2011年03月10日

中東革命の今後 自らが作った矛盾に嵌っていくアメリカ

%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E5%9C%B0%E5%9B%B3.jpg
チュニジア(ベン=アリー)、エジプト(ムバーラク)と拡大してきた反政府運動が、リビア(カダフィ大佐)にも波及している。年内にはカダフィが国外逃亡せざるをえない状況に追い込まれるだろう。
この反政府運動の動きは、さらに波及していくはずだが、今後を予測する上では、今回の反政府運動が活発化したのはどのような国なのかを考えなければならない。そこで、まず中東主要各国の国家のあり方や民族性を見てみる。
%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E5%90%84%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%89%B9%E8%89%B2.JPG
中東革命の広がり~リビア情報
中東革命の広がり~リビア反政府運動の流れ
中東における反政府運動はどこに向う?イランの運動・宗教・政治
中東革命の広がり~サウジアラビアの概要~
中東の民主化運動を受けて中国の動き

(さらに…)

  投稿者 tnaito | 2011-03-10 | Posted in 09.国際政治情勢の分析2 Comments »