2010年11月13日

特権階級の空中浮遊とはどういうことなのか?(9)~暴走する検察:検察権力の強大さ~

「特権階級の空中浮遊」とはどういうことなのか?その本質は何か?を紹介するシリーズの第9回です。
%E7%89%B9%E6%8D%9C.bmp
画像はこちらから
第1回は「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(1)~特権階級の世界と大衆の世界の断絶と接点」
第2回は「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(2)~戦後日本の意識潮流とマスコミの第一権力化」
第3回は「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(3)~小泉・中曽根元首相の共通点と電通によるメディア支配」
第4回は「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(4)~輸血経済(自由市場の終焉)と失われた40年」
第5回は「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(5)~小泉の支持率・目先収束とマスコミの扇動報道」
第6回は「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(6)~“民主党攻撃を強化せよ!徹底的にやれ!”
第7回は「特権階級の空中浮遊」とはどういうことなのか?(7)~「報道の自由」を盾に、「国民の知る権利」をいいように踏みにじる報道行為は許されない~
第8回は「特権階級の空中浮遊」とはどういうことなのか?(8)~日本の政治を動かしているのは政治家ではなく官僚だ!~
でした。
 今回は、マスコミや従米政治家とは別の特権階級である「官僚」の内、特に暴走ぶりが目立つ『検察』に注目してみました。
↓応援宜しくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 h100p | 2010-11-13 | Posted in 未分類 | 2 Comments »