2009年11月19日

戦後マスコミ史年表2:【1970年代~1980年代】

戦後マスコミ史年表1:【戦後~1960年代】に続いて、1970年代~1980年代を見てみましょう。
 
豊かになった日本で、マスコミは何をしてきたのか、社会にどの様な影響を与えてきたのかを改めて振り返ってみます。
 
           moretsu.jpg
 
★’70年代:マスコミ発”自由な性”と私権権力の衰退 
 
(るいネット「潮流2:戦後日本の意識潮流」より)
  

従って、序列規範が衰退しても、貧困が残存している上に、企業には序列制度がそのまま残存しており、身分や私益を追求する私権欠乏は衰えを知らずむしろ強まってゆく。だからこそ、’60年代、’70年代は、自由な性(正確には商品価値の性=自我・私権の性)が花盛りとなったのである。
 
要するに、戦後も、私権統合の社会であることに何の変わりもなかった。しかし、その間に、恋愛と消費に支えられたマスコミ権力が強固に根を下ろしてゆき、マスコミの共認権力は、資本権力に迫る勢いを示し始める。

 
(るいネット「潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向」より) 
 

’70年、豊かさの実現(=貧困の消滅)をもって、人々の意識は私権収束から共認収束へと大転換を遂げたのである。従って、資本権力も衰退過程に入り、代わってマスコミの共認権力が第一権力に躍り出る。

 

(さらに…)

  投稿者 cosmos | 2009-11-19 | Posted in 12.現代意識潮流No Comments » 

どうなる?ネットの可能性~共認革命に学ぶ17「携帯メールに比べて、ネット投稿は何故広まらないのか? 」

 共認革命16では、ネットを祭りの場(最大の共認充足の場)とするために、「投稿が、社会人の役割」として、最も期待される活動であることを示しました。
 そして、「普通の人が投稿できる様な仕組みを実現すること」が、重要な課題であることが浮かび上がってきました。
 今回は、既に多くの人が発信に使っている携帯メールと比較するなかで、普通の人がネットで発信するための条件について検討します。
keitai1117.bmp
画像は「路上ブログ」からお借りしました。
応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 tama | 2009-11-19 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性11 Comments »