2007年06月27日

医療制度の改正は「誰のため」のものなのか?

ないとう@なんで屋です。

 小泉元総理の時代から、日本の医療制度の改革が急速に進んでいます。
郵政民営化に引き続き、あらゆる「日本の資本」がターゲットになっています。
例えば、医療費の自己負担率アップも、国家財政が逼迫しているという単純な理由だけではないようです。混合診療の解禁も検討され続けていますが、これも、未承認薬を使用しやすくする、という単純な理由だけではないようです。また、「医療費が国家財政を圧迫している」と公的医療費(→国民負担率)を抑制しようとしていますが、これもこんなに単純なものではありません。 

自己負担率アップには(アメリカの)民間保険会社 
混合診療の解禁 には
(アメリカの)製薬会社 
公的医療費の抑制には
(アメリカの)民間保険会社 
の強い意図と強い圧力が背景にあります。 

詳しい内容は下段に譲りますが、医療制度や医療法の改正がこんなところまでアメリカの意図と圧力によって形作られているのを知ると、一体「日本の医療」とは誰のためのものなのか?と非常に違和感を持ちます。
 こんな状態に至ってしまうのは、対処療法に過ぎない(西洋)医学の限界に近づきつづあることと、地域共同体が破壊しつくされ何をするにも金がかかる市場原理社会の限界に近づきつつある事の二つが大きな原因だと思います。「根本から考えようとする人がほとんどいない」現状にも危機感を覚えます。

市場原理主義の怖さ;アメリカの実情は日本の将来図

(さらに…)

  投稿者 tnaito | 2007-06-27 | Posted in 02.アメリカに食い尽される日本7 Comments »