2014年03月25日

『日本を守るのに右も左もない』厳選秀作集2 自我を暴走させてきた民主主義、地球を破壊してきた近代科学

この「厳選秀作集2」では、市場社会を導いてきた近代観念の二本柱であり、ほとんどの人が正しいと信じてきた民主主義と近代科学に対して、根本的な問い直しをしています。

にほんブログ村 政治ブログへ

【3】民主主義の騙しと共認支配
★「市民運動という騙し。民主主義という騙し」
★「民主主義と私有権は不可分一体であるが、大衆のそれは支配者の都合によっていつでも剥奪され得る」
 「アメリカ発の民主主義の真実! “とまどえる群れ”と “合意のでっちあげ”」
 「世論操作の方法 :とまどえる群れをどうコントロールするか?」
 「アメリカによって戦後植えつけられた教育は、奴隷の個人主義ではないか?」
 「アメリカ=GHQの占領政策 マスコミ他編」
★「テレビも反共の防波堤として始まった」
 「毎日・産経が生き残る道は、国益⇒反米路線しかない」
 「近代社会の騙しの構造 支配者の手法~アメリカ発の民主主義」
★「民主主義とファシズムは同じ穴のムジナである」
★「金貸しによる支配と主権在民・三権分立という言葉の欺瞞性」
「民主主義と近代社会運動の源流は魔女狩りなのでは?」
★「民主主義の権化=マスコミは権力の手先である。つまり、民主派の正体は私権派ではないか」

【4】近代科学は何故、地球を破壊してきたのか?
 「原発問題から見える近代科学の問題性 近代科学に対する誤った認識」
 「原発問題から見える近代科学の問題性 近代科学の源流はキリスト教(=現実否定)にある」
★「市場拡大とともに自我肥大し、自然を支配(破壊)してきた近代科学」
★「金貸し主導の戦争→国家プロジェクトの手先となり、アホ化した科学者たち」
 「近代科学は自我に基づく自然認識(支配)⇒その源流は?」
★「ギリシア自然哲学も近代科学も、略奪集団による自然支配のパラダイムにある」
 「ギリシャ自然哲学の要素還元主義はどうして生まれたのか」
★「物活論(有機論的全体論)→魔術→ニュートンへ」
★「キリスト教→近代科学の時空認識および終末論的熱力学の陥穽」
 「近代科学は短絡思考の産物である」
★「近代の科学者は金貸しの手先だった」
★「兵器需要と貨幣需要から発達した鉱業が近代の科学と賃金労働の起点」
★「数学的形式に当てはまるように捏造した、架空観念の体系が近代科学」
★「重火器の発達に促されて弾道学・機械学から力学が発達した」
★「16世紀ヨーロッパの言語革命はキリスト教と金貸しの共認闘争だった」
★「17世紀欧州で、近代科学と民主制と中央銀行制度が確立したのは何故か?」
★「共同体を破壊した西欧人の死生観に基づいて、宇宙の循環を無視した終末論的宇宙観」
★「人類社会の統合構造(共認原理or自我・私権原理)が自然認識を生み出している」
 「ガンになった友達に送る『るいネット』投稿集」

【5】新概念を学ぶ
★「生物は、種として適応するための成功体験の塊(塗り重ね構造体)である」
★「雌雄分化は適応可能性を増大させ、生物の急速な進化を可能にした」
 「雌雄に役割分化した方が、みんな(種や集団)が充足(適応)できる」

List    投稿者 staff | 2014-03-25 | Posted in 未分類 | 3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2014/03/2320.html/trackback


コメント3件

 通りがけ | 2013.10.19 11:41

「輿水正氏10.17高裁法廷に於て奇形司法裁判官を日本国憲法99条違反内乱罪で威風堂々告発す」
大大々々大ニュースです!ユダ金地位協定治外法権奇形司法が日本国憲法の威力でぶっとびました!
以下をご覧ください。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201310/article_135.html
不正選挙裁判東京高裁102号:裏社会は飼い犬のごろつき裁判官を使って強引に「不正選挙裁判の幕引き」を
< 作成日時 : 2013/10/19 07:40
不正選挙裁判東京高裁102号:裏社会は飼い犬のごろつき裁判官を使って強引に「不正選挙裁判の幕引き」を仕掛けてきました。
手口はシンプルです。
原告の訴状、証拠、提出と被告の答弁書の提出を以て、即座に結審を宣言してしまう。原告に発言の機会を与えない。
追加の証拠を当日提出しようとすると、「遅すぎる」と却下しようとする。
RKが立ち上がり、「証拠が直前になって出てきたものを採用しないのはおかしい」と語気強く主張。仕方なく、裁判官3匹はいったん退廷。(新証拠を出されると次の公判日を設定せざるを得なくなり、即日結審という目的を達成できなくなるので、却下しようと必死になる。)
傍聴席にざわめき。「国民が見ているぞ!」との傍聴席からの叫び。
裏社会御用達の裁判官3匹は、しばし悪巧みの上再出廷。証拠の動画をその場で検分することになり、TVにて再生。(その場で動画を検証したことにして、不採用と宣言してしまえば、即日結審できるから。)
裁判長の斎藤は、下を向いて小声早口で「証拠不採用」を告げるが、RKが「聞こえない」と指摘。再度、「不採用….」と述べる。傍聴席から非難の声が続々と上がる。傍聴席50人(満員)が次々立ち上がり、斎藤犯罪者の暴挙を非難。怒号の嵐。多くの女性傍聴者も立ち上がり怒りの声を上げる。傍聴人総立ちで大音響の裁判長批判。あまりに理不尽な斎藤犯罪者の暴挙に自然発生した怒りの爆発。裁判所で傍聴人が総立ちで怒号を上げるなど、前代未聞。傍聴席に入りきれなかった数十人の人たちも外の廊下で怒号を聞いたことであろう。
斎藤犯罪者らは、青い顔をして下を向いたまま早口で「結審」?を告げるや否や、予定していたかのようにこそこそと退廷して逃亡。RKは「原告に発言の機会を与えないのか!」と絶叫。斎藤犯罪者は、焦りまくって何を言っているかわからない。「結審します」と言いたかったらしいが。脱兎のごとく逃げてしまったので、不明。
傍聴席の誰かが「不当裁判だー」と絶叫。
物凄い怒りの渦。怒号。「売国奴」「売国奴」「売国奴」のシュプレヒコールが自然発生。憎しみを込めた「斎藤」「斎藤」も。裁判所の保安要員15名ほどが外に待っていて「写真を撮るな」などと制止。斎藤犯罪者の部署に詰めかける独立党員。党員と警備員が問答。予めこうなると分かっていたが故の警備員配置。こんな裁判見たことない。日本の裁判史上、おそらく前代未聞の事態。現場にいた人は、歴史的場面に立ち会えた幸運の持ち主。・・・
以下略元ページ参照

 コミンテルン | 2013.10.20 16:09

そうです不正選挙はアメリカとユダヤの陰謀で成立しました。
不正選挙は許さないぞ~
             
           by緑の党&生活の党
           企画、演出小沢一郎
           スタップ アグラー海江田
          
           協力 ソフトバンク マル犯
           提供 電通
      皆様の受信料で売国しますでお馴染みのNHK

Comment



Comment


*