2012年08月14日

前期魔女狩り1480~1520 市場拡大のために農村の共同体的風習を破壊した魔女狩り

%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E9%AD%94%E5%A5%B3%E7%8B%A9%E3%82%8A.bmp
「ルネサンスの科学(魔術)1 キリスト教を市場拡大の守護神に転換したニコラウス・クザーヌス」
「ルネサンスの科学(魔術)2 キリスト教会に対する金貸しの観念闘争の武器(魔術)→神中心のキリスト教から自我中心の近代思想への転換」
「ルネサンスの科学(魔術)3 フィチーノとアグリッパの魔術観と自我暴走の時代ルネサンス」では、
ルネサンスは、メディチ家をはじめとする金貸したちが魔術を振興し、魔術の力によって人間が神に成り代わろうとした時代、つまり西欧人の自我が暴走し始めたであることを明らかにしてきた。
そしてルネサンス期は、自我の暴走の現れである魔女狩りの嵐が欧州全域に吹き荒れた時代でもある。
その犠牲になったのはほとんどが大衆、とりわけ女たちである。
魔術(呪術)的な業を使う者は魔女というレッテルを貼られ、殺されていった。
魔女狩りは1480~1520年の前期魔女狩り、1560~1670 後期魔女狩り(魔女狩りピーク)に分かれる。前期はカトリックが主導、後期はプロテスタントが主導した。
それ以前から異端審問はあったが、魔女狩り、つまり女をターゲットとした迫害が始まるのは、1480~1520年にかけての前記魔女狩り以降である。

(さらに…)

  投稿者 staff | 2012-08-14 | Posted in 13.認識論・科学論No Comments »