかのぼり、そして第一次、第二次、二つの世界大戦を経て飛躍的に膨張します。

軍産複合体の誕生と現代に至るまでの歴史について書かれた記事を紹介します。( NPJ通信さん【こちら】より引用します )
一部抜粋して引用しますが、現代社会がなお軍産複合体の支配下にある事に、背筋が凍る思いを覚えます。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "軍産複合体 その誕生と成長、そして世界支配の歴史"

List    投稿者 nihon | 2017-09-05 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2017年08月31日

日本は今も腐敗した支配構造の中にいる

天皇家・田布施勢勢力は、朝鮮由来の属国根性の持ち主。これまで日本の支配者であったCIAを始めとする旧勢力に擦り寄り、その勢力を維持してきた(現在形ではロシアにも擦り寄っている)。戦後一貫したCIAや軍産勢力の強力な支配下にあった天皇家・財閥・田布施。中曽根や小泉、安倍など旧勢力の言いなりで動く首相は長期政権となり、CIAからの命令=年次計画要望書のとおりに事を進めてきた。逆に角栄や小沢など反旗を翻す政治家は、悉く失脚させられた。

今、安倍自民の支持率は依然低く、大幅な回復は望めそうもない。CIA・ネオコンら旧勢力は安倍を既に見限っており、彼らの日本支配のシナリオは、すでに次の段階に移っている。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "日本は今も腐敗した支配構造の中にいる"

2017年08月29日

恐ろしいことにこの50年間、社会は「市場拡大絶対」という【妄想】で動いてきた

現実課題を突破するためには、常にどうする?どうしたらいい?・・・という問いから始まる。
今回から、現代社会を規定している市場について実現塾の内容を紹介します。
市場が拡大停止したのか?そもそも市場が出来たのは何で?
そこから遡って根源構造を解明していく。⇒歴史構造論

8月5日 実現塾の報告です。
●テーマ:市場論1.市場拡大の停止

★市場拡大停止の根拠は?
|→借金経済、生活様式の進化ゼロ、近代科学が停止した
|★なんで赤字国債を発行する必要がある?
|★近代科学が停止したのは何で?
||・学者の特権身分化→天才から凡人へ
||・近代科学の根底にある“掠奪”という発想そのものが通用しない
↓↓・豊かさの実現で科学への期待▼
★市場が拡大停止したのはなんで?
→●豊かさの実現で私権追求の欠乏▼
★性の衰弱との関係は?
=豊かさ実現も、性の衰弱も人類にとって新しいステージへの移行⇒何?何で?⇒次回へ

***

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "恐ろしいことにこの50年間、社会は「市場拡大絶対」という【妄想】で動いてきた"

List    投稿者 nihon | 2017-08-29 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2017年08月24日

属国根性丸出しの北朝鮮、日本の支配層(天皇・田布施一味)

北朝鮮のミサイル挑発。なぜ繰り返し行い、やめようとしないのか?
TVが騒いでいるのをみても茶番っぽくて馬鹿らしいが、冷静に見ておく必要もある。

★現在北朝鮮のバックにいるのは、影響力の強い順に

・アメリカ軍産勢力(旧来のつながりから影響力あり。)
・ロシア、中国(直接陸続き、今現在、裏では一番影響力あり、)
・日本の天皇・田布施一味(親戚のようなもの。ここも裏ではロシアについている)

と思われる。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "属国根性丸出しの北朝鮮、日本の支配層(天皇・田布施一味)"

List    投稿者 nihon | 2017-08-24 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配1 Comment » 
2017年08月22日

ベーシックインカムの導入を行う8カ国 社会保障の新しい仕組みを模索

国が国民に必要最低限のお金を支給する「ベーシックインカム制度」
個々人が富を追及する資本主義制度そのものがその限界と矛盾を顕在化させている中、新しい制度として注目されています。
日本ではほとんど報道されず、あるいは破天荒な制度として扱われていますが、世界ではその導入に向けた現実的な動きをしている国々が多々あります。

「唖蝉坊の日記」さんの記事を抜粋・紹介しながら、その新しい動きに迫りたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "ベーシックインカムの導入を行う8カ国 社会保障の新しい仕組みを模索"

List    投稿者 nihon | 2017-08-22 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2017年08月17日

