2010年01月22日

小沢の仕掛けた罠に、検察・マスコミが嵌ったか

09年3月の西松検察不正献金疑惑に引き続き、4億円の土地取得資金の記載を巡って東京地検特捜部の追及が激しくなってきた。
新ベンチャー革命が指摘している通り、
「マスコミが流す『小沢は何か悪いことをしているはず』という印象報道」と「ネット界における”検察の暴走”を危険視する記事」との乖離が進んでいる。「検察vs小沢」の背後に「マスコミvsネット」の構図が透けて見える。
09年の衆院総選挙を目の前にして、執拗に小沢攻撃を繰り返した検察であったが、小沢を党首から引き釣り下ろすことには成功したものの、総選挙は民主党の圧勝に終わり、検察の思惑は”失敗”に終わった。
今回は、”秘書の記載ミス”という罪になるのかならないのか分からない不正疑惑での追及である。”小沢逮捕”まで行かなければ国民は黙っていないだろうが、そこまでの証拠があるとは思えない。検察が拠り所にしている法律「政治資金規正法」を改正してきたのは、’92の宮澤内閣、’94の細川内閣であり、小沢自身が深く関与してきたからだ。規正法の中身を知らないはずがない。しかも、郷原 信郎(元東京地検特捜部)によるとhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100112/212110/ 、検察→マスコミの情報を整合させていくと「容疑が雲散霧消しかねない」事態だという。
自爆しかねない事態であるにも関わらず、検察がしつこく小沢攻撃を続けるのは、なぜか? 

(さらに…)

  投稿者 tnaito | 2010-01-22 | Posted in 04.日本の政治構造5 Comments »