2006年12月10日

国民全員が政治に参加出来るシステム構築が必要

党利党略のために復党させようという自民党執行部も、自民党の利権の海で生きている造反議員で復党に生命をかけている政治家も、「国民に主権がある」ことを初めから知らないのだ。
※参考 【直言】:平野貞夫氏 日本国漂流 第41回「国家に主権がある事を知らないのか」

自民党復党問題。どう考えてもおかしい。 :evil:
元来自分達は国民の代弁者だという意識が全く欠けているし、こんな自分達の事しか考えられない自民党に国家を統治する事なんて絶対出来ない。反対を掲げた議員も元の鞘に簡単に収まれるのなら同じ事。仮に自分達の意見が通っていたとしても結局は自己保身に走る事しか出来ないのだろう。

どうして、「国民」とその代弁者であるはずの「政党」との意識が乖離した状態になるんだろう?

ブログランキングに参加しています。ポチっとよろしく
  

(さらに…)

  投稿者 mtr919 | 2006-12-10 | Posted in 11.世論形成の場、ネットの可能性3 Comments »