2009年09月08日

日本支配の構造38~岩倉使節団が、アジアで見たもの?

6989b80288d754a4.jpg
岩倉具視を特命全権大使とする欧米視察団一行は、「明治の日本をどうする?」と言う命題を預かり、列強国欧米諸国の先進的文化を吸収します。
明治4年(1871年)11月12日に横浜港を船で出発し、太平洋を渡りサンフランシスコに上陸した。
そして、アメリカ大陸を横断しワシントンD.C.を訪問した。アメリカには、約8ヶ月もの長期滞在となってしまった。その後、大西洋を渡り、ヨーロッパ各国を訪問した。
ヨーロッパでの訪問国は、イギリス(4ヶ月)・フランス(2ヶ月)・ベルギー・オランダ・ドイツ(3週間)・ロシア(2週間)・デンマーク・スウェーデン・イタリア・オーストリア・スイスの12カ国に上った。
欧米諸国を訪問した後は、スエズ運河を渡ってアラビア海、セイロン島、ベンガル湾、マラッカ海峡を渡り、シンガポール(英)、サイゴン(仏)、香港(英)上海(英)と言ったアジア諸国を訪問した。
当時のアジアは、オランダやフランス或いはイギリスと言った欧州諸国の植民地で、岩倉使節団一行は欧米諸国のアジア支配の悲惨な様子を目の当たりにするのだった。
岩倉視察団一行は、アジアを訪れ何を見てきたのでしょうか?
そして、その後の国内の政策にどう言った影響を与えたのでしょう。
今回のテーマは、岩倉視察団のアジアで見たものを紹介します。
続きは、ポチっとお願いします。

(さらに…)

  投稿者 nakamura | 2009-09-08 | Posted in 03.アメリカの支配勢力と支配構造3 Comments »