2010年01月18日

社会可能性の直感・・・我々は認識を武器として生きてゆけるか!シリーズ-7~現実課題1 仲間世界をどう生きるか

前回のシリーズ6では、社会あるいは人々の意識を対象化する必要即ち認識の必要に気付けば、対象世界が拡がり、それが自身の思考の引力となっていくことの効果について紹介しました。
今回のシリーズ7からは、現実の諸課題を例に挙げつつ、【認識の必要性】について見ていきたいと思います。
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 heineken | 2010-01-18 | Posted in 未分類 | 7 Comments »