2006年12月29日

今年最後も腹が立ちますが、日本人は負けるわけにはいきません

06年ももうすぐ終わります。みなさんはどんな1年でした?
ボーナスいっぱい出ましたか?
ものすごーく出た方々がいらっしゃるのですね、そう、もう有名ですよね
ゴールドマンサックスのみなさんです。
暗いニュースリンクさんよりhttp://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/

< 今年も米証券業界は札束に埋もれて嬉しい悲鳴をあげているらしい。
米投資銀行大手ゴールドマン・サックスの2006年度売り上げ総額は370億6,700万ドル(約4兆3,802億円)、純利益は93億4,000万ドル(約1兆1,037億780万円)で、ウォールストリート史上最高額を記録している。
好成績のおかげで、ゴールドマン・サックスのCEOを務めるロイド・C・ブランクファインの今年のボーナス額は5,000万ドル(約59億850万円)を超えるそうだ。この金額に驚くのはまだ早い。なにしろ、彼は証券業界の稼ぎ頭というわけでもないらしく、例えばモーガン・スタンレーCEOのジョン・J・マック、ベア・スターンズ証券CEOのジェームズ・ケイン、メリル・リンチ証券CEOのE・スタンレー・オニールも今年は4,000万ドルから5,000万ドル超のボーナスを受け取るそうである。

ええー!!、・・・続きはぽちっとしてから

(さらに…)

  投稿者 hihi | 2006-12-29 | Posted in 10.日本の時事問題6 Comments » 

国家ぐるみのネット上の共認支配~プロバイダー責任制限法ガイドライン~

%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E6%B3%95.png
ブロバイダー責任法
発信者情報:同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針
という記事が毎日新聞に掲載されました。概要は・・・・・

インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、情報を書き込んだ発信者の同意がなくても被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。これまでは発信者が開示を拒否すれば、誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、泣き寝入りするケースが多かった。業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、来春から導入する。

らしいですが、が、が・・・・・
しかし
これって、自己矛盾してない?
総務省と業界団体が行う発信者へのプライバシー侵害や名誉棄損では??
おいおい、国や業界団体であれば、なんでもありかい?総務省さん、安倍さん・・・
プライバシーとかいっているから自己矛盾するんですがなぁ・・・
しかし、これって、強制権力さえ使えば、情報開示なんでもありってこと??
ランキングに参加してます。クリックお願いします。
全文は、

(さらに…)

  投稿者 2310 | 2006-12-29 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性2 Comments »