2013年01月01日

衆院選敗北から何を学ぶべきか ~必要なのは、企業の共同体革命と社会統合サイト~

15120001-2013-concept-new-year-clock.jpg
明けましておめでとうございます。激動の2012年も終わり、2013年になりました。
 
本ブログ『日本を守るのに右も左もない』は、政治系ブログとして多くの記事執筆者がいますが、2012年は政治的にも様々な動きがあった年でした。民主党の分裂、「日本維新の会」「日本未来の党」の旗揚げ、そして12月に行われた衆議院議員総選挙と、目まぐるしく政党勢力図が書き変わっていきました。
 
衆院選挙の結果については、評論家やネット言論を中心に、様々な角度で分析されてきました。曰く「民主党の大敗北であっただけで、自民党が勝ったわけではない」「第三極が結集すれば、自民でもなく民主でもない与党が誕生した」「日本維新の会は、さらに躍進していくだろう」。
また、ネット界(ネット言論)で特に多かったのは、「日本未来の党が躍進しなかった(“脱原発”が惨敗した)」ことに関する落胆の声です。不正選挙疑惑、マスコミ支配の糾弾、自民党・安倍政権の危険性を叫ぶ声、衆院選の結果は多くの波紋を生み出しました。
中でも、人気ブログ「暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~」の「【衆院選】 自民・公明圧勝劇を通してみる日本の将来像 ~暗黒面の帳が降り、みえない未来~」では、
 

今回の選挙結果を受けて、「ネット上における言論など、まだまだマイノリティ(少数派)である」という重大な事実を、我々は真摯に受け止めなければならないであろう。
  (中略)
ここで一度、筆を休めて、「ネット言論の限界」を冷静に受け止め、今後如何にして戦っていくのか、その戦い方そのものを一から考え直す所存である

 
と、 『どう突破し、実現していくのか』 へと大きく転換し始めました。残念ながらまだまだ一部ですが、今必要なのは、このような『どう突破し、実現していくのか』を追求し、軌道に乗せていくことだと考えています。
 
※「不正選挙疑惑」についても、単に「不正選挙だったはずだ」と言い募る段階ではなく、どうやって暴くか、どうやって防ぐかを考え始める時期に来ています。
 

(さらに…)

  投稿者 tnaito | 2013-01-01 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性No Comments »