2009年01月22日

『国際金融機関はどうなる?』11.変動相場システムの可能性!?

%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E5%BE%8C%E3%81%AE%E7%82%BA%E6%9B%BF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88.png
(画像は、「fromMONEYKit」さんより引用させて頂きました)
このシリーズ前半をかけて、国際金融機関の「設立目的」、 「何をやってきたか?」 そして「国際金融機関が設立される前夜」を見てきました。
●プロローグ
1.金貸し規制共認の場に国際金融機関は変われるか?
●国際金融機関設立の目的は?
2.IMFはドルを基軸通貨にする為に作られた
3.世界銀行はドルを世界にばら撒く為につくられた
4.IMF・世界銀行と金貸しとの関係 その1
5.IMF・世界銀行と金貸しとの関係 その2
●国際金融機関は何をやってきたか?
6.ドル固定相場制→通貨危機→IMFによる金融支配の周到なシナリオ
7.世界銀行は借金地獄への水先案内人
●国際金融機関が設立される前夜
8.「お金」が登場したのは、なんで? 
9.金兌換紙幣(金本位制)の発生から、歪な「金・ドル体制」へ(1/2)
10.金兌換紙幣(金本位制)の発生から、歪な「金・ドル体制」へ(2/2)
これからシリーズ後半は、現在に至っている’72年以降の「ドルを評価指標」とした「変動相場システム」に焦点をあて、今後、国際金融機関が金貸し規制に向う機関になりうるか?の可能性を追求していきます。
続きを読む前に応援よろしくお願いします。
るいネットメルマガ

(さらに…)

  投稿者 kirin | 2009-01-22 | Posted in 08.近現代史と金貸し1 Comment »