2012年10月25日

ルネッサンスの科学(魔術)10 ~科学者の情報公開は、金貸しによる大衆支配の手段として始まった

della_Porta.jpg
デッラ・ポルタ(この画像はこちらからお借りしました)

前回は「ルネサンスの科学(魔術)9 ~資力支配という統合様式が工業生産⇒科学技術を必要とした」で、自然魔術の登場と並行して、機械論・要素還元論が復活し、この二つが融合することで自然科学につながっていくこと、そして、このような認識の変化の背景には、統合様式(支配様式)が武力支配から資力支配に変化し、その結果として、生産様式が変わり、統合観念も変わっていった事を紹介しました。

 今回は、山本義隆著「磁力と重力の発見2」より、「第一六章 デッラ・ポルタの磁力研究」を要約紹介しながら、支配様式が資力支配に変化することで、大衆を支配する法方がどのように変わったかを明らかにしていきます。

(さらに…)

  投稿者 nodayuji | 2012-10-25 | Posted in 13.認識論・科学論852 Comments »