2010年05月19日

私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな発へ)~対面会議の欠陥2・・・突破口は⇒全てをネットへ!

%25E3%2582%258B%25E3%2581%2584%25E3%2583%258D%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%25E8%25A1%25A8%25E7%25B4%2599-thumb.bmp
社会に開かれたネット会議の場・・・「るいネット」
前投稿「対面会議の欠陥1・・・会議が眠いのなんで?」では、対面会議の欠陥が炙り出されました。
今回は・・・会議のもつ欠陥を突破するにはどうする?!について追求してみましょう。
前投稿で抽出されたプラスポイント・・・会議をはじめとする共認形成の場を創る上で忘れてはならないのは以下の点です。
臨戦課題であれ未明課題であれ、会議は臨戦性と課題共認が命
会議(共認形成)は、みんなに開かれた場で行なうこと
これらを念頭において、「民主主義=会議」という固定観念に囚われずに更に突破口を考えてみましょう。
いつもありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 kota | 2010-05-19 | Posted in 12.現代意識潮流9 Comments » 

私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな発へ)~対面会議の欠陥1・・・会議が眠いのなんで?

tumblr_l0ulays8DC1qz8n6to1_400.jpg
眠ってます・・・国会ってなんのためにやってるの?
写真はこちらからお借りしました。
2/28(日)のなんでや劇場「私権時代に求められた能力と、共認時代に求められる能力」
()
を受け、「るいネット」のお題「私権原理から共認原理への大転換(自分発からみんな初へ)」 より、皆の役に立つ投稿を紹介するシリーズの第9回です。
第1回は「潮流1:共認原理と私権原理」
第2回は「共認力だけが制覇力と統合力を兼ね備えている」
第3回は’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
第4回は社会貢献が売れるわけ
第5回は中高年層、さあどうする!
第6回はあらゆる圧力を排除する個人主義
第7回は自分に自身があるのは、敗者のイデオロギーに染まってる証!
第8回は共同体だからこそ
でした。
前回は、圧力が末端まで浸透しないがために必然的に無圧力空間が内在し、“自由派”の繁殖を許さざるを得ない構造的欠陥を孕むゆえ、1970年来の私権圧力の衰弱に伴い崩壊寸前の私権企業と、それに代わり、「下からの圧力」によって自我原理を封印し、活力再生可能な共同体企業への転換の必要について追求しました。
今回は、企業を統合し、共認形成を図る場である「会議」について、その欠陥と突破口⇒「全てをネットへ」について追求したいと思います。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 kota | 2010-05-19 | Posted in 12.現代意識潮流8 Comments »