2006年12月09日

‘08大統領選の結果に関係なく”米の右傾化”に歯止めがかからない

israel.jpg
さすがのブッシュも泥沼化するイラク問題に対して、国内大衆の厭戦感の共認圧力に反応し政策を見直そうとしている。
しかし一方で、アラブVSイスラエル関係のなかで、米国内のシオニスト(ユダヤ)・ロビー、宗教右派の圧力に抗しきれず、イラクからの撤退は非常に難しい状況だ。
仕方がないので、大衆共認を誤魔化す(ガス抜き)ための、”イラク研究会”なるものをつくって、見せ掛けの姿勢を大衆に見せている。
これは‘08大統領選で民主党が勝利しネオコンの力が低下しようが、イスラエル→米国内のシオニスト(民主党の伝統的支持者)の力が維持される限り状況は変わらない。
つまり、米の右傾化は、大統領選結果によっても変えられない状況である。
そんなアメリカに、いつまでも盲目的に属していようとする日本(→安倍政権)は危険極まりないだろう。
※参考
【直言】:田原牧『聖戦の風景』第16回「出口なき退却」
ブログランキングに登録しています。”ポチ”っと押してください
                                              by asaoka

  投稿者 kirin | 2006-12-09 | Posted in 09.国際政治情勢の分析3 Comments » 

電通支配は政府にも及ぶ?

%E9%9B%BB%E9%80%9A.jpg
184回行なわれたタウンミーティングの大部分は、電通(残りは朝日広告社)が受注していたのは明らかなようですが、総額19億円以上とされる運営費用の実態(日本がアブナイ!<リンク>さんからの引用)によれば、広告代理店への支払額が
2005年度 2億9554万円 契約額の3倍以上
2004年度 2億4200万円  〃  2.1倍  
2003年度 2億9700万円  〃  1.9倍

ということになっていたようです。
続きを読む前にクリックお願いします
   

(さらに…)

  投稿者 hiroaki | 2006-12-09 | Posted in 01.どうする?マスコミ支配2 Comments »