2010年05月05日

4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(4)~観念力の本質である考える力とは

●共認統合力としての観念力には、考える力が不可欠である。
%E3%83%AD%E3%83%80%E3%83%B3%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BA%BA.jpg
この画像はこちらからお借りしました
考えるということ自体、どういう場面で登場するか?
「聞く」「話す」は瞬間瞬間の行為で、「読む」段階でも娯楽の場合はほとんど考えていないし、仕事上の必要で読む場合も深く考えているわけではない。思考上の必要で読む場合も、立ち止まって考えるよりも先に進めていく読み方がほとんど(こういう読書法は、論語千回と対極で何も身につかない)
このように「モノを考える」という行為に迫られる場面は限られている。
どういう場面で考えることを迫られるのか?
興味をもたれた方は次ぎに進む前に応援もお願いします。

(さらに…)

  投稿者 nodayuji | 2010-05-05 | Posted in 12.現代意識潮流6 Comments »