“常識”の崩壊、大転換の時代

“常識”や“制度”への違和感を感じたのは、もう20年も前、20世紀末ごろか?
それが数年前から、反感に近くなってきている。

●常識や制度に沿って生きているのに、段々おかしなことになる。
・普通に家庭を営んでいても、離婚、精神病、ひきこもりの増大→どんどんおかしくなるばかり。
・勉強すればするほどバカになる。教科書もウソがいっぱい。いいことがない。
・親や学校からのああしろ、これはダメ、勉強しなさい・・・といわれるほどヤル気を失う。
・勉強が出来て、社会を導いているはずの学者・官僚・マスコミ・専門家ってどうなん?
・・・彼らこそ、権威と思考停止の塊で、世の中をおかしくしている張本人なのでは?
原発、地球温暖化、地震プレート説、民主主義も三権分立もウソだらけ。
・ 医者・・・いわずもがな。医療は高度化しているなんていいながら、毎年病人が増え続けている。
・そこまでいかなくても、公務員や大企業ってどうなん?
・・・休みは多いけど、活力なさそうだし、公務員・銀行・東芝・・・社会のお荷物化している。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "“常識”の崩壊、大転換の時代"

List    投稿者 nihon | 2017-08-17 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配3 Comments » 
2017年08月14日

第二次大戦の歴史観を見直す

終戦記念日である8月15日。日本人ならあの悲劇を思い出し、二度とあのような戦争が起こらぬよう願うもの。アメリカの圧倒的物量を目の前に、開戦の前から「負ける」と分かっていた戦争に、なぜ日本は突き進んだのか。それは、天皇や財閥が金儲けのために仕掛けた戦争だからだ。

今、私達日本人は、第二次世界大戦の歴史観を見直す時期に来ている。

昭和天皇をはじめA級戦犯が死刑を免れたのも、財閥解体といいつつ、今なお諸財閥が存続し続けていることなどを考えても、戦争の立役者であった者達の戦後の動向は不整合が大きい。今回は、その一端を紹介したい。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "第二次大戦の歴史観を見直す"

2017年08月11日

化学物質大国日本と癌大国日本

 

今回は、日本人の死亡原因の1位となった癌について。

日本は、医療技術も進歩し、衛生環境にも敏感、そして昨今の健康志向の高まり・・にもかかわらず、癌によって亡くなる方が非常に多く、上昇する一方の医療費は将来の国民負担となり今後大きくのしかかって来ます。

しかし、なぜこれだけ癌発生が多く、かつ死亡原因の1位となっているのでしょうか。

 

まず、言える事としては、癌発生は世界的に見ると、先進国に多いということ。これは一体なぜだろうか?

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "化学物質大国日本と癌大国日本"

List    投稿者 mamoru | 2017-08-11 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2017年08月08日

実現塾報告・・・【勝てる】という見通しの元に反金貸しの闘いに踏み出した、プーチン・トランプは脱制度・脱常識の可能性

プーチンとトランプ

先日の実現塾では、「この2~3年の若者の意識潮流の変化および意識の中心にあるものは何か?」についての追求が行われました。
現代は時代の大転換期を迎えており、これからのやり方や常識では個人も集団も勝ってゆけない。
例えば勉強という側面においても、これからの時代、試験に受かるだけの“受験脳”では社会に出てから全く役に立たない。これからは本物の追求力が必要となる。
これは誰もが潜在的に感じていることですが、この1・2年で急に意識潮流の変化が顕在化しています。
その理由は何なのでしょうか。そこには、社会の変化、特に国際情勢の大きな変化が関連しています。

今回はそこに注目しながら見てゆきましょう。

 

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "実現塾報告・・・【勝てる】という見通しの元に反金貸しの闘いに踏み出した、プーチン・トランプは脱制度・脱常識の可能性"

List    投稿者 nihon | 2017-08-08 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配No Comments » 
2017年08月01日

社会に出て仕事をしていく上で、凡庸なのはものすごく悲惨なこと

先日の実現塾は、この2~3年の若者に見られる意識潮流の変化および意識の中心にあるものについて追求しました。

親の囲い込みに加え、常識等の抑圧観念や学校による強制圧力で、子供の追求力は封鎖され、活力も衰弱の一途をたどる現在。それを反転するには人類に本来備わっている追求力を解放する他ありません。

中学生のプロ棋士、藤井四段のように「天才」と称されるような追求力を獲得するには、どうればよいのか。英才教育などではなく、その突破口は実に深く、そしてシンプルであることが分かります。

にほんブログ村 政治ブログへ

続きを読む "社会に出て仕事をしていく上で、凡庸なのはものすごく悲惨なこと"

List    投稿者 nihon | 2017-08-01 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配, 12.現代意識潮流1 Comment